下水道から聞こえた鳴き声をキャッチ!仲良しの小型犬ペアを保護

下水道から聞こえた鳴き声をキャッチ!仲良しの小型犬ペアを保護

助けを必要とする犬を発見した時、大人でもとっさの判断は難しいことが多々あります。2匹の小型犬は、ティーンエイジャーの2人組の通報で、幸せ街道をまっすぐに歩き始めることができました。

お気に入り登録

鳴き声が聞こえたので降りてみた

通報・発見

2匹の犬が大きな排水設備の中で鳴いているとティーンエイジャーから通報を受け、保護団体HOPE FOR PAWS が来てみました。

下水道の入り口で通報者の足元に座っている犬たちは、少しおどおどしましたが、初対面で撫でさせてくれ、手から食べ物を受け取りました。

保護

リードをつけます。大きい方を「ディクシー」、小さい方を「ウィン」と名付けました。2匹とも、とても大人しい。

コンクリートの低い壁の外側でウィンを受け取る通報者の男の子も、嬉しそう。

保護団体を探し、思い切って通報して、さらに保護活動に参加するのは、彼らにとってもよい経験だったでしょう。

マイクロチップリーダーを犬の体に当てて走らせます。2匹にマイクロチップは埋まっていませんでした。

ケア

病院で、水を飲むのも一緒。

下水の臭いとノミを落とします。目の感染症は、治療でよくなるでしょう。

その後

後日、2匹は一時預かり施設を経て『一緒に』里親さんの家庭に引き取られました!

訪問してみると、ディクシーとウィンは幸せそのもの。短く刈りそろえた体毛はツヤツヤです。

尻尾をブンブン振りまわして保護団体メンバーを歓迎する2匹を、動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。