犬に人間用のお菓子を与えるのはNG!理由と食べてしまった時の対処法

【獣医師監修】犬に人間用のお菓子を与えるのはNG!理由と食べてしまった時の対処法

お気に入りに追加

お菓子を食べていたら、愛犬が物欲しそうに可愛くおねだりしてくることはありませんか。つい、その可愛さに負けてお菓子を与えたくなる気持ちも分かります…しかし、人間用のお菓子を犬に与えるのは絶対にNGですよ!

10818view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

人間用のお菓子を与えてはいけない理由

鼻にマカロンを乗せる犬

おやつを食べていたら、犬が寄ってきておねだりしてくること、ありますよね。その可愛い姿に、少しだけなら…とおやつを与えてしまう方がいますが、これは絶対にNGです。何が問題なのか、改めて考えてみましょう。

消化酵素が異なる

まず第一に認識しておかなければならなのが、動物によって消化酵素が異なるということ。消化酵素が異なるということは、動物によって消化できる食べ物が異なるということ。つまり、食べ物によっては毒になる可能性があるということです。

例えば、人間にはあって、犬にはない消化酵素である「唾液に含まれるアミラーゼ」。唾液に含まれるアミラーゼはデンプンを分解する消化酵素ですが、犬はこのアミラーゼをあまり持っていないため、デンプン(アルファ化デンプンを除く)を含む食事を食べ続けることで、犬は消化不良を起こしてしまいます。

このように人間と犬は元々の身体の構造が異なりますので、安易に人間の食べ物を与えることは毒になる可能性があるのです。

必要な栄養素が異なる

消化酵素が異なるように、人間と犬は必要な栄養素も異なります。これはそもそもの身体の作りが違うためです。

例えば、人間の主食は炭水化物ですが、犬の主食はタンパク質です。人間には体内で作り出すことができないビタミンCについても、犬は体内で合成できるため、摂取する必要がありません。逆にカルシムについては、犬は人間の14倍の量が必要だといわれています。

その他、犬に必要な塩分は人間の1/3程だといわれていますが、人間の食事には塩分が多く含まれていますので、それらの栄養素を人間ほど必要としない犬が同じ量摂取してしまうと過剰摂取となってしまいます。これらの不要な成分を過剰摂取してしまうことにより、「心臓疾患」「腎臓疾患」「皮膚の痒み」といったような健康被害を受けることになるのです。

このように、人間と犬とではそもそもの必要とする栄養素やその割合に大きな違いがあるため、人間の食べ物を与えることは推奨されないどころか、健康を害する可能性があるのです。

絶対NGなお菓子

ドーナツを食べたがる犬

消化酵素や必要な栄養の違いについて、ご紹介しましたが、犬にとって「毒」となってしまうお菓子があります。

  • カカオ、チョコレート
  • キシリトール
  • マカダミアナッツ
  • ネギ、玉ねぎが含まれたお菓子
  • 魚介類、甲殻類が含まれたお菓子

人間のお菓子には、これらの成分が含まれてる製品が数多くありますが、犬が口にすることで中毒症を起こして、最悪の場合は死を迎えてしまう可能性があります。どれも犬の体に不必要であったり、分解できない成分が入っているものです。

また、これら以外の人間のお菓子も、長期間取り続けることで塩分や糖分過多になる可能性や、ガムなどは喉や腸に詰まらせる場合もあります。やはり人間のお菓子は犬には与えないようにしてましょう。

人間用お菓子を食べてしまった時の対処法

クッキーを食べようとする犬

犬が人間用のお菓子を食べてしまった場合、カカオや玉ねぎといった「毒」となる成分が入っていなければ、即座に健康被害が出ることはありません。しかし、万が一、毒となる成分が入ったお菓子を食べてしまった場合、かかりつけの動物病院へ相談をしましょう。嘔吐や下痢などの中毒症状が出ていないかも、よく様子を観察してください。犬の体は人間よりもはるかに小さいです。少しだからと思って与えた量が犬にとっては健康を害す量の可能性もありますので、油断は禁物です。

また、ガムなどは犬の喉や腸を詰まらせる可能性があります。これらを食べた場合も、様子を見ながら動物病院へ相談しましょう。小さな犬の場合、腸閉塞を起こして手術となる可能性もあります。

なお、即座に症状が出ないとしても、長期的な人間のおやつの摂取で肥満や糖尿病、内臓疾患を引き起こしてしまう場合もあります。もし、頻繁に人間のおやつを与えているようであれば、即座にやめるようにしてくださいね。

まとめ

犬用ビスケットを貰う犬

お菓子を欲しがっているのを見ると、つい一口だけ…とあげたくなる気持ちも分かります。しかし、短期的に見ても、長期的に見ても、犬に人間用のお菓子を与えることにメリットは一つもありません。愛しているからこそ、ぐっと我慢して、犬には犬用のお菓子を与えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。