アボカドは犬にNGだけど、ドッグフードに使われているのはなぜ?

【獣医師監修】アボカドは犬にNGだけど、ドッグフードに使われているのはなぜ?

アボカドは犬に与えてはいけない食べ物のリストには常に名前があがっています。でもアボカドを使っていることをアピールしているドッグフードもありますよね。その理由をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にアボカドは危険?ではアボカドを使ったドッグフードは?

アボカド

一般的にアボカドは犬に与えてはいけない食べ物として知られています。アボカドにはペルシンという物質が含まれていて、人間に対してはほとんど無毒なのですが、代謝や消化の仕組みが違う動物にとっては毒になる場合があります。

アボカドについて多くの人が疑問に思っている点をご紹介します。

アボカドをペットに与えると危険な理由はペルシン

犬と危険な食べ物

アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)の毒物管理センターでは動物にとって有毒な植物のリストを作って公表しており、アボカドは有毒のリストに入っています。

ただし特に重い症状が出るのは、馬、牛、羊、ウサギなどの草食動物と鳥類で、犬や猫の場合は胃がむかつくなど軽度の症状が出ると言われています。

これらの症状の原因はペルシンと呼ばれる物質です。ペルシンはアボカドの葉、種、樹皮に多く含まれます。果実では皮に多いのですが、果肉にも少量含まれます。

またペルシンはガテマラ種とメキシコ種という品種に特に多く含まれています。一般に市場に出回っているアボカドのほとんどはこの2種またはこの2種のミックス種なので、アボカドをペットに与えるのはやめましょうと言われているんですね。

アボカドの毒性ペルシンとは別の危険

気分の悪そうなブルドッグ

ASPCAの毒物管理センターでは、一般の人からの電話相談を受け付けており、犬や猫がアボカドを食べてしまったという問い合わせは年間に何百件もあるそうです。そのうちの果実のみを食べたという場合は、胃がむかついている感じや翌日の下痢という程度だということです。

これはペルシンの影響も考えられるのですが、それよりも多く起こっていると考えられるのはアボカドの脂肪分によるむかつきや下痢だそうです。

何しろ「森のバター」という異名を持つ果物ですから、その脂肪分の多さは群を抜きます。一度にたくさんの脂肪分を摂ることで膵臓に負担がかかることもありますので、もしも犬がアボカドを大量に食べてしまった場合は病院で診察を受けましょう。

さらに深刻なのは種を飲み込んでしまった場合で、これは毒物というより喉や腸に詰まるなど物理的に危険な状態になります。噛み砕いた場合はペルシンの影響が心配になりますので、アボカドの種を犬の目につくところに放置しないということに、より注意して欲しいと呼びかけています。

ではアボカドを使ったドッグフードは?

子犬とドッグフードのボウル

アボカドをドッグフードの原料に使っているメーカーは、その栄養価の高さに注目しています。良質の脂肪分や抗酸化物質、ビタミンA、C、Eなどは確かにアボカドの魅力で、犬や猫の被毛や皮膚の健康に良いと言われています。

アボカドをペットフードに使う場合、メーカーはペルシンの含有量の少ない品種の果肉だけに限定し、さらにペルシンの量は常にモニターしています。

このような厳密な管理は一般家庭では難しいためアボカドそのものを与えるのは止めた方が良いけれど、メーカーが作ったアボカド入りドッグフードを規定の給餌量与えるのはOKということですね。

ただし、獣医師によっては子犬や老犬にはアボカドを使ったフードは控えた方が良いという意見もあります。「念には念を入れて」ということですね。

まとめ

舌を出した犬

アボカドをペットに与えない方が良い理由と、ドッグフードに使われている理由の両方をご紹介しました。

一般に市販されているアボカドのほとんどはペルシンという毒性のある物質を多く含む品種であることや、そのまま食べた場合の脂肪分の多さから、家庭でアボカドを与えるのは止めておきましょうということです。

また料理をした時に、果肉の残っている皮や種をうっかり落としたり、犬がゴミをあさったりすることのないようにくれぐれも気を付けましょう。犬が誤飲した場合、重い症状になる可能性がうんと高くなります。

アボカドを原材料に使ったドッグフードはメーカーが厳密に管理して作っているものなので安心なものです。ただし、どんなフードでも犬によって合う合わないがありますので、飼い主さんが安心して与えられるものを選んであげてくださいね。

《参考》
https://www.aspca.org/pet-care/animal-poison-control/toxic-and-non-toxic-plants/avocado
https://www.avodermnatural.com/about/why-avocados

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。