知ってた?犬にも「つむじ」がある!

知ってた?犬にも「つむじ」がある!

意外かもしれませんが、頭・お尻・マズルなど、犬にもつむじがあるんです!みなさんの愛犬にもつむじがありますか?ぜひ探してみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬にもつむじがある!?

笑顔のポメラニアン

人の頭にはつむじがありますが、犬にもつむじがあるってご存知ですか?
犬の場合、全身が被毛で被われているため、頭だけではなくカラダ全身のどこにつむじがあるか探してみなければわかりません。

頭につむじがある犬もいますし、お尻につむじがある犬もいますし、マズルにつむじがある犬もいます。全身のどこにつむじがあるか、みなさんも愛犬のつむじを探してみてはいかがでしょうか。

私は愛犬のつむじを発見し、ちょっとだけ“クスっ”と笑ってしまいましたが、犬のつむじってとても可愛いです。

「つむじ」は、漢字で「旋毛」と書きます

旋毛は、“つむじ”や“せんもう”と読みますが、人の場合は頭部の毛髪が放散するように渦を巻いている部分のことをつむじと呼んでいます。

右に渦を巻いているつむじと左に渦を巻いているつむじがあります。これは犬の場合も同じように、被毛が放散するように渦を巻いている部分のことをつむじと言い、右に渦を巻いているつむじと左に渦を巻いているつむじがあります。

また、つむじは人や犬だけではなく、多くの動物にみられます。しかし、全ての動物につむじがあるわけではなく、犬の場合も、つむじのある犬もいれば、つむじのない犬もいます。

犬のつむじはよーく探してみなければ見つからないことが多いですが、実は目立たないだけでつむじを持つ犬も多いのではないでしょうか。

愛犬のつむじを発見した経緯

犬の被毛

うちの愛犬ポメラニアンの女の子には、お尻に2つのつむじがあります。お尻周りの汚れ防止策として、お尻周りの被毛を短くカットしているのですが、そのことをきっかけにお尻のつむじを発見しました。

長毛なのでロングの状態では発見することができなかったのですが、短くカットしたことで発見し、犬にもつむじがあることを知りました。

最初はただの癖毛かなと思っていたのですが、被毛が放散するように渦を巻いているため、“これが犬のつむじなのか…”と思ったのです。

犬のつむじを目立たなくすることはできる?

ダックスフンドのお尻

お尻周りの被毛を短くカットしたことをきっかけに愛犬のつむじを発見しましたが、何となく格好が悪いかなと思い、トリマーさんに相談したところ、つむじが目立たなくなるようにカットしてもらうことができました。

バリカンでは目立ってしまうかもしれないけれど、ハサミで少しずつ調整しながらカットすることで、つむじが目立たないようにすることは可能だとおっしゃっていました。格好が悪いかなと思っていたお尻のつむじですが、最近は可愛いなと思うようになりました。

つむじが多い犬種は?

つむじが多い犬種はいるのかなと調べてみたのですが、つむじの有無や数は犬種との関係性はないのではないかと思います。

調べていて気付いたのは“お尻につむじがある犬が多い”ということです。お尻につむじがある子のほとんどが2つのつむじを持っていました。

うちの愛犬にも当てはまるので少し驚きました。とくに短毛犬の場合はお尻の左右にハッキリとしたつむじを持つ犬が多いようです。

うちの愛犬ポメラニアンの場合は長毛なのでつむじを隠すことができますが、短毛犬の場合はつむじが目立ってしまいますね。それほど気にすることではありませんし、チャームポイントにもなりますし、とても可愛らしいと思います。

まとめ

犬の手と人の手

“犬にもつむじがある!”

みなさんはご存知だったでしょうか。みなさんの愛犬にもつむじがあるでしょうか。気になった方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに、うちの愛犬ミックス犬の男の子は、右ワキの横に大きめのつむじがあります。何でこんなところに!?と笑ってしまいましたが、よーく探してみなければ発見できなかったつむじなので、ちょっと嬉しくなりましたよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。