愛犬が死んだらやるべき3つのこと

10726view

愛犬が死んだらやるべき3つのこと

ある日突然、愛犬が急死してしまった場合に、何をしたらよいか分からず困ったときにはこの記事を思い出してください。愛犬が死んだときにやるべきことを分かりやすくまとめました。どんなに愛情をもって接しても、どんなに動物病院で健康診断を受信しても、愛犬との別れは必ずやってきます。そしてそれは、突然やってくることもあります。考えたくない事ですが、犬を飼育していく上で犬が死んだときの対処の仕方をあらかじめ知っておくことは、いつか必ず役に立ちます。

(1)愛犬が死んだらまずは遺体を安置する

愛犬の遺影

愛犬が死んだら、葬儀をするにしても、しないにしても遺体を安置しておく必要があります。

まずは、以下のものを用意します。

用意するもの

  • 棺(箱状のもの、木製、段ボール箱などある程度の強度があれば使用可能)
  • タオル(2~3枚程度)、バスタオル
  • ガーゼ
  • ドライアイス、保冷剤

犬の大きさに合わせたものを用意し、段ボールの場合は移動する際に底が抜けない強度があるか確認します。

タオル、バスタオル

棺の中で使う敷き布団と掛け布団のかわりとなるタオルを用意します。遺体の各所から体液が出てくる場合がありますので箱から染み出ないように、なるべく余裕をもって敷きます。タオルが用意できない場合は、新聞紙でも代用できます。

また、犬が死ぬと体温が下がり、もしもノミやダニが寄生していた場合には、外に出てくることがありますのでバスタオルなどを掛けてあげると良いです。

ガーゼ

口や肛門からの体液が気になる場合はガーゼや脱脂綿を詰めます。

ドライアイス、保冷剤

ドライアイスがあれば最もよいですが、なかなか急に調達できるものではないため保冷剤を敷きます。保冷材は、ビニール袋を二重にして氷を詰めたものでも代用できます。

特に夏場は遺体の腐敗の進行を遅らせるために、愛犬が死んだらすぐに遺体を冷やすことがとても重要です。特に脇やお腹にあててタオルなどで固定します。ドライアイスを利用する際は、低温やけどに十分注意して取り扱ってください。

死後硬直が起こる前に、棺に収める

葬儀の棺

死後硬直は犬が死んでから2~3時間程度で急速に進行します。「手足→腹部→頭部」の順番で死後硬直は進行していきます。遺体を放置したままにしておくと、その状態のまま硬直してしまい棺や箱に収まらなくなってしまいますので、硬直が始まる前に前足と後ろ足をたたんであげましょう。

もしも、硬直後に足をたたむ場合は決して力任せに折り曲げず、一度関節を外側に向けてよく伸ばすイメージで足を引っ張り、間接を緩くしてからゆっくりと折り曲げるとスムーズにたたんであげることができます。

(2)愛犬が死んだら、次に葬儀の準備をする

お葬式のネクタイ

無事に棺に収めて安置することができたら、葬儀の準備をします。ペットの葬儀は、人間のようなしきたりがあるわけではないので、あくまでもご家族でどのように見送ってあげたいのか意向を決めることが大切です。

犬の葬儀にはどんな種類があるのでしょうか?

犬の葬儀の種類について

  • 自宅の庭に埋葬する
  • 行政に引取りを依頼
  • 訪問火葬業者に火葬を依頼
  • ペット霊園に依頼

自宅の庭に埋葬する

自宅の庭のお墓

自宅に広い庭がある場合は、愛犬が死んだらそのまま埋める方もいます。庭に埋める場合の注意点として深く穴を掘らないと寄生虫の発生や臭いの原因に悩まされてしまうことになりかねません。

また遺体が完全に骨化するまでの期間は土壌や日当たりなどの条件により大きくかわり、条件が悪いと骨化までに長い年月が必要となる場合もあるので注意が必要です。また、ご自身の敷地以外の場所に埋める事は禁止されていますので、注意が必要です。
  

