犬が言うことを聞かない時にしてはいけないNG行為5つ

犬が言うことを聞かない時にしてはいけないNG行為5つ

あなたの言うことを聞かないのには理由があります。『犬が言うことを聞かない時にしてはいけないNG行為』についてまとめました。愛犬が言うことを聞いてくれないのは、あなたのNG行為が原因かもしれません。

はてな
Pocket
お気に入り登録

愛犬が言うことを聞いてくれなくなる飼い主のNG行為

手で顔を隠すような仕草をする犬

1.愛犬のおねだりに全て応えている

これは、単なる過剰な甘やかしです。「おやつちょうだい!」と吠えればもらえる。まだ時間ではないのに「お散歩に行こう!」と吠えれば連れて行ってもらえる。食事中の飼い主さんに「食べたい!」とおねだりすればもらえる。愛犬の言うことを何でも聞いてあげていると、飼い主さんの言うことを聞いてくれなくなってしまいます。

飼い主さんを見下し、どんなわがままも叶えてもらえるからです。おやつもお散歩も飼い主さんが管理し、ルールを決めておくと良いです。食事中、おねだりが可愛くても、人間の食べ物は与えないようにしましょう。

言うことを聞かない愛犬には…「食事の時間を決めましょう」

愛犬のおねだりに全て応えていると、ごはんを食べてくれなくなってしまうことがあります。おねだりをすれば、おやつがもらえる、人間の食べ物がもらえる、と学習してしまったからです。改善したいのであれば、食事の時間を決め、食べないときは、片付けてしまって構いません。お腹は空いているはずですので、おやつや人間の食べ物がもらえないことがわかると、自分のごはんをしっかり食べるようになります。

2.悪いことを叱ることができない

愛犬がどんなに悪いことをしても、適切に叱ることができない飼い主さんは、愛犬から言うことを聞いてもらえなくなる可能性が高いです。その行為が、悪いことであることを知らないままで過ごしているからです。悪いことではなくても、危険な行為や迷惑な行為をしてしまったときは、しっかり叱ってあげなければなりません。

危険な行為を叱ってあげないでいると、言うことを聞かなくなるだけではなく、愛犬の健康や命にも関わる可能性があります。無駄吠えなどの迷惑な行為は、飼い主さんは全く気にならないかもしれませんが、同居する家族やご近所さんはそうではないかもしれません。

3.お散歩のとき、愛犬が主導権を握っている

丸いベッドの上のジャックラッセルテリア

“引っ張り癖がなおらず、首輪やハーネスが外れてしまったり、リードが切れてしまったりして、ヒヤッとする思いをしたことがある。”

こんな経験をされている飼い主さんは、愛犬から言うことを聞いてもらえず、他にもお困りのことや問題を抱えているようです。お散歩は、愛犬ではなく、飼い主さんが主導権を握らなければなりません。

犬は、信号の赤と青を判断して道路を渡ることができません。飼い主さんの指示に従って歩くことができない犬は、交通事故に遭ってしまいやすいです。愛犬が急に走り出し、飼い主さんが転倒し、骨折などの大怪我を負ってしまったケースもあります。

4.指示を出すときの言葉が毎回変わる

たとえば、「待て」「戻れ」「止まれ」「放せ」などの指示を出すときの言葉が決まっていない、ということがあげられます。「おいで」と「来て」の意味は同じですが、言葉が違うことで、犬は混乱してしまいます。他の家族はみんな「おいで」と指示を出すのに、あなただけ「来て」と指示を出している場合、あなたの言葉が違うことで何を指示されているのかわからず、言うことを聞かない理由になってしまうことがあります。

5.「叱る」ではなく、「感情的に怒る」

しつけを行うとき、愛犬が悪いことをしてしまったとき、「叱る」ではなく、感情的に怒ってしまったり、怒鳴りつけてしまうことがあります。犬が最も言うことを聞いてくれない理由かもしれません。犬は、大声をあげられても、怒鳴られても、恐怖に感じるだけで、悪いことをしたということに気づけません。言うことを聞いてもらえる飼い主さんになるためには、あなた自身が「叱る」と「怒る」の違いを理解する必要があります。

まとめ

くつろぐチワワ

犬が言うことを聞かない時にしてはいけないNG行為

  • 愛犬のおねだりに全て応えている
  • 悪いことを叱ることができない
  • お散歩のとき、愛犬が主導権を握っている
  • 指示を出すときの言葉が毎回変わる
  • 「叱る」ではなく、「感情的に怒る」

あなたはいくつ当てはまるでしょうか。「私はひとつも当てはまりません!」という飼い主さんの方が、実は意外と少ないかもしれません。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    最後の 感情的に怒鳴る は人間には難しいです。感情を捨てろとは言いませんが抑えられないといけません。悪いのは犬より飼い主の方です。今一度愛犬との対応を思い返してみましょう
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。