「産む機械」は用済みで捨てられた。保護されたラブラドールの変貌

「産む機械」は用済みで捨てられた。保護されたラブラドールの変貌

またしても、子犬を産めるだけ産ませたと思われる犬が捨てられていました。人を恐れて逃げた黄ラブは、最後は大人しくつかまってくれ、「産む機械」だった過去を脱して、犬らしい生活を手にしました。

お気に入り登録

見ない見ない…

通報・発見

路上の犬を保護しようと市民数人が試みましたが、つかまえることができず保護団体HOPE FOR PAWS に依頼しました。現場に行ってみると、歩道の日陰で寝ているラブラドール・レトリーバーを発見。後ろからそっと近づき、フェンス越しに確保を試みますが…

ハッと気づいた犬は、立ち上がってワイヤリードをよけます。

待ち伏せていた保護チームメイトも、つかまえることに失敗。犬は歩道を反対方向へ去っていってしまいました。

追跡

走って追いかけても人の足では犬に追いつけませんし、犬が急に道路にとび出したりして危険です。ここは見失わないように後をつけて、チャンスを待ちます。

犬は人家の裏庭に入って隠れた様子。

まずは勝手に門を閉めさせてもらい、急いで「すみません、犬の保護活動です」と住民に伝え、許可をお願いしました。

犬は大きな台車の下に隠れていました。

「ハロー」と声をかけると、犬特有の、困った時の「見ない見ない」戦法です。

それから首を思い切り後ろにねじって、迫ってきたワイヤリードの輪をよけています。

でも、輪が首にかかりましたね。まだ「見ない見ない」で頑張っています。

せっかく「見ない見ない」で後ろを向いていたのに、正面から布リードをかけられてしまいました。

もう大丈夫。なんだか人のよさそうな黄ラブさんです。

出てこないので、前足を持って引っ張り出しました。

体の状態から、子犬の生産に使われていたことがわかったそうです。

つまり「産む機械」だったのです。

犬を追って団体の車を駐車した場所からずいぶん離れていました。近所の人が厚意で、犬と人をそこまで車で送ってくれました。このようなちょっとした協力を、惜しみなくできるといいですね。

病院

病院への道中で、犬を「ペルラ」と名付けました。

やっと少しだけ尻尾を振りました。まだ落ち着かないけれど、危害は加えられないとやっと理解してくれたようですね。

特別な病気やケガはなかったようですよ。

それから

それから数週間後、ラブラドール・レトリーバーの救済団体が、ぺルラと里親さんを引き合わせてくれました!

あんなにおどおどしていたぺルラが、すっかり生き生きと変わり、食べたり、遊んだり。人のよさそうな彼女の顔だちに、さらに楽しそうな表情を浮かんでいます!

これまで人に不当に酷使されてきた彼女のこれからの人との暮らしは、明るく照らされました。

「よかった」と思える動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

関連記事

究極の「見ない見ない」戦法?ゴールデン・レトリーバーの「もうだめ」ゴロンポーズはこちら。

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。