犬は明るいところと暗いところ、どっちが好きなの?

犬は明るいところと暗いところ、どっちが好きなの?

犬は、野生として穴居生活を送っていた頃の名残りや習性によって、薄暗い場所や暗い場所を好みます。さらに、それが狭い場所であれば、より安心して過ごすことができます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の習性から分かる、暗い場所や狭い場所が好きな理由

街の明かりとエントレブッハーマウンテンドッグ

明るい場所と暗い場所、犬が好きなのは「暗い場所」です。明るい場所が嫌いだということではなく、薄暗い場所や暗い場所が好きな理由は犬の習性にあります。

犬は、もともと夜行性でした。そのため、明るい場所よりも薄暗い場所や暗い場所が好きなのです。そして、犬が人間と暮らすようになるずっと昔、野生として暮らしていた頃は、穴ぐらを寝床とし、群れの仲間と一緒に穴居生活を送っていたのです。

このようなことから、犬は薄暗い場所や暗い場所が好きなのです。

犬がキレイ好きな理由

穴居生活を送っていた犬は、薄暗い場所や暗い場所が好きなだけではなく、とってもキレイ好きです。穴ぐらを寝床としていた頃、寝床を清潔に保つため、トイレは穴ぐらの外にしに行っていたからです。その習性は人間と一緒に室内で暮らすようになった今でも受け継がれており、自分の寝床では決してトイレをしないという犬もいます。

日本では、室内でトイレをさせるということが常識化しており、外でトイレをさせる飼い主に対して批判的な声も多いですよね。老犬になったときや介護が必要になったときのためにも、室内でトイレができるようにトレーニングしておくべきだ、という考えも強くなっています。

しかし、これは日本の常識であり、動物愛護の先進国であるヨーロッパ諸国では、室内でトイレをさせるという考えを持っていません。犬の習性を守っているということなのではないでしょうか。

犬は暗くて狭い場所が好き

ケージの中のポメラニアン

狭いケージの中やクレートの中に入れておくのは可哀想だ、と思われる方もいらっしゃるでしょうか。ケージやクレートは犬がのんびり過ごせるように少し大きめのものが良いのではないか、と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、もともと夜行性で穴居生活を送っていた習性が受け継がれている犬にとって、カラダを休める場所や眠る場所は暗くて狭い場所が落ち着くんです。カラダが触れるくらい狭い場所でも構いません。

ケージの中でお留守番をする際などは、クレートを寝床として置いてあげたり、カラダにぴったり合うくらいのサイズのベッドを置いてあげたりすると良いと思います。

物を集めることが好きな理由

飼い主の靴を寝床にたくさん運んできたり、お気に入りのおもちゃをケージの隅に隠したり、お散歩中に木の枝を見つけては家に持ち帰ったりなど、物を集めることが好きな犬がいますよね。それもまた、穴居生活を送っていた頃の名残りであるとされています。

穴を掘ることが好きな理由

穴を掘ることが好きな犬がいますが、これもまた、穴居生活を送っていた頃の名残りです。食べ物を隠したり、集めてきた物を隠したりするために穴を掘っていたのです。夏の暑い日には、土に穴を掘ることで、ひんやりとして土の感触を使ってカラダを冷やしていました。

動くものを追いかけてしまう理由

肉食で、仲間と一緒に獲物を狩っていた頃の名残りによるものです。逃げる野良猫を追いかけてしまったり、走る子供を追いかけてしまったりする犬がいますよね。逃げる獲物を狩っていた頃の野生の本能そのものなのです。

愛犬が動くものを追いかけてしまったことで飼い主さんがリードを手放してしまった、という話をよく耳にします。事故に繋がってしまうとても危険なことですので、犬の習性であることを理解し、十分に注意しましょう。

まとめ

笑顔のレトリーバー

犬の習性を知ると、なぜ薄暗い場所や暗い場所が好きなのか、なぜ穴を掘ったり動くものを追いかけてしまうのかなど、意外な理由を知ることもできます。

また、犬の習性を知ることで、犬が快適に暮らすための環境を与えてあげるきかっけにもなるのではないでしょうか。お留守番が苦手な犬には、狭くて暗い寝床を与えてあげることで安心できるかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。