マラミュートの子犬工場を摘発。人との交流がない劣悪な環境からの救出

マラミュートの子犬工場を摘発。人との交流がない劣悪な環境からの救出

米国モンタナ州の人里離れた山奥に隠れるように運営されていた、マラミュートの子犬工場。汚れた水、人との没交渉、監禁といった劣悪な環境から、150頭近くが救出されました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

山にこだまするマラミュートの遠吠え

発見

米国モンタナ州の人目につかない山奥に、アラスカン・マラミュートの子犬工場が発見されました。劣悪な環境で、150頭近くの犬が子犬の販売目的で監禁され、繁殖に酷使されていました。

保護団体The Humane Society of the United States が保護に乗り出します。

ところで、マラミュートと、よく似たシベリアン・ハスキーとの簡単な区別の仕方をご存じですか?

マラミュートは耳が頭の横の方についていて両耳の間隔が広く、ハスキーはもっと上つきで、間隔が狭いのです。それから落ち着いた状態で尾が少し巻き上がっているのがマラミュート、垂れているのがハスキーです。サイズは、マラミュートの方が一回り大きいです。

この犬は耳が欠けていますね。

保護

多くの子犬も見つかりました。このような場所から子犬たちが市場に流通していくのです。

犬たちに感じるのは「苦痛」だと、団体メンバーは言います。

「この子たちに、人々が目を向けてくれますように。」

人との交流も極端に少なかったようで、犬たちはメンバーを大歓迎してくれたそう。

チームが一丸となって活動します。

最後に

救出活動は夜まで続きました。

この団体は、警察と協力して何百頭という単位の違法な子犬工場の摘発に数多く立ち会っています。

目の前にいるかわいい子犬だけでなく、その子犬がどんな環境から市場に出回っているのかにも目を向けて、犬を買うことの影響を考えませんか?
大規模な救出の様子を動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。