ケガしても必死に逃げていた小型犬。レスキューされて別犬のような表情に!

ケガしても必死に逃げていた小型犬。レスキューされて別犬のような表情に!

体毛はベタベタ、後足にケガをした小型犬は、保護活動2日目に、すんなり保護完了。足のケガの治療を施し、トリミングをすると、見違えるように元気になりました。里親さんと先住犬との新しい暮らしがスタートします。

お気に入り登録

ケガしているのにジャンプして逃げた!

発見・保護

これは、1人ぼっちのチャーリーです。

動物愛護団体PETAのスタッフが初めて発見した時、チャーリーはケガした足をかばいながら大ジャンプをして逃げて行きました。

翌日に再度チャーリーを見つけたのは、上のスクリーンショットの、トタンで囲った、コンクリートブロックやゴミが散乱する小屋のような場所でした。

チャーリーは1人で生き延びていたようです。

最初は盛んに吠えていましたが、逃げることなくその場にうずくまり、リードをかけることができました。

はは、かわいい。

毛布でくるまれ、車のなかでおやつをもらうと、明るい表情を見せるようになりました。

ケア

つま先に4ヵ所の骨折が見つかり、治療を受けます。

それからベタベタの体毛もどうにかしないとね!

さっぱりして気持ちよくなった体を床に激しくこすっています!

きっと長らくこれをやりたかったのではないかな?

そして、療養中のチャーリーに里親さんが見つかりました!

里親さんの家には、もう一匹、同じぐらいの大きさの先住犬、フリッツがいます。

仲良くなれそうですね。

その後

優しそうな里親さんに連れられて、フリッツと一緒に帰宅するチャーリーは、もうすっかり家族の一員です。

まだ後足には包帯がまかれていますが、しっかり歩いていますよ。

1人ぼっちで逃げ回っていたチャーリーの新しい生活が始まります!ご家族みなさん、元気でね~!

動画をご覧くださいね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。