犬があちこちに粗相をしてしまう!覚えておきたい4つの対策

犬があちこちに粗相をしてしまう!覚えておきたい4つの対策

トイレ以外での愛犬の粗相…お掃除も大変ですし、とても困ってしまいますよね。原因と対策法、トイレトレーニングについてご紹介しています。

お気に入り登録

愛犬の粗相対策 その①「しっかりトイレを認識させる!」

トイレシートに座るジャックラッセル

子犬・成犬に関わらず、トイレのしつけが途中の場合、トイレという存在を認識できていないため、粗相してしまうことがあります。

根気よくしつける

粗相は失敗、でも失敗はつきもの、ついつい怒ってしまったり嫌な対応をしてしまったりしがちですが、笑顔で受け入れてあげても良いのではないでしょうか。

しつけ途中の犬は、昨日までしっかりトイレができていたのに、急に粗相してしまうこともあります。

しっかりとトイレの場所が認識できるようになるまで、根気強くトイレトレーニングをしてあげてください。

愛犬の粗相対策 その②「常にトイレをキレイにしておく!」

お座りしてこちらを見るラブラドールレトリーバー

犬はとってもキレイ好きです。少しでも汚れているトイレを嫌がることがあります。

たとえばお留守番の間、一度おしっこをして汚れてしまったトイレではしたくないという気持ちから、トイレではない場所で粗相してしまうのです。

犬の場合、食事をする場所と寝る場所以外ならどこでもトイレをしても良いという本能があるとされています。

複数のトイレを用意してあげる

汚れたトイレを嫌がる犬には、お留守番の間は複数のトイレを用意してあげましょう。

複数用意してあげる事で、トイレが汚れてしまったら、別のトイレを使う事ができるので、粗相を改善することができます。

また、食事をする場所や寝る場所が、トイレに近い場合、排泄場所として好まないことがあり、これも粗相の原因になってしまうことがあるので、距離をとってあげると良いでしょう。

愛犬の粗相対策 その③「ストレスを解消してあげる!」

ボールで遊ぶポメラニアン

ストレスを溜め込んでいると、粗相をしてしまう犬がいます。

  • お留守番の時間が長すぎる
  • 好奇心や体力が満たされていない
  • 運動不足

などが、ストレスの要因になります。

粗相をしてしまうからといって厳しく叱りすぎたり、逆に甘やかしすぎたり、それもストレスの原因になってしまうことがあります。

満たされたくて、飼い主さんを困らせて構ってもらうとしているわけではありません。

ストレスを解消してあげましょう

お散歩に行く時間が少なくても、運動不足になってしまわないようにお家の中で遊ばせてあげましょう。

引っ張りっこをしたり、ボール投げをしたり、体力を十分に使うことができれば運動不足にはなりませんし、お外に行かなければならないというわけではありません。

お外に行くことが大好きな犬であれば、週末などの時間があるときに、公園やドッグランで思いっきり遊ばせてあげてはいかがでしょうか。

恐怖心がストレスになることも…

お留守番の間、風の音や工事の音や雷の音などによって恐怖を感じ、恐怖心とストレスが原因となって粗相としてしまうこともあります。

『今日は雷雨の予報だから粗相が心配…』

そんな時はケージの中で過ごさせ、ケージの中でトイレができるように用意してあげると良いのではないでしょうか。

愛犬の粗相対策 その④「健康チェックをしてあげる!」

心音を検査している犬

膀胱炎などの病気が原因でおしっこをコントロールすることができなくなり、粗相してしまうことがあります。

  • おしっこの回数が増えた
  • おしっこの色がおかしい
  • おしっこのニオイがおかしい

このような時は膀胱炎である可能性が高いです。

粗相の原因が病気であり、愛犬が苦しんでいるにも関わらず、叱ってしまっては可哀想ですよね。すぐに病院で診察を受けましょう。

愛犬の粗相対策 その⑤「安心できる環境に整えてあげる!」

絨毯の上で寛いでいる犬

お留守番の間など、愛着のある飼い主さんと離れてしまうことによって分離不安という症状が起こり、粗相をしてしまうことがあります。

飼い主さんと離れてしまうことによって異常な不安を感じてしまうのです。不安で緊張している状態が続くことで無意識に粗相してしまう犬もいます。どうしてもお留守番をしなければならない時間はあります。

安心して過ごすことができる環境に整えてあげるなどの対策が必要ですが、獣医さんに最適な改善方法を相談しても良いと思います。

粗相を改善するしつけ

トイレシートにおしっこできた子犬

粗相をしてしまう原因を知り、対策しても改善されない場合には、もう一度初めから『トイレトレーニング』をしてみましょう。

大声を出して怒る事や、粗相してしまったことを叱っても改善されません。

トイレトレーニングは成犬でも老犬でも可能ですし、飼い主さんご自身で難しい場合には獣医さんやトリマーさんに協力してもらっても良いですし、「今さら…」なんてことはありませんので安心してくださいね。

まとめ

床に寝転がるポメラニアン

私も愛犬の粗相で悩んだ時期がありました。
トイレトレーニングはしっかりできているはずなのに、どうしても粗相をしてしまうことがあったのです。

原因は「寂しい」という気持ちでした。
お留守番の日が続き、お散歩の時間も短く、大好きなお出かけに連れて行ってあげることができていなかったからです。

弟犬ができ、二匹でお留守番するようになってからは、寂しい気持ちが減ったのか、それ以来、粗相はしていません。原因を知り、対策してあげることで必ず粗相は改善されます。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。