温暖な地域で大きなニューファンを保護。飛行機で向かうのは…

温暖な地域で大きなニューファンを保護。飛行機で向かうのは…

米国西海岸の路上で保護した長毛の大型犬は、性格が穏やかで、保護も手がかかりませんでした。その後めぐり合った里親さんの住む土地は、この犬にまさにぴったりの気候でした。

お気に入り登録

暑い土地は長毛種にはつらい。「適材適所」がいちばん!

通報・発見

大人しい大型犬の保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が住宅街に出動しました。

確かに大きそうですね。

接近・保護

食べ物を手に近づいても、立ち上がることもせず、悠然と構えています。

そして手から直接食べてくれました。

犬はもう1匹いたらしいのですが、姿を消してしまったそう。何があったかはわかりません、どこかで幸せにしているとよいのですが。

食べ物に興味を示して、やっと立ち上がりました。

もう、すぐにもリードをつけられそうです。

少し後ずさりしましたが、無事にリードが首にかかりました。

「エベレスト」と名付けることにしました。本当に穏やかな子です。

Let's go! とうながして、車まで歩きます。

ケア

シャワーの最初はうつむいて耐えていましたが、シャンプーは気持ちよくて目を閉じ、よだれをたらしてすっかりトロンとしています。笑

もふもふになってソファでくつろぐエベレスト。疲れ切っていたようです。

大きな体は、じつはやせ細っていました。

フライト

エベレストに里親希望者が現れました!

ロスアンジェルスから2時間半のフライトで、着いた先はオレゴン州です。タラップを降りるエベレスト。

米国の飛行機は日本と違って、条件付きではありますが、犬もキャビンに乗り込めるのですね。

適材適所

暖かく青空の西海岸から、雪雲が垂れこめる灰色の寒い土地に来ました。でも、モフモフのエベレストにはこちらの気候の方がぴったり!

同じぐらい大きな先住犬2頭ともすぐに打ち解けて、雪の中を跳ね回ります。まさしく、水を得た魚、雪を得たニューファンドランド犬!

犬種によって、土地の気候を考慮して飼うことも、犬のために大切な要素ですね。

また、里親さんは、穏やかなエベレストに、ドッグセラピーの素質があると見込んでいるよう。

子供病院で患者さんたちの癒しとなるセラピー犬のトレーニングを、後日開始するそうです。気候も役割も、まさに適材適所!

穏やかさは変わらずに、とってもハッピーになったエベレストを、動画でご覧ください。

雪をハムハム、すりすり、雪の中をドドドッと嬉しそうに走り回るエベレストは必見です。本当に幸せそう!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。