犬の消化不良の症状や原因と対処法

【獣医師監修】犬の消化不良の症状や原因と対処法

お気に入りに追加

愛犬が最近、嘔吐や下痢をよくしていると感じたことはありませんか?実は消化不良を起こしているのかもしれません。犬の消化不良は様々な原因によって対処法が変わります。ここでは犬の消化不良の説明をしたいと思います。

13466view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の消化不良の原因

毛布にくるまって寝ている犬

犬の消化不良の原因は以下のような原因が挙げられます。

  • 食事が合わない
  • 食べ過ぎ
  • 食べてはいけない物を食べた
  • ストレス
  • 病気によるもの

多くは、原因を突き止めて対処することで消化不良が治まります。しかし対処しても一向に回復せず、ぐったりとして悪化する場合は、何か他の病気も疑われるため、ただちに病院で検査することをお勧めします。

犬の消化不良の症状

女医とジャックラッセル

犬の消化不良の症状は主に嘔吐と下痢がみられます。

嘔吐

消化不良の場合は、食べた物が原形をとどめる、または未消化の状態で吐き出します。吐物に血が混じっていたり、黒い塊のようなものがあったりする場合は、内臓で何らかの炎症や出血が起きている可能性があるため、ただちに病院へ電話をして受診しましょう。

嘔吐時の愛犬の様子や、どんなものを吐いたかを獣医師に詳しく伝えると、診察がスムーズに進みます。写真を撮ったり、袋に入れて見せたりするのも良いでしょう。

また健康な犬でも、黄色い泡や胃液のようなものを吐くことがあります。これはお腹が空いている時によくみられますので、ご飯をあげて様子を伺いましょう。

下痢

食事後間近に下痢をして、回数や量が多いと消化不良の可能性があります。少々柔らかい程度であればしばらく様子を見ても良いのですが、ティッシュで掴めない、または水っぽく原形をとどめていない便や、血が混じっている場合には、ただちに受診しましょう。

お腹が痛いと排便時にお腹を丸め、触ると嫌がったり痛さから噛み付いたりする場合もあるため、抱っこする際には注意して下さい。下痢をしている場合は、必ず便検査が行なわれるので、少量の便を持って行き、獣医師さんに見せるのも良いですね。

犬の消化不良の対処法

ドッグフードに顎をのせている犬

食事

お腹の弱い、またはアレルギーを持つ愛犬には、フードを変えると治まる可能性もあります。病院、ペットショップなどでアレルギー専用のフードや消化の良いフードが売られており、獣医師と相談して少しずつ愛犬に合ったフードを探しましょう。

一度に多く食べてしまうと嘔吐や下痢を引き起こすことがあるため、最初は少量を数回に分けて与え、お湯でふやかして与えると食べやすくなります。食べ過ぎを予防するには、愛犬の体重から目安となる量を計算して与えましょう。

獣医師に聞く、またはフードが入っている袋の裏に大体の目安が表示されていますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

犬に与えてはいけないもの

  • タマネギやニラ、らっきょう類
  • チョコレートやカカオ
  • 干しぶどうやレーズン
  • ナッツ類

これらはよく耳にしますが、中毒を起こして最悪の場合死に至ります。またキシリトールやアボカドも毒性があるため、犬に与えてはいけません。アルコール類ももちろん危険です。

犬のストレス

人間と同じく、犬もストレスによって消化不良を起こす場合もあります。病院へ行く、トリミング、ペットホテルに預けたなどの要因があります。また、飼い主の留守、運動不足などの環境的な要因もストレスになりますので、なるべく愛犬とのコミュニケーションとって、遊んであげると落ち着く可能性もあります。

犬の病気が原因の消化不良

頭に氷嚢をのせて伏せている犬

膵炎

膵臓から分泌される膵液で炎症を起こし、自ら消化してしまう病気です。中~高齢犬の雌に比較的多くみられます。

  • ヨークシャテリア
  • プードル
  • アメリカンコッカースパニエル

などのテリアが好発犬種だといわれています。膵炎は急性膵炎と慢性膵炎の2つに分けられ、急性膵炎は嘔吐や下痢、腹痛などがみられます。重症になるとショック症状を引き起こし、死に至ることもあります。

慢性膵炎では、急性膵炎と似た比較的軽い症状がみられますが、長期間続くこともあります。治療として点滴や抗生物質の投与を行い、症状に合わせて制吐剤や鎮痛剤なども投薬されます。

また、主な原因として肥満を伴う高脂肪のご飯やおやつが考えられているため、食事管理を徹底し、適度な運動で予防することが有効的です。

まとめ

診察を受けているラブラドール

犬にとって便や嘔吐物は、重要な健康チェックの一つと言えます。季節や環境にも左右されますが、愛犬の様子がいつもと違うと感じたら、大きな病気になる前に受診しましょう。

膵炎以外にも消化不良がみられる病気は多くありますが、早期発見によって治療法や期間が変わってきますので、毎日健康チェックは欠かさず見てあげて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。