犬が飼い主の腕枕で眠る心理4選!どんな気持ちで眠っているの?♡

犬が飼い主の腕枕で眠る心理4選!どんな気持ちで眠っているの?♡

この記事では「犬が飼い主の腕枕で眠る心理4選!どんな気持ちで眠っているの?♡」をテーマに、ワンちゃんがどういう気持ちで飼い主さんの腕枕で眠るのかを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が飼い主の腕枕で眠る心理1:甘えたい

甘えている犬

ワンちゃんが飼い主さんのことを好きであるという気持ちが強かったり、寝ている時も身近に飼い主さんの匂いを感じていたいと思っていたら、「甘えたい」という気持ちから飼い主さんの腕枕で眠るのかもしれません。

話すことが出来ないワンちゃんからの甘えたいというメッセージであるので、寝るスペースがあったり飼い主さんが一緒に寝ても平気であるならば一緒に寝てあげるとワンちゃんも喜ぶはずです。

もしそのまま腕枕で寝させてあげるなら、ふとした時に腕でワンちゃんを踏んでしまったり怪我をさせてしまう可能性もあるので、ワンちゃんが腕枕で眠っているということを忘れないようにして事故にならないようにしてください。

犬が飼い主の腕枕で眠る心理2:なんとなく

腕で眠る犬

ワンちゃんが腕枕で眠る様子は可愛いですし、つい許してしまいますよね。そのような感じで愛犬が飼い主さんの腕枕で眠るのが習慣になってきたら、当のワンちゃんもそこで眠るのが当たり前の感じになります。

そのためこのような環境下でワンちゃんが飼い主さんの腕枕で眠る時の心理は「なんとなく」と思っているかもしれません。

ただ、常に腕枕でワンちゃんが眠るようだと飼い主さんの行動に支障が出てきていつかは辞めさせたいと思うことがあるかもしれません。

しかし、腕枕で眠るのが習慣になっているのに、途中でやめるとワンちゃんは困惑したり、寂しいと思ってしまうかもしれません。もし、急に辞めてしまうとなってしまう分離不安症になってしまう恐れがあります。

習慣になっていることを辞めさせたいと思った場合は、急に止めるのではなく、獣医師などの専門家に相談し、ワンちゃんが納得いく形で辞めるようしてください。

犬が飼い主の腕枕で眠る心理3:安全な場所と思っている

包まれている犬

ワンちゃんが飼い主さんの腕枕で眠っている時にそこが「安心な場所と思っている」という心理もあるかもしれません。

ワンちゃんは寝る場所に求める条件として、安全に寝ることが出来るかどうかを考えます。安全であると判断し快適に寝ることができると思ったらその場所で寝ます。

つまり飼い主さんの腕枕で眠ると安心して眠れると思っている時の心理であるので、気持ちよさそうに眠っていたら寝かせてあげて、飼い主さんもその気持ちよさそうに眠っているワンちゃんの寝顔に癒されてみるのも良いと思います。

犬が飼い主の腕枕で眠る心理4:離れたくない

飼い主と一緒に寛いでいる犬

腕枕で眠る心理として、飼い主さんに依存していて「離れたくない」という可能性もあります。

日常にて愛犬との距離感が近すぎると、少し離れただけでも強い不安やストレスを感じるようになってしまうことがあります。

この気持ちが強すぎるために、少しの時間も離れたくないと思い、飼い主さんの腕枕で眠ろうとするワンちゃんもいます。

もし腕枕で眠っている寝る愛犬を腕から離そうとした際に、ソワソワしたり、鳴くようでしたら分離不安症の可能性もあります。

気になるようでしたら獣医師に相談をした方が良いかもしれません。

まとめ

腕に抱かれている子犬

このように色々な気持ちで愛犬は飼い主さんの腕枕で眠ろうとします。もしそのまま腕の中で寝させてあげるなら事故に気をつけて、快適に寝させてあげるとワンちゃんも喜ぶかと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。