犬が触ってほしくない時に出しているサイン7つ

犬が触ってほしくない時に出しているサイン7つ

『犬が触ってほしくない時に出しているサイン』についてまとめました。言葉を話すことができない犬だからこそ、いろんなサインを出して“触らないで”と表現します。

お気に入り登録

“触らないで”のサインを見逃さないで!

歯をむき出しにするシェルティー

1.唸り声をあげる

触れようとしたとき、“ヴゥ~”と唸り声をあげることがあります。“触らないで”のサインです。しつこく触ろうとすると、近づくだけでも唸り声をあげるようになってしまいます。触ろうと伸ばした手にガブリと咬みついてしまうこともあります。犬が“ヴゥ~”とサインを出したら、絶対に触れてはいけません。

2.吠える

触れようとしたとき、“ワンッ”と吠えることがあります。もしかして、先に唸り声をあげていたのではありませんか?それでもしつこく触ろうとすると、さらに吠えることで“触らないで”のサインを出します。唸り声をあげたのに、さらに吠えたのに、それでもしつこく触ろうとする人には、本当に咬みついてしまうかもしれません。何度もサインを出しているのですから、犬から嫌われてしまうこともありますので、しつこく触ろうとしてはいけません。

3.逃げる

犬に触れることが下手な人がいます。いきなり近づいてくる人、すぐに頭を撫でようとする人、声が大きい人、動作が大きい人、触れる力が強い人、ワシャワシャと雑に撫でる人などです。そのような人には、犬は触ってほしいと思いません。そのような人が触れようとしたとき、犬はサッと逃げてしまいます。“触らないで”のサインです。触ってほしくないどころか、警戒し、近づこうとするだけでサッと逃げてしまいます。

4.しっぽを下げる

しっぽを脚の間に巻き込んでいる犬

触れようとしたとき、急にしっぽが下がってしまうことがあります。“触らないで”のサインです。しっぽが下がってしまうほど、触れられることが嫌なのでしょう。触れられることや触れる相手に対して、不安や恐怖を感じています。脚の間にしっぽを巻き込むこともあります。サインに気づかず、さらに触れようとすると、カラダをガタガタと震わせるほど、触れられることに恐怖に感じる犬もいます。

5.耳を倒す

触れようとしたとき、耳を真横や真後ろに倒すことがあります。耳をペタリと倒すのは、“触らないで”のサインなのですが、垂れ耳である犬種では、よく確認することができないかもしれません。そんなときは、犬が耳を倒すとき、表情にも注目してみましょう。眉を下げ、悲しげな、切ない表情をします。

6.身をかがめる

触れようとしたとき、身をかがめ、体勢を低くすることがあります。頭に触れようとしたとき、よく行う仕草で、“触らないで”のサインです。人間の手は、犬にとって、とても大きな存在です。頭の上から大きな手がいきなり振ってきたら、とても恐ろしく感じてしまいます。身を守るために、身をかがめ、唸り声をあげて威嚇することもあります。

7.飛びかかる

触れようとしたとき、いきなり飛びかかってくることがあります。“触らないで”のサインなのですが、よほど触ってほしくないのでしょう。不安や恐怖から威嚇する余裕がなく、いきなり攻撃をしてしまうのです。“あっちへ行け!”と、追い払っているようでもありますよね。

まとめ

犬と驚く男の子

犬が触ってほしくない時に出しているサインには、

  • 唸り声をあげる
  • 吠える
  • 逃げる
  • しっぽを下げる
  • 耳を倒す
  • 身をかがめる
  • 飛びかかる

などがあります。他人が触れようとしたときだけではなく、飼い主さんや家族が触れようとしたときにも、このような“触らないで”のサインを出すことがあります。基本的には、犬は触れられることが大好きな動物ですが、触れられたくないときだってあります。くつろいでいるとき、眠っているとき、ごはんやおやつを食べているときは、相手が飼い主さんや家族であても、触れられることにストレスを感じます。そのため、唸り声をあげたり、吠えるなどしてサインを出すのです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。