攻撃的に吠え付いた小型犬がその場で大変身!大人しくなって里親の元へ

攻撃的に吠え付いた小型犬がその場で大変身!大人しくなって里親の元へ

施設に保護されていましたが、攻撃性のある小型犬を、保護団体が見事、落ち着かせました。動画を見る限り、食べ物よりも、スキンシップが重要に見えます。

お気に入り登録

吠えて向かってくる小型犬

通報

友人からの依頼で、保護団体HOPE FOR PAWS が15歳の犬「コービー」の保護に向かいます。

15歳のコービーはその時、路上生活ではなく、保護はされていました。しかし、攻撃的な態度が収まらず、施設で持て余していたようです。

接近

初対面のコービーに呼びかけると、フェンスに跳びつく勢いで、吠えかかってきました。右目はつぶれています。

食べ物を見せると吠えやんで、「ん、これは?」と見える方の目でじっとみつめ、パクッと食べました。

飲み込むと、また鼻にしわを寄せて牙を見せ、うなりながらこんな顔を向けてきます。

すぐに、「だめ!(No!)」と静止すると、大人しくなりました。

そしてまた食べ物にパクつくんです。現金な奴め。

コービーを外に出してもらうことにしました。まだ、人の動きを見て、鼻にしわを寄せてしまいます。それに緊張して震えています。

こういった犬は人と適切な関係を結んだ経験がなく、怖がる、威嚇する、という表現しか知らないのかもしれません。

喜ぶ、楽しむ、という感覚も、経験して初めて表現することができるのでしょう。

吠えるコービーの首にリードの輪をかけました。

コービーを抱え出してくれた人の制服のシャツのワッペンには、「アニマルケア・テクニシャン」と縫い付けてあります。動物看護士ですね。

その人のひざに乗ったまま、コービーはまた、手から直接食べ物をもらいます。

そして徐々に、頭や口回りをなでられるようになりました。

頭をなでている手は、コービーの一時預かりを申し出てくれた女性の手です。

ケア

いったん病院へ連れて来て、体を洗い、体調の検査をしました。

牙をむいて突進してきたあの姿から、想像もできない変わりようです。安心し落ち着くと、犬は短時間にこんなに変わるのですね。

その後

コービーは一時預かり家庭で、新しく「スティッチ」と名付けられました。

過去に何があったのかはわかりませんが、これからは、スティッチとして元気に生きてほしいですね。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。