犬はメイクをした飼い主の顔を舐めても大丈夫?

犬はメイクをした飼い主の顔を舐めても大丈夫?

愛犬が顔を舐めてきたら可愛いと感じますよね。でも顔にメイクをしていたら、そのメイクを舐めても大丈夫なのでしょうか?メイクに含まれる成分によっては中毒症状を起こすことも……。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

メイクした顔を舐めても大丈夫?

様々な化粧品を持つ人の手

メイクをした後、犬を抱っこしたり犬の隣に座ったりしたときに、顔を舐められたことはありませんか?かわいい姿ですが、化粧は犬にとって害になる可能性があります。少量であれば問題ないことが多いのですが、小型犬などの場合は体調が悪くなることもあります。

中毒症状を起こすことも

犬が中毒症状を引き起こすので、食べさせてはいけないものとしてはタマネギやチョコレートなどを思い浮かべると思います。しかし、中毒を引き起こすものはそれだけではありません。化粧品も使っている成分によっては中毒症状を引き起こすことがあるのです。

中毒の症状としては泡を吹く、痙攣、嘔吐、呼吸困難などがあります。化粧品は犬の手に届かない場所に置くか、別の部屋に置くように管理はしっかりしておきましょう。

犬によくない成分

化粧品に含まれる成分の中で、危険なものがいくつかあります。

まず過ホウ酸ナトリウムです。これは化学物質で、摂取した犬が中毒症状を起こす危険があります。化粧品の他にも漂白剤や歯磨粉、入れ歯洗浄剤などに入っていることが多いので、犬が舐めてしまわないように気をつけてください。

次に除光液も危険です。蒸気を吸っただけで頭痛や嘔吐、皮膚につくと皮膚炎を起こすことがあります。もし犬が除光液を口にしてしまった場合は病院で診てもらいましょう。無理に吐かせようとすると気管に入り肺炎になってしまう場合があるので、すぐに獣医さんに診てもらってください。

そしてキシリトールです。キシリトールはガムなどに含まれるのはよく知られていると思いますが、化粧品に含まれている場合もあります。肌に塗ることでひんやりとした感覚になるため、化粧品やローションなどに含まれているのです。

人間はキシリトールを摂取しても毒になることはありませんが、犬が摂取すると低血糖や肝臓障害を起こす可能性があります。化粧品に大量のキシリトールが入っているとは考えにくいのですが、万が一のことを考えてキシリトール入りの化粧品には注意した方が良いでしょう。

監修獣医師による補足

過ホウ酸ナトリウムは皮膚や眼に対して毒性があると言われていますが、有害な毒性が起こるのは非常に多くの量を口にしてしまった場合です。

体重1㎏あたり約2.1gの過ホウ酸ナトリウムを食べてしまった場合命にかかわります。通常このような極端な量が化粧品に含まれることはありません。

しかし誤って大量に食べてしまうことがないように注意してください。

除光液にはアセトンや酢酸ブチルといった化学薬品が含まれています。このような成分は嘔吐や頭痛、咳、興奮、消化管出血などの症状を引き起こします。除光液は犬のいない部屋で換気を良くして使用しましょう。また、除光液のしみ込んだコットンやティッシュは袋に入れて処分しましょう。

キシリトールは人ではインスリンを放出させることはありません。しかし、キシリトールを犬が摂取するとインスリンを放出させる力が強く、急激に低血糖を引き起こし意識の低下や痙攣を引き起こします。

ペルオキソほう酸ナトリウム四水和物、林純薬工業株式会社、K3-10-2、2015/11/30、1/6
家庭に潜む危険物V(口紅、化粧水、マニキュア液、マニキュア除光液)
公益社団法人 埼玉県獣医師会 犬のキシリトール中毒に注意!!

獣医師:平松育子

顔を舐めることで人間と犬との間で感染する病気も……

口周りを舐めている垂れ耳の犬

犬が顔を舐めてくるのは可愛いかもしれませんが、衛生面から考えるとあまりよいことだとは言えません。人間と犬とが共通して感染する病気は多く、注意が必要です。動物と人間との間でうつる病気のことを「人獣共通感染症(ズーノーシス)」といい、人間から動物にうつることもあるのです。

狂犬病やパスツレラ感染症、サルモネラ症、フィラリア症などを引き起こす可能性があります。WHOで確認されているズーノーシスは約150種あり、日本ではこのうち約50種のズーノーシスがあることが知られています。

メイクをしていてもしていなくても、顔を舐めさせないようにすることが重要です。どうしても顔を舐めさせるのがやめられないという場合は、メイクをしないという方法もありますが、人によっては難しいことです。

まとめ

並べられた様々な種類の化粧品

メイクした顔を犬が舐めても大丈夫かどうかについては、舐めた量や含まれている成分によって変わってきます。しかし、万が一のことを考えると舐めさせない方がいいでしょう。成分によっては中毒症状や低血糖、肝臓障害などの病気を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

また、犬が顔を舐めることについては人間と動物との間で感染する病気も多いため、舐めさせないことがベストです。「どうしても顔を舐めさせることをやめさせたくない、けどメイクは舐めてほしくない」という場合は、メイクをしないことしか方法はないかと思います。基本的には「顔を舐めさせない」ことが重要なので、できるだけ犬にしつけをして顔を舐めさせないようにしてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 もも父ちゃん

    化粧にしてもハンドクリームにしても
    絶対に舐めさせないのが当たり前です
    人には良くても愛犬には毒になる物が多良いので舐めさせない様にします。
    愛犬を守りたいですからね
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。