数えきれないほどの野良犬がうろつく街…ロサンゼルスの悲しい現状

数えきれないほどの野良犬がうろつく街…ロサンゼルスの悲しい現状

保護するのは2匹と聞いていた犬は、実際は3匹で、最初は4匹いたと説明されました。保護活動中も、保護しきれない野良犬たちが、ロスアンジェルスの町をうろついています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

10頭から1頭だけ選ぶようなジレンマ

通報・発見

米国のロサンゼルスには、何千頭もの野良犬がいるそうです。その多くの犬たちの中から、保護されるのはほんの一握りにすぎません。

2匹の捨てられた犬の保護依頼に、保護団体HOPE FOR PAWS が出動しました。しかし、実際は元飼い主は4匹を置き去りにし、そのうちの1頭はすぐにどこかへ消え、残りは3匹。彼らは飼い主の帰りを待ち続けているのだそうです。

近所の女性が犬たちに食べ物を与えていましたが、「半グレ」集団のメンバーに嫌がらせをされた事情もあったよう。突っ込みどころが満載です。

まずは家のポーチにいる1匹を発見しました。首から鎖が垂れ下がっています。この子は幸い、大人しくつかまってくれました。

そこへ、道路をわたってもう一匹、大きめの犬が近づいてきました。車の往来が激しい道路を頻繁に横断しているなら、危険ですね。この子も食べ物に素直に反応して、スムーズにリードをかけることができました。

保護の限界

もう1匹、いるはずです。近所を車で回っていると、3匹の黒犬が。残りの食べ物を与えましたが、全部で6匹を収容することはできず、この黒犬たちは残していかざるを得ませんでした。保護団体の資金問題、キャパシティ、ボランティアの数…様々な問題が見えてきます。

よく見ると、この犬も首輪をしているので、捨てられたのでしょう。

車に戻ると、窓から他の野良犬たちも見えます。ロサンゼルスには、こんな状態の地区があるのですね…。

ケア

とりあえず、2匹を病院に連れて行きました。小さい方の「エミー」は、両耳に重度の感染症を抱えていました。長期間、放置されていたようです。

「フレイジャ―」は、体に複数のかみ傷を負っていました。あれだけ野良犬がいる中で、時にはけんかも起こるのでしょうね。感染症予防に抗生物質を投与しました。

3匹目を探しに戻ります。保護しきれない野良犬に与えるドッグフードを用意していきました。

この子も首輪をしています。

道路の左側に立ってこちらを見ているこの子も、かつて飼われていたのかもしれません。

その後

3匹目については言及されません。残念ながら見つからなかったようです。エミーとフレイジャ―は、一時預かり施設が引き受けてくれました。

1匹の保護犬の周囲には、保護されない犬たちが大量にいるのですね。そして避妊・去勢していない多くの犬たちは、どんどん繁殖します。保健所に拘束されて、殺されていく犬たちもまた、保護犬の数を大きく上回るのではないでしょうか。

日本の状況はどうでしょう。私たち1人ひとりが考え、小さな一歩の行動をしてみましょう。動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。