行政に引取りを依頼

お役所の人

行政に引取りを依頼しても地方自治体によってペットの遺体の取扱いは大きく異なります。愛犬が死んだら、まずは行政に依頼する事を考える飼い主の方は多いと思いますが、ほとんどの地方自治体ではあくまでも「遺体の焼却」としての引取りであるケースが多いです。この場合は、いわゆるゴミとして扱われてしまう場合もあります。

一方で、一部の地方自治体では「焼却」ではなく専用施設で「火葬」した上で、火葬後に遺骨を返してくれるところもありますので、なるべく費用を安価に抑えたい場合はお住まいの市町村がどのような取扱いを行っているのか、市役所に確認すると良いでしょう。

訪問火葬業者に火葬を依頼

愛犬の供養

訪問火葬業者はトラックやワゴン車に火葬炉を設置した移動火葬車で訪問し、自宅や空き地、河川敷などで火葬を行います。自宅に来てくれるので便利ですが、事務所などを構えていない訪問火葬業者もあり、事業開始に届出なども必要ないエリアも多く、移動火葬車があれば開業できるため、悪質な業者に当たってしまうリスクもあります。

特定の場所で営業をしているわけではないため、地域の口コミなどの評判を聞くことが難しく、万が一トラブルがあった際は泣き寝入りとなってしまうケースもあります。2010年には、訪問火葬業者が預かった遺体100匹が埼玉県飯能市の山中に不法投棄していたことが発覚した事件もあり、大きな社会問題となりました。

コールセンターで訪問火葬を手配してくれるサービスもありますが、どこのどんな評判の業者が来てくれるかわからない不透明さもあり、信頼できる業者かどうか慎重に選ぶ必要があります。

ペット霊園に依頼

霊園のお墓

若干費用は他の手段に比べて高くなりますが、「できるだけしっかりお別れをしてあげたい」、「家族みんなでお別れをしたい」という方などはペット霊園を利用するのがお勧めです。

ペット霊園には家族全員で立ち会えるお別れ室で簡単な葬儀をした後に、火葬し、そのままお骨上げまでする「個別立会い火葬」が一般的です。寺院が運営しているペット霊園ではお経をあげてくれるなど本格的な葬儀を行ってくれるペット霊園もあります。

手厚い葬儀をすることはペットのためだけでなく、愛犬が死んだことで憔悴した飼い主の方が気持ちを切り替えるひとつのきっかけとなり、飼い主の方が納得できる良い葬儀はご自身や家族の心のケアにもなります。

地域のペットオーナーやかかりつけの動物病院から評判のいいペット霊園を紹介してもらうこともできるなど、比較的良い葬儀につなげやすいです。費用が気になる場合は家でしっかりお別れをした後、信頼できるペット霊園で他家のペットと合同火葬という形でお願いすることで費用を抑えることができるペット霊園もあります。

ただし、合同火葬を選択された場合は、他家のペットの遺骨と混ざってしまうため、遺骨を返してもらうことはできませんので、その点は注意が必要です。宗派などの対応についても柔軟に対応してくれる霊園がほとんどですので相談してみてください。

安心できるペット葬儀場の探し方

天使の姿をした犬

上でも触れた通り、悪質なペット火葬業者もいるため、「安いから」という理由だけで火葬業者を選択するのはおすすめできません。とは言え、沢山のペット火葬業者の中から情報を調べあげ、本当に安心できるペット火葬業者を探すのは骨の折れる作業です。

まして最愛のペットが亡くなった直後には時間も体力も余裕がない飼い主さんがほとんどかと思います。ですので、あまり考えたくないことではありますが、ペットが亡くなってしまう前からある程度は情報収集を行い、安心できる場所を見つけておくことが大切です。

また、安心なペット葬儀屋さんを探すのにおすすめなのが「メモリアルなび」というサイトです。

メモリアルなびは、ペット業界最大手の「イオンペット」さんが運営している、ペットの葬儀場や霊園が探せるサイトです。紹介している葬儀場や霊園は、全てイオンペットさんが実際に足を運ぶことで審査を行い、一定の基準をクリアした葬儀場・霊園だけを掲載しているそうです。

