野良犬がいなくなった理由

野良犬がいなくなった理由

一昔前までは街中をウロウロと歩いている野良犬をよく見かけましたが、最近「そういえば野良犬っていないよね」と感じる事はありませんか?そこで、今回は野良犬の定義を理解した上で、なぜ野良犬がいなくなったのかについてお話しします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

野良犬の定義

野良犬

野良犬を近年見かけなくなった理由について知る前に、まずは野良犬とはどのような定義を持っているのかについてお話しします。漠然と飼い犬でない犬が野良犬だと考えている人が多いですが、細かく見ていくとあるいくつかの定義に則り、野良犬かそうでないかが判別されています。

まず1つ目に飼い犬として登録がされていない場合です。これは前述したとおり、飼い主がいないことを意味しています。2つ目にワクチン接種を行っていない犬が対象となります。今では犬のワクチン接種は飼い主の義務です。これを行われていない犬は、飼い主がいないことが多いため野良犬として見られることが多いです。

基本的にはこの2点を満たしている犬が野良犬として認識されています。しかし、一方で元々飼い主がおり、飼育放棄から野良犬になってしまった犬も存在します。このように例外も存在することを踏まえておきましょう。

なぜ野良犬が減少傾向にあるのか

座る野良犬

今でも完全に野良犬がいなくなったというわけではありませんが、一昔前と比べると圧倒的に野良犬の数が減少していることがわかります。では、なぜ野良犬はここまで減少したのでしょうか。その理由についていくつかご紹介します。

1.保健所などが積極的に保護

まずは保健所による保護活動が大きな理由の1つです。一昔前までは保健所が野良犬を保護する件数が野良犬の数に対して少なかったため、街中をたくさんの野良犬が徘徊していました。

しかし近年、保健所が飼い主のいない犬を積極的に保護し、飼い主捜しを行っているため、野良犬が一気に減少したと考えられています。新たに野良犬が生まれても、その幾度しっかり保健所が保護してくれるため、最近では見かけることがなくなったのです。

2.1980~2000年代に殺処分数が多かった

モノクロの犬

上記で保健所が野良犬を保護しているから野良犬が減少傾向にあるという話が出ましたが、元々多かった野良犬がここまで減少したのはなぜでしょうか。

今でこそ少なくなった野良犬ですが、元々は多かったため保健所も手が回らなかった状態であったことは確かです。そこで一昔前に街中を歩いていた犬はどうなってしまったのか、疑問に思いますよね。

1980年代~2000年代にかけて、保健所で行われた犬の殺処分数が非常に多かったことをご存知でしょうか。このほとんどが野良犬だと考えられているため、殺処分により野良犬の数が減少したものと考えられます。

3.室内飼いの家が増えたから

伸びをしている犬

野良犬が減少した理由は保健所の保護活動だけではありません。野良犬の定義の中でもあったとおり、野良犬の中には飼い犬であったけれど、何らかの事情により飼い主が手放してしまったことにより、野良犬化してしまうケースも多かったのです。

これは一昔前まで室内飼いよりも屋外で飼うという方法が一般的だったためです。意図的に手を離したのではなく、雷の音に驚くなどきっかけがあり、自ら犬が逃げ出してしまい、飼い主と再会できずにそのまま野良犬となってしまうケースも多々ありました。

しかし、現在では室内飼いが一般的となっているため、家から逃げ出してしまう犬が減少しました。これにより飼い犬が野良犬化してしまうケースが減少し、結果野良犬が減少したことに繋がっています。

4.勝手に繁殖してしまう現象が減っている

これは結果論ですが、野良犬が減少したということは、野良犬同士で交配し、新たな命を生んでしまい、野良犬が増加してしまうという現象が抑えられていることも影響しています。

ここまでにもお話ししてきたとおり、一昔前までは野良犬が非常に多く、その野良犬の間で子どもを作ってしまい、さらに野良犬を増やしてしまうと現象が多発していました。

しかし、野良犬自体が減少した今、野良犬間で新しい子どもを作ることがなくなったため、新たな野良犬が生まれる数が一気に減少したのです。この理由により徐々に野良犬の数が減っています。

まとめ

犬を抱っこする女性

今回お話ししたような理由により、近年では野良犬を見ることが少なくなりました。しかし、野良犬がいなくなったからといって殺処分がなくなったわけではありません。悲しいことに現在も飼育を放棄してしまう飼い主がいるため、保健所で引き取られ、殺処分されてしまう犬が後を絶たないのです。

まずは根本的に飼い主が飼い主の自覚を持つ、最後まで責任を持つという基本的なことから正していかなければ、野良犬はいなくなっても殺処分はなくならないのです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 そらまめ

    確かに野良犬見なくなりました。昔私が子供の頃は野良犬に追いかけられたり(田舎だったもので)、家犬も繋がれていなくて町内を行き来していたりということがありました。今では犬がひとりで歩いていたらまず保護しなくちゃ、と思っちゃいますよね。どこからか逃げて来たのかも、と。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。