ウェルシュテリアの特徴や歴史、飼い方

ウェルシュテリアの特徴や歴史、飼い方

お気に入りに追加

この記事ではウェルシュテリアについて深く掘り下げていきます。ウェルシュテリアが、テリアの中でもどのような特徴や魅力があるのかを伝えることで、少しでも多くの方にウェルシュテリアのことを知っていただきたいと思います。

3061view

ウェルシュテリアの特徴

草むらにいる青い首輪のウェルシュテリア

ウェルシュテリアの体高はオスが35〜38cm、メスが33〜36cm、体重はオスが9〜10kg、メスも8〜9kgほどです。寿命は14年前後は平均だと言われています。

ウェルシュテリアの大きな特徴として挙げられるのは、長い顔や垂れ耳、長い足です。かなりバランスの良い犬種と言われています。

毛色はブラック&タンの組合わせが最も多く、良いと言われています。毛はワイヤーの巻き毛が特徴です。また、エアデール・テリアという犬種によく似ており、この犬種の小型犬と間違える方も少なくないようです。

その理由として、ウェルシュテリアに他犬種を掛け合わせる際、エアデール・テリアがその犬種の中の一種だった、という歴史が主力なものとして考えられています。

ウェルシュテリアの性格

雪の上に立つウェルシュテリア

ウェルシュテリアの性格は、テリア気質が強い犬種だと言われています。そのため、ウェルシュテリアはとにかく活発で遊ぶことが大好きです。それに加え好奇心も旺盛で、感受性も非常に豊かな犬種です。しかしその反面気も強く、頑固で負けず嫌いな部分も目立ちます。

とても人間らしい性格の持ち主、とも言えるのではないでしょうか。他のテリアとの違いとしては、他のテリアよりも実は穏やかで落ち着きもある犬種である、という点が挙げられます。そのため、室内犬の候補として十分おすすめできる犬種なのです。

ウェルシュテリアの歴史

2頭並んだウェルシュテリア

実はウェルシュテリアの17世紀以前の起源は不確かです。そのため、ここでは有力なウェルシュテリアのルーツを中心にお伝えしていきたいと思います。

ウェルシュテリアは1760年にイギリスにある北ウェールズ地方で生まれた犬種であると考えられています。ウェルシュテリアという名前も、ウェールズ地方から付けられています。

また、ブラック・アンド・タン・テリアなどが祖先の犬種だと考えられており、カワウソ狩りやキツネ狩り、アナグマ狩りなど小獣猟犬として人間とともに生き、活躍をしてきました。

しかし、イギリス犬種協会がウェルシュテリアを犬種として公認するまでには少し変わった経緯があります。当時イギリスには、既にウェルシュテリアと見分けがつかないほどに似ている犬種が存在していました。

そのためドッグショーに参加する際、見分けがつかないことやニ部門に出ることができる背景から様々な混乱を呼んだと言われています。

そこでケネルクラブは1886年に"ウェルシュテリア"という単独の犬種を設け、区別を明確なものにし、ウェルシュテリアという犬種の本当の歴史が始まりました。

その後に繁殖家たちが血統を掛け合わせて改良しようとする動きも見られましたが、現在では家庭犬としても、猟犬としても愛される犬種にまでたどり着きました。

ウェルシュテリアの飼い方

白い椅子の寝そべるウェルシュテリア

家族にとても愛情深いウェルシュテリアですが、家族以外の見知らぬ人や動物に対して強い警戒心を抱き、攻撃的になる場合もあります。そのため、多頭飼いにウェルシュテリアはあまりおすすめできません。しかし人間の子供への愛情は人一倍強く、子供の荒っぽい遊びにも快く付き合ってくれます。

運動に関してですが、見かけからは想像できないほどにウェルシュテリアは筋肉質です。そのため散歩はもちろんのこと、泳ぐことや穴を掘ることも大好きです。

愛犬と一緒にたくさん遊びたい飼い主さんには、とってもおすすめしたい犬種です。ただ力が強いので、お子さんに散歩を頼む際は十分に気をつけてあげましょう。また、暑さや寒さに弱い犬種ですので、温度管理は怠らずにしてあげてください。

ウェルシュテリアを飼う上で意識してほしいこと

ずばり、散歩の際にウェルシュテリアに主導権を握らせないことです。この点においては他犬種も同様なのですが、ウェルシュテリアは特に負けん気も強く頑固な面が強く出ることがあります。

狩猟犬としての本能もありますので、しっかりと子犬の間にしつけをすることが大切になってきます。しつけがしっかりされていない場合は、ドッグランなどでリードを外して遊ぶこともおすすめできません。

ウェルシュテリアのためにも、是非子犬の頃から基本的なしつけを行い、他犬種や家族以外の人と関わらせて社会性を身につけさせてください。

まとめ

赤いブランケットで寝るウェルシュテリア

ここまでウェルシュテリアについて深くお伝えしてきました。いざ一緒に過ごすとなったときにしつけが大変なのでは、と感じた方もいらっしゃると思いますが難易度自体は低い犬種だと思います。

もちろん上記で述べてきたように頑固さは少し目立つ犬種ですが、飼い主がしっかりと子犬の頃からしつけをすることで、ウェルシュテリアの魅力である、誰にも負けない家族に対しての愛情深さが光ります。

是非他のテリアにはない、ウェルシュテリアだけが持っている魅力を最大限に引き出し愛情を与え合いながら過ごしてくださいね。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。