きちんと審査を行っている分、掲載している葬儀場・霊園の数はまだ少ないようですが、お近くにメモリアルなび認定の葬儀場や霊園がないか?事前にチェックしておくと良いでしょう。

火葬後の供養について

お参りをしている人

愛犬が死んだら、様々な葬儀の選択肢がありますが、遺骨を返してもらった場合には、その後どのように供養するかについても考える必要があります。

一つは、手元供養といって骨壺(こつつぼ)に納めて自宅に連れ帰り供養する方法があります。また、ペット霊園によっては、人間のお墓のような墓苑(ぼえん)を利用できる場合もありますし、多くのペット霊園では納骨堂を備えており納骨堂で供養する事もできます。

また、合祀墓(ごうしぼ)といって他家のペットの遺骨と一緒に合同で供養する墓を備えているペット霊園も多く、後悔しない為にはどういった供養方法が良いか、家族で話し合っておくことも大切です。

遺骨についても、骨壺に納めて供養するだけでなく、パウダー加工してペンダントロケットに納めて身に着けたり、海洋散骨をしたり、中には宇宙散骨といったサービスもあります。

また、高温で石に成形したり、人造ダイヤモンドに加工したりするサービスもあります。ここでは詳しく触れられませんが愛犬が死んでしまっても、どういう形で供養し続けるかの選択肢は多くありますので、希望する供養方法について調べてみる事も良いのではないかと思います。

(3)愛犬が死んだら最後に自治体や役所に届け出る

役場

犬の死亡届の提出は飼い主の方の義務です

飼い犬が死亡してから、30日以内に死亡届をお住まいの市町村の役所に提出することが飼い主に義務付けられています。届出をしなかった場合は犬の登録が残ったままとなり、狂犬病予防法第27条に則り20万円以下の罰金に処せられる場合もありますので、必ず提出しましょう。

「鑑札」「狂犬病予防注射済票」についても併せて添付して提出が求められるか、死亡届のときに出せなかった場合は後日提出をお願いされることが多いです。提出の仕方は役所窓口での受付のほか、郵送で受付をしてくれる場合もあります。

愛犬が死んだらするべきことまとめ

夕焼けを背景にたたずむ犬

①遺体を安置する

  • 棺、若しくは代わりになるもの(強度があればダンボールでも可)を用意する
  • 体液が出てくることに備えてタオルをしっかり敷く
  • 涼しい場所に安置し保冷剤などを使い遺体を冷やして腐敗の進行を遅らせる

②葬儀の準備をする

  • 口コミなどの評判を確認する。万が一のトラブルのために訪問火葬の場合は所在地がはっきりした業者か確認する。
  • ペット霊園で家族全員が立ち会い、収骨もできる個別立会い火葬がおすすめ。
  • 弔いの儀式として良い葬儀をすることは死んでしまった愛犬のためだけでなく、自身や家族の落ち込んだ気持ちを切り替えるひとつのきっかけとして大切なこと
  • 葬儀後の供養方法については、様々な方法やサービスがあり、希望に添うものを探すことができます。

③自治体や役所に死亡届を提出する

  • 犬が死んだら30日以内に死亡届の提出をすることが義務付けられている(違反した場合、20万円以下の罰金となる場合もあります)

愛犬が亡くなったときのイメージ

いざ、愛犬が死んだら何をしたらよいかわからず戸惑う方がほとんどです。どうすればいいか、そのときに考えようとしても冷静な判断はなかなかできません。万が一のことを考えて、安心して任せることのできるペット霊園などを事前に知っておくことで、あわてずに対処することができます。

ペットを失うことでペットロスになる方も多いですが、信頼できるペット霊園でいい葬儀をすることで気持ちを切り替えることができて、新しいペットとの出会いに前向きになる方もとても多いです。

愛犬が元気なうちは考えたくないことですが、元気なうちから知っておくべきことがたくさんあります。いざというときに慌てないように、ペットが元気なうちからあらかじめお願いするペット霊園については決めておきたいですね。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい