犬が飼い主にしつこく吠えるときの心理5つ

犬が飼い主にしつこく吠えるときの心理5つ

愛犬が激しく吠えてしまうと、時には飼い主さんの指示も聞けないくらい興奮してしまって大変ですよね。犬がしつこく吠え続けてしまう時の心理を読み解き、吠える理由に対してしつけ方法を考えることが大切です。今回は【犬がしつこく吠え続ける時の心理】を5つ解説いたします。

1.「危険だ!」

バルコニーから吠える犬

  • 大きな音がした時
  • 知らない人や犬を見た時
  • いつもと違うことが起こった時

以上のような場面で愛犬がしつこく吠える場合には、その状況に危険を感じて吠えていることが考えられます。

犬は吠えることも仕事だった

犬は人間の仕事のパートナーとして共生してきた歴史があるため、狩りや牧羊などの最中に危険があれば「吠えて人間に危険を伝えること」が求められてきました。そのため、飼い主さんに「危険があるよ!」ということを知らせるために吠えていることもあります。

2.「要求があるんだ!」

前足をかけて要求する犬

  • おやつが欲しい時
  • 散歩に行きたい時
  • かまってほしい時

以上のように何か要求がある場面で、犬は吠えることによって飼い主さんにアピールすることがあります。

「吠えれば要求が通る」と勘違いしていることも

以前に「吠え続けたら要求が叶った」という経験があるわんちゃんの場合は、要求が叶うまでしつこく吠え続けてしまうこともあります。また、吠えることを止めさせようとして飼い主さんが声をかけると、犬は「飼い主さんの注目を引けたぞ」と勘違いしてしまうこともあります。

このような「要求吠え」を改善するためには「無視のしつけ」が効果的です。吠え続けても自分の要求は通らないと理解してもらうことが重要です。

3.「守らなきゃ!」

吠える黒い犬と怯えてリードを引く男性

犬は自分のテリトリーを大切にする動物なので、自分の大切なものを守るために吠えることもあります。

  • くつろぎスペース
  • おもちゃ
  • 食べ物
  • 縄張りだと思っている散歩コース
  • 飼い主さんご自身

など、わんちゃんにとってパーソナルな大切なものに他者が接触した時に、吠えることでそれらを守ろうとしていることが考えられます。

4.「近付かないで!」

怒って鼻にしわを寄せる犬

  • 苦手な犬や人
  • 知らない犬や人
  • 愛犬が怖がる家電

などを目にした際に、わんちゃんが「それ以上近付いたら本気で怒るよ!」と威嚇して吠え続けることがあります。この威嚇には恐怖心も関係していることもあり、怖がりなわんちゃんに多く見られます。

物に威嚇することも

他の犬や人に対してだけでなく、掃除機やドライヤーのようにわんちゃんが苦手な家電にも吠えてしまうこともあります。中には「黒い帽子」「ビニール袋」などの意外な物にも恐怖して吠えてしまうことも。私たちからすればなんともない物でも、犬にとって「得体の知れないもの」はとっても怖い存在なのです。

5.「嬉しすぎる!」

吠える黒茶のキャバリア

恐怖や怒りといったネガティブな感情だけでなく、犬は嬉しい時や楽しい時にも吠えやすいです。

  • 好きな人や犬に会えた時
  • お散歩やお出かけの前
  • おやつをもらう前

などの場面では、犬は嬉しすぎて興奮してしまい吠えやすい状態になります。

もどかしい気持ちで吠え続けてしまうことも

お散歩中に他のわんちゃんに吠えてしまう子も多くいますが、それが威嚇や恐怖といったネガティブな感情ではないこともあります。お散歩中はリードで繋がっているため、自分の行きたいところまで自由に行くことはできません。

お相手のわんちゃんに近付いてみたかったり一緒に遊びたいと思ってもリードによって叶わないので、もどかしい気持ちで飼い主さんに「もっとあの子に近寄ってよ!」「ねえキミ!一緒に遊ぼうよ!」と激しく吠えてしまうこともあります。

まとめ

吠えるジャックラッセルのアップ

今回は「犬がしつこく吠え続ける時の心理」を5つ解説いたしました。

犬はオオカミから進化してイヌとなり、人間のパートナーとして共生してきた歴史があります。その歴史の中で、犬は仕事の一環として人間のために吠えることを要求されてきました。そのため、オオカミより現在の犬の方が吠える習性が強いと考えられています。

犬がしつこく吠え続ける時の心理には

  • 危険を伝えている
  • 要求がある
  • 守りたい
  • 恐怖や威嚇
  • 嬉しくて興奮している

などがあります。

その時のシチュエーションによって犬が吠える時の心理が変わってきます。愛犬がどんな状況で吠え続けてしまうのかを見極めると、吠えることをコントロールするしつけの方法を考える手掛かりとなるでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。