「11匹の子犬をレンガで殴った」虐待犯に絶句…魔手から唯一救われた犬

「11匹の子犬をレンガで殴った」虐待犯に絶句…魔手から唯一救われた犬

たくさんの動物虐待のケースに対処するRSPCA (英国王立動物虐待防止協会) ですら、こんなに酷いケースは稀だと言うほどの虐待。その状況下で幸運にも助かった子犬のお話をご紹介します。

お気に入り登録

悪魔のような子犬キラーの所業から生き残ったラッキー

通報

犬の散歩をしていた男性が「子犬を叩いている人がいた」とRSPCA ニューサウスウェールズに通報してくれました。さらに男性は「数匹の子犬がまだ生きているが、頭の傷がとても酷いようだ。」とも伝えました。

RSPCAのインスペクターであるスコットさんが現場に駆けつけると、そこには予想もできなかった酷い光景が広がっていました。数匹の子犬が命を落とし、数匹が息も絶え絶えの状態でいたのです。生き残った中の1匹は、通報してくれた男性の足の間に隠れて怯えていました。

スコットさんは、生き残った2匹の子犬を直ちに獣医さんの元へ連れて行きますが、残念なことに内1匹は行く途中で力尽きました。

スコットさんは「この体験は一生忘れられないと思います。乗り越えられない理由が2つあります。1つめは、目の当たりにした残酷な頭の傷、2つめはこんなに酷いことができる人間がいると言う事実です。」と語っています。

治療とリハビリ

ただ1匹生き残った子犬は「ラッキー」と名づけられました。ブルテリアミックスの女の子です。

RSPCAでケアを受けることに。

3週間後には体重も増え、好奇心旺盛で、おてんばな子犬になりました。

お外でも思いっきり走り回っています。

犯人

犯人は当時25歳のネイサン・トンプソンと言う男。11匹の子犬をレンガで殴り、雑木林に放置して9匹を死に至らしめ、2匹に重傷を負わせました。(結局生き残ったのはラッキーただ1匹です。)

その呆れた理由はこうです。これらの子犬の飼い主であるトニー・ブラウンという男性に「オンラインで子犬たちを売りに出したが1週間たっても売れないので、”処分してくれ”と頼まれたから。」

そして、ブラウン氏は「殺してくれと言う意味ではもちろんなかった。」と述べています。

トンプソンに下った判決は、執行猶予無しの懲役12ヵ月と生涯にわたる動物飼育の禁止。

ラッキーのセカンドチャンス

6ヵ月後、ラッキーはこんなに大きくなりました!

そして永遠のお家が決まり、RSPCAの皆さんとのお別れの日がやってきました。馬さんたちにも「元気でね」と言っているようです。

救助したスコットさんは、数週間見ないうちに見違えるほど大きく元気になったラッキーに感無量です。

まとめ

無条件に人間を愛し信頼してくれる犬に、こんなに酷いことができるなど到底信じられません。この犯人が、悪意を持って攻撃するのは人間だけであり、さらに動物虐待は抵抗できない自分より弱く小さなものを傷つける卑劣な行為だと言うことを刑務所の中で理解できたことを願います。

判決当時のニュース映像と、ラッキーの元気になった姿をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA NSW

参考:『Puppy killer Nathan Thompson banned from keeping animals for 10 years』Sydney Morning Herald

RSPCA NSW

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcansw.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://rspcastore.com.au/

▼ 里親募集中の動物たちはこちら!
https://www.adoptapet.com.au/
https://www.rspcansw.org.au/adopt/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。