4匹いっぺんに捨てられた犬。なんとか1匹を保護するも…動画技術が!

4匹いっぺんに捨てられた犬。なんとか1匹を保護するも…動画技術が!

ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が作る見やすい保護動画は、世界中に多くのファン、支援者を獲得しています。しかしそれも長年、経験を重ねた結果。昔の動画はつたないものでした。でも犬が1匹保護され、不安に押しつぶされていた犬の心は解放されました。

お気に入り登録

長い説明書き、暗い画面、確保のプロセスのない動画内容。でも保護の情熱は今と同じ!

通報・発見

米国・カリフォルニア州のある地域で、2ヵ月前に犬が4匹いっぺんに捨てられました。

4匹のうちの2匹はまもなく交通事故で亡くなってしまったそうです。悲劇です。

保護団体HOPE FOR PAWが早朝のまだ暗いうちに、残った2匹を発見しましたが、周囲にいた人々が騒ぎ立てた結果、1匹は逃走してしまいました。またも悲劇です。

最後に残った1匹、「マグジー」を、何としても保護しなければなりません。

コーナーに追い詰めて、リードをつけることに成功した模様。暗くてよく見えませんが…。

犬が徐々に安心する様子も見たいのに、それも壁に囲まれた空間の暗がりの中。

やっと空が少し明るくなってきたところで、犬を車へ誘導します。

そして逃げたもう1匹を2~3時間探し回りましたが、姿を現しません。保護団体メンバーはこの日1泊して、翌日に再度探すことにしました。

宿泊施設でマグジーの体を洗ってきれいになりましたが、まだとても不安そうです。

今回の保護団体メンバーは2人。リーダーが別の保護案件のためにいったん別れた後、もう1人のメンバーが、その日のうちにマグジーの不安で閉じた心を溶かすことに成功した様子。

翌朝、リーダーが彼らのところへ戻ってくると、マグジーはすっかり気さくな犬に変身していたのです。尻尾を振って、じっと見つめて迎えてくれました。

1歳半程度とまだ若いことも功を奏したのかもしれません。

携帯電話(そんな頃!)の画面ばかり見ているメンバーのひざに、「僕と遊んで!」と乗ってくる懐きぶりです。

そんなマグジーと保護団体メンバー2人は、逃げたもう1匹が現れるのを待って、もう2晩ここに泊まり込みましたが、残念ながら犬は現れませんでした。

マグジー1匹を連れて、ロスアンジェルスに戻ります。本当は4匹と2人で一緒に帰りたかったですね…。

それから

マグジーには早速、去勢、予防接種、マイクロチップの埋め込み、そして顔の傷の治療が施されました。

一時預かり施設では他の犬たちとも仲良く過ごし、遊び好きで甘えん坊な、完璧な家庭犬です。この後間もなく、よい里親さんと巡り合えたことを願います!

そしてこの後、保護団体HOPE FOR PAWS の動画撮影・編集技術はどんどん向上するのでした。

今ではもう、長たらしいテキストを挿入したり、暗がりでライトもなしに撮影したり、保護の過程をすっとばしたりしません!笑

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。