犬がわがままになってしまう原因4選!飼い主の甘やかし行動が悲劇を招くことも…?

犬がわがままになってしまう原因4選!飼い主の甘やかし行動が悲劇を招くことも…?

人に家庭犬として飼育されている犬がわがままになってしまう原因は、飼い主さんにあるのかも知れません。もし、愛犬のわがままを許したままでいると、思わぬ悲劇に見舞われることがあります。そこで今回は、愛犬がわがままになってしまう原因と、飼い主さんが甘やかしてしまった結果、愛犬と飼い主さんを見舞った実際に起こった悲劇についてご紹介したいと思います!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬のわがままとは?

ブルドッグ

「犬のわがままの定義」とは

わがままとは、辞書によると「自分の思い通りにふるまうこと。また、そのさま。きまま。自分勝手」とあります。

今回「犬がわがままになってしまう原因4選!」の記事を書くにあたり、人間の社会生活の中で使われている「わがまま」と言う言葉とその意味が犬という動物の「わがまま」とは少し意味が違っていると思われましたので、今回の記事上に限定し、「犬のわがままの定義」を以下の4点とします。

  • 犬のわがまま行動その1:偏食
  • 犬のわがまま行動その2:指示に従わない
  • 犬のわがまま行動その3:トイレのルールを覚えない
  • 犬のわがまま行動その4:家族に対して威嚇する

犬がわがままになってしまう原因4選

牙を剥いている柴犬

1.飼い主さんが甘やかすから

愛犬が何をしても怒らず、言葉では「だめよ~」「いけない子ね~」と叱ったつもりでも、表情や口調、声の大小で犬は人の感情を理解します。

飼い主さんが毅然とした態度で、言葉ではなく、飼い主さんの態度で犬が理解出来るように、感情的にならずに毅然と犬を叱らなければ犬は理解出来ません。家庭内でのルールを教えるために、愛犬を叱りつけても、飼い主さんが愛犬を心から愛していれば、犬に嫌われることはありません。

2.飼い主さんを信頼していないから

犬自身が家庭内の中で最も権力があるのは自分だと思い込んでいる場合です。食事も「急かして出させている」、散歩も「行きたいと言えば、いつでも連れて行ってもらえる」と、常に犬に主権があり、それに人間が従っていると、犬は人を見下し、信頼しません。

3.家族としてのルールを知らないから

室内でのトイレの位置、食事の量、タイミング、呼び戻しなど一切、飼い主さんが犬に教えなかったら、犬は家庭の中のルールを何一つ知らずに生活することになります。好きな場所に排泄をし、食べたいものを食べたい時に要求し、食べたい量を食べる…と言った風に、一見傍若無人な態度を取っているふてぶてしいわがまま犬と思われるでしょう。

けれども、一緒に暮らす犬に何一つルールを教えていないと、犬が家庭内のルールを知らないまま暮らすことになります。

4.家族間で犬の要求が全て通るから

家庭内でしてはいけないことを知らず、誰も愛犬にルールを教えず、要求を全て叶えていたら、愛犬の要求が全て通る事になります。

飼い主の甘やかし行動が招いた愛犬の悲劇3例

羽毛を散らかしている犬

他人を噛んで殺処分

犬が人を咬む、という咬傷事件はあとを絶ちません。飼い主さんを噛む場合もあり、また来客を噛んだり、通りすがりの人を噛んだり、散歩やドッグランで出会った他人の愛犬を噛むこともあり、さまざまなケースがあります。

日本では、人を噛んだからと言って即殺処分、ということにはなりませんが、示談金や慰謝料が発生します。2014年5月に北九州市で起きた咬傷事件は、2000万以上の請求額が発生しました。けれども、金銭的解決で済めば愛犬の命を失うことはありませんが、時には被害者から「犬を殺処分しろ」と詰め寄られて、愛犬を安楽死させる飼い主さんもいます。

肥満の末、健康を害してシニア期になる前に死亡

食べたいだけ食事やおやつを与え、体重が増え、先天性ではなく、糖尿病や心臓病、腎臓を患って7~8歳前後で亡くなる場合、飼い主さんの甘やかし行動が大きな原因となっている可能性があります。

散歩中、踏切の中で立ち往生、飼い主と共に死亡

2017年6月、岐阜県で踏切内に入った愛犬を助けるために踏切内に入った飼い主の男性とその愛犬が電車に轢かれて死亡した事故が起きました。

目撃した人によると、愛犬は体長1mで踏切内で動かなくなったそうです。痛ましい事故ですが、もし、リードを付けて散歩させていたり、飼い主さんの指示で動くようにしていたら、飼い主の男性も愛犬も死なずに済んだかも知れません。

まとめ

愛犬を抱きしめる女性

飼い主さんの指示に素直に従い、人間の社会のルールを乱すことなく暮らせる犬は「利口な犬」と言われ、可愛がられます。逆に飼い主さんの指示に従わず、「犬」という獣のまま好き放題生きている飼い犬がいたら「わがままなバカ犬」と言われて、嫌われ、場合によっては笑いものにされてしまいます。

それだけではなく、犬が家族に対して「わがまま」を押し通し、その「わがまま」を人間が受け入れてしまったら、今回ご紹介したような悲劇に見舞われる可能性が高くなります。

つまり、愛犬の要求をすべて受けれ入れ、愛犬の躾を一切しないという飼い主さんの甘やかし行動が愛犬を「わがまま犬」にし、命の危険に晒すことなのです。飼い主さんの指示に従うように愛犬を躾けることは、愛犬を服従させることではありません。

むしろ、愛犬を守ることになります。ずっと厳しく接するのではなく、毅然と接するべき時は毅然と、甘やかす時は思い切り甘やかす…というメリハリをつけることが大切です。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬は人間社会のいろはを何一つ知りません。だからこの社会の先導をきって生きてる俺たちがしつけなきゃならない。躾なしで生きられるほど甘い世界じゃない。甘やかしは見た目は良いが必ず悲劇を生む。犬も生き物、意思を持つし感情もある。でも人間じゃない。躾なしで生きれるほど頭は良くない。でも教えれば出来る、それぐらいの頭は持っている。厳しくしろとは言わないが甘やかしはほどほどにしないと取り返しのつかない事になりかねない。飼うものには責任と義務がある。甘やかしはそれを放棄してるのと同じだ。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。