犬におせんべいをあげてもいいの?実は危険なことも!

【獣医師監修】犬におせんべいをあげてもいいの?実は危険なことも!

犬は飼い主の食べているせんべいなどのお菓子をおねだりすることがあります。おねだりする仕草が可愛いから「少しはいいかな」と、気軽にせんべいなどのお菓子をあげてしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、実はそれには犬の健康に関わる大きな問題があるのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

なぜ犬におせんべいを与えることが危険なのか

いろいろな種類のせんべい

犬にとってはせんべいそのものというよりも、せんべいに含まれる食材や、消化、誤飲の問題など二次的な要因が危険といえます。それらは思わぬ事故を引き起こしたり、病気の原因になったり、ずっとあげ続けてしまうと犬の寿命を短くしたりすることがあります。

犬にはせんべいに含まれる食材「刺激物、塩分」が危険!

塩

犬は人間の3分の1ぐらいしか食塩は取ってはいけないとされています。当然ながら、人間とは塩分の摂取量が異なるので、人に食べ物、つまり人間用のせんべいでは塩分過多となり、様々な悪影響が出てしまいます。

例として塩分の取り過ぎは心臓、腎臓への負担、高血圧などの原因となります。また、犬は塩分を感じる舌を持っていないため、自分でコントロールができないので際限なく摂取してしまいます。刺激物に関してはこしょう、しょうゆ、わさび、とうがらしなどが含まれるせんべいも胃に負担となり、内臓にもよくありません。

犬にお砂糖の入っているおせんべいはあげないで!

砂糖

塩分過多が犬にとってよくないのは分かりましたが、では砂糖などがまぶしてあるタイプのおせんべいはどうなのでしょうか。

犬にとって砂糖は全て害があるとは言えず、ドッグフードにも必要な量はある程度含まれていますが、人間の食べ物ではやはり含有量が多く、犬にとっては糖尿病、肥満、歯周病などの原因になる場合があります。

歯の病気は歯の問題だけでなく内臓にも影響を及ぼします。結果として短命になる可能性もあります。犬にはお菓子でも必ず犬用に作られたものを与えましょう。

その他のおせんべいに含まれる犬に与えない方がいい食材

果物がトッピングされたお菓子

その他のせんべいにトッピングされていることがある犬に与えない方がいい食材としては、チーズ、ピーナッツ、マカデミアナッツ、生の豆、ゴマなどがあります。

まず、チーズは場合によってはかゆみ、発赤、脱毛、下痢、おう吐などを引き起こす可能性があり、ピーナッツは肥満、糖尿病、腎臓病、泌尿器系の病気、結石などの原因になることがあります。

マカデミアナッツは原因についてよく分かっていないのですが、おう吐、高熱、筋硬直、震え、心拍数の増加などを引き起こすことがあるとされています。ゴマは有害ではありませんが、食べることでアレルギーを引き起こすことがあるので注意しましょう。

まとめ

おやつをもらっている犬

いかがでしたか?犬に人間のおせんべいをあげても中毒などになるケースは少ないようですが、それでも病気の原因や誤飲、消化不良などを引き起こしかねないため、やはり与えるべきではないでしょう。犬におせんべいをあげたいときは犬用の安全なものをあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。