路上生活していた小型犬を保護。暴れる元気があるのはグッド!

路上生活していた小型犬を保護。暴れる元気があるのはグッド!

食べ物をもらって路上生活していた小型犬。おびえていますが、空腹には勝てずに、ついてきます。そこをつかまえると、暴れまわる元気を見せました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

食べ物に素直につられて

通報・発見

遺棄され、ケガをした小型犬の保護依頼を受け、保護団体HOPE FOR PAWS が向かいました。

近所の人たちが食べ物を与えていたそうです。

歩道をネズミのようにチョロチョロッと小走りする犬を発見し食べ物を見せると、すぐに寄ってきて手から直接食べました。

保護

それでも犬は緊張しているため、もう少し静かな場所に移動。犬は恐る恐る、ついてきました。

怖いけれど、人の目の前で食べるということは、相当おなかがすいていたのでしょうね。

そこを、ワイヤリードで上手にとらえました。

つかまった犬は、悲鳴を上げてめちゃくちゃに暴れます。

うらめしそうなお顔。

布のリードをかけますが、まだ頑張って暴れています。暴れる元気があるのはいいこと!

ひとしきり暴れたら、落ち着きました。

この時点ではわかりませんでしたが、後に病院で首に軽い切り傷がみつかりました。それがすれて痛くて、余計に暴れたのかもしれません。

ケア

病院で、「ココ」と名付けました。首の傷は深刻ではないようです。痛み止めを施しました。

すっかり人に慣れて元気になりました。 

その後

体を洗ってトリミングをして、すっかり真っ白になったココは、一時預かりで里親さんを待つことになりました。

仲間の犬たちと思い切り走り回り、遊び、いたずらし、元気一杯なココを動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。