極限までやせ細った犬を保護。病気は克服できる?ゴミ箱をあさる理由は?

極限までやせ細った犬を保護。病気は克服できる?ゴミ箱をあさる理由は?

路上で暮らすやせ細った犬は、保護された時、すでに治療の余地がないようにも思われました。しかし、優秀な医療チームが時間をかけて犬の回復に挑みます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

栄養失調だけではなかった

通報

やせ細った犬を地元のクリニックに連れて行った人が、保護団体LetsAdopt に犬の保護依頼をしました。

クリニックで対面した「トビー」は、いったい何週間食べていないのかというほど、ガリガリでした。

転院

トビーは小さなクリニックからは大きな病院へ移されました。

トビーの健康状態はかなり悪化していて、内臓リーシュマニアという寄生虫由来の急性肝不全などを発症していて、赤血球の濃度も低過ぎ、集中治療室に運ばれたのです。

後ろから見ると、こんなに骨が浮き出して、尻尾の両側には潰瘍ようなものが見えます。

トビーの表情はまだ生き生きしています。

きっとまだ栄養を吸収し、病気の治療に耐えて回復できるでしょう。

ゴミあさり

何度も病院のゴミ箱をあさろうとするトビー。路上ではきっと、こうしてかろうじて生きていたのだと思うと、切ないですね…。

薬を与えられて病状は安定し、しっかり食べて少し体重が増えたそうです。

現状説明

日が経って、トビーの状態は当初に比べて安定してきました。

担当の獣医師さんが現状を説明します。

「正直まだ、どこまで回復するか確信をもって言うことはできません。言えることは、ここに来たときはもう、手立てがないようにも思われましたが、今はリーシュマニアに良いサプリメントを試すなど、色々な方法を考えられるようになっているということです。トビーはよく食べ、体重が増えて、活発です。回復への道のりは長いでしょうが、様々な手段を使って克服させたいです。」

その後

この動画は2020年2月にアップされました。その後のトビーの経過のアップデート動画が掲載されるのを心待ちにしています。

この動画で見えてきた回復の兆しが、本格的に軌道にのっていることを願います。そしてその先に、この愛らしい大型犬トビーにふさわしい里親さんとの出会いが待っていますように。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。