床下で両足を引きずっていた下半身麻痺の犬…その後の颯爽とした姿に感動!

床下で両足を引きずっていた下半身麻痺の犬…その後の颯爽とした姿に感動!

家の床下に隠れていたのは、極限までやせた上、下半身が完全に麻痺した大型犬。保護の際、後足を引きずって必死に前進していました。この犬のその後の姿を公開!

お気に入り登録

歩行補助具を装着

前足だけで地面をはっていた

家屋の床下で縮こまっていた「スクーチ」は、保護の際、極度の栄養失調と下半身麻痺を背負った状態で、前足だけで必死に地面をはって外へ出てきてくれました。

小走りできる!

その後に公開された動画で、スクーチは見違える姿で登場。

2輪の歩行補助具を装着して、さっそうと歩いています!

骨と皮のようだった体も、肉付きがよくなっています。

後ろから見ると、なるほど、後足を吊っているのですね。

リードを持つ人を時々見上げて確認するのは、散歩が上手な犬のお手本ですね!一定のリズムで軽やかに歩いています。

ドッグランで追いかけっこ。

堂々として見え、とてもスムーズに動き回ります。

おっと!補助具がちょっと引っかかっても慌てない。

ちゃんとバックもできるんです。

向きを変えて、また前進。うまいぞ、スクーチ!

そして女性の元へ。お姉さんも嬉しいでしょうね。

麻痺のため尻尾を振ることができないけれど、スクーチの尻尾がブンブン揺れるのが見えるようです。

お姉さんのところへ!

最後に

人を信頼してくれ、そして楽しそうなスクーチが、何より嬉しいです。

多くの人の寄付により、この器具を制作・購入できたそうです。また、「お下がり」の器具をシェルターまで持ってきてくれた人もいたとか。

大多数の保護団体は「金欠」ですから、少額でも感謝してもらえるでしょう。そしてスクーチのような犬たちを幸せに導くお手伝いができるのです。

動画の最後に、スクーチが空を見上げて、ジャンプするような仕草をします。

もちろん、重い器具をつけていて跳躍はできません。でも尻尾と同じように、きっとアナタの心の目には、スクーチが後足で地面を蹴って軽やかに跳ぶ姿が見えることでしょう!

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue Of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。