レスキュー動画で学んだことを実践!優しい通報者に保護された犬

レスキュー動画で学んだことを実践!優しい通報者に保護された犬

遠方の女性が、訪れていた場所で犬を発見。レスキュー動画で見ていた通りに、犬との信頼関係を心がけて、1人でレスキューできました。犬は足にひどいケガを負っていましたが、人と一緒にいるのが嬉しくてしかない様子です。

お気に入り登録

レスキュー動画で学習、実践

通報・発見・保護

墓地でケガをした犬が見つかりました。保護団体HOPE FOR PAWS に保護依頼をしたのは、カリフォルニア州から遠いオレゴン州の女性。遠方でも、レスキュー動画でカリフォルニアのこの保護団体のことをよく知っていたのです。

連絡を受けてから1時間半後に現場に到着すると、なんと、その女性はすでに自分で犬をつかまえていてくれました!しかも、犬はずいぶんリラックスしている様子。素晴らしい。

犬は足にケガをしているようですが、元気です。

「あなたたちの動画で覚えたのよ!犬に信頼してもらうのよね!」女性が早口でまくしたてる間、犬は食べ物を手からパクッと食べました。

女性のおかげですっかりリラックスした犬は、マイクロチップスキャナを向けると、ゴロンと寝転がりました。

手のかからない保護になりましたね!

マイクロチップは埋まっていませんでした。

保護団体が持ってきたリードにつけかえるのも、お手のもの。

ひょこひょこと足をかばって歩きます。病院で検査しましょう。

別れを惜しむ女性にお礼を言って、車で出発します。

名前は「サファイア」にしました。

ケア

病院で、かばっている後足を検査するために医師が動かすと、小さな悲鳴をあげました。

それでも人を咬もうとすることもなく、直後におなかを上にして寝転がる従順ぶりを見せるサファイアです。

X線撮影をします。この表情…。

大きな骨折が複数見つかりました。

ここは、指が完全に折れて、位置がずれてますよ。うわぁ…。

別の病院の、骨折の手術を得意にする馴染みの医師に手術を依頼しました。

そして、この通り。左から右へ、骨折のビフォー・アフター。

手術後、ギプスをしたサファイア。まだしょんぼりした表情ですが、足を床につけています。

その後

この後、どこまで回復するか、動画をご覧ください。

ギプスをしていても、本当に人懐こく、人と一緒にいるのが嬉しくて仕方ない様子。一時預かり施設で十分に幸せそうですが、きっと里親さんが早々に見つかったのではないかと思います。

出先で困った状況にある犬を発見した場合は、地元の保護団体に連絡すると、手を貸してくれるかもしれませんね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。