部屋に染み付いた犬のニオイを消す方法と対策

部屋に染み付いた犬のニオイを消す方法と対策

お気に入りに追加

普段は気付かないけれど、ふと家に帰ってきた時に部屋が「犬くさい」ということはありませんか。来客がある時は特に気になるかもしれません。部屋に染み付いた犬のニオイを消す方法をご紹介です。

90123view

外出先から帰ってきた時、あれ…なんだか部屋が「犬くさい」とお困りの方も多いのではないでしょうか。特に来客がある時は部屋の犬のニオイが気になってしまいますよね。しかし、犬がいる家の中に芳香剤を置くのも気が引けます。また「くさい」ということは清潔な状態ではないとも言えます。犬にとっても衛生的な状態にしておきたいですよね。

今回は「部屋に染み付いた犬のニオイを消す方法と対策」についてご紹介します。

ニオイの原因

掃除機から逃げる犬

  • 犬の排泄物
  • 犬の体臭
  • 犬の口臭
  • 犬の体についた汚れ
  • 犬の肛門腺、皮膚病

部屋の犬のニオイは、うんちやおしっこなどの「犬の排泄物」と犬から発される「犬の体臭」が主な原因です。また、「犬の口臭」や「犬の体についた汚れ」が原因になっていることも考えられます。体臭の中には犬の肛門腺からの分泌液によるものや、皮膚病などの疾患からくるニオイもあります。

これらのニオイの原因が部屋中に染み付くことで「犬くさい」と感じることになるのです。

ニオイを消す方法

掃除道具を前に首をかしげる犬

布製品のニオイ消し

特に頑固にニオイがつくのが、カーペットやソファ、カーテンなどの布製品です。これらの布製品についたニオイは染み付くとなかなか取れないため、早めに対策を行う必要があります。

できれば「簡単に洗えるものを使う」ことが一番ですが、冬用の分厚いカーペットなどはしょっちゅう買いなおすわけにもいかないかもしれません。そこで普段のお手入れとしてニオイが気になる前に「除菌スプレー」を振りかけるようにしましょう。犬猫用の除菌スプレーが市販されていますので、それらをうまく使い分けてみてください。また、「重層」と「お酢」も頑固なニオイに効果を表します。これらを混ぜたものをスプレーとして振りかけた後、ふき取りを行ってください。重曹を振りまいた後にお酢をかけてもOKですが、その場合は最後にしっかりとふき取りを行い、重曹は掃除機などで吸い取ってくださいね。

フローリングや壁のニオイ消し

フローリングは布製品に比べたらニオイは付きづらいですが、フローリングに木目がある場合などは、その間に汚れが溜まってニオイがする場合があります。そのため掃除機だけでなく、除菌消臭効果のあるスプレーなどを使って拭き掃除も行うようにしましょう。

また、壁もフローリングと同じように、気付いたらニオイが染み付いていることがあります。犬や猫を飼っている場合、そのニオイだけでなく抜け毛などの「被毛」も思いのほか付いているものです。普段から壁を拭き掃除する方は少ないかもしれませんが、定期的に壁に掃除機をかける、拭き掃除をすることを習慣化してみてください。

ニオイの対策

耳を掃除されるパグ

食事

犬の体臭や排泄物が強烈に臭う場合、食事に問題があるかもしれません。油がたくさん含まれているような食事や、添加物が入っているフードの場合、犬の排泄物が必要以上に臭ってしまう可能性があります。油の多い人間の食べ物を与えないことや、ニオイ対策に効果があるフードを探してみるのも一つの案ですよ。

トイレ

ちょっとしか汚れていないからと、トイレシートを置いたままにしている方はいませんか。これらもニオイが残る原因になります。トイレシートはなるべく小まめに替えるようにしましょう。また、トイレシートを処分する際は、ニオイを逃がさない専用のごみ箱に捨てることが最も効果的です。それらを用意できない場合は、近所迷惑にならない範囲で外にごみ箱を置くなどの対策を行ってください。

また、トイレ周りは犬用の消臭剤を置いておくことも効果的です。消臭剤を置く際、芳香剤が入っているようなニオイが強いものは犬が嫌がる可能性があるため、犬用の製品を置くようにしてくださいね。

日々の手入れ

犬の体が臭う場合、やはり一番の対策はシャンプーです。臭うということは不衛生な状態ですので、シャンプーを行うことで清潔に保ってあげましょう。シャンプーの後、生乾きで放置するすることもニオイと菌の増殖に繋がりますので、ドライまでしっかりと行ってあげましょう。

「抜け毛」がいつまでも身体に残っていることも、汚れを溜め込みニオイが発生する原因になります。抜け毛を取り除くためにもブラッシングは定期的に行ってください。

「耳」も汚れが溜まり、ニオイがする原因になります。こちらも定期的に堅く絞った濡れタオルで優しく掃除してあげましょう。また、散歩後には「足裏」と「口周り」の掃除も忘れずに行ってくださいね。

口臭予防のために「歯磨き」を習慣化させることも大切です。普段から歯磨きができるように、口周りを触ることができるように慣れさせておいてください。

まとめ

掃除道具と犬

犬を飼う上での悩みであるニオイ。犬を飼う以上はずっとついてくる問題なので、日頃から対策を行いたいものですね。ぜひニオイがストレスにならないように、対策を習慣化してみてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 てとめる

    愛犬の臭いはやはり急にはどうにも出来ないと思っているので日頃から対策を取っておくのが重要ですよね。我が家は怠け者の家族が多いので出来るだけ最初から布製品なんかは置かないように工夫しています。布製品は布団か愛犬の布団くらいですね。服なんかはタンスにしまってしまうので。布製品よりは臭いがつきにくいのか犬の臭いもするけど言う程しないねなんて言ってくれる時もあります。あとは空気清浄機も利用していますね。空気清浄機は本当にしているときと、していないときの差は感じますよ。毎日使うので結構高いのを購入しました。愛犬自身はあまりシャンプーか得意でないので犬臭いですね(笑)ただ抜け毛対策としてブラッシングは1日2回しています。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    自分の家はニオイが慣れてしまって気付きませんが、他人の家のワンちゃんのニオイは敏感に感じてしまうところがあると思います。我が家は大型犬なので、特に気を付けなければ獣臭のように酷くなってしまうので、芳香剤・消臭スプレーの使用やこまめな洗濯を心掛けています。犬友達(大型犬)の家が全く犬臭くないので、何か対策をしているか聞いたところ、プラズマクラスターの空気清浄機を購入したとのこと。やはり空気清浄機は効果があるようです。
    あと、男の子のワンコは壁にもオシッコするようなので除菌・抗菌スプレーは欠かせないようです。うちにもわけてもらいましたが、強い香りがなくてしっかりと消臭してくれて良いです。(写真有)
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    女性 もふころ

    「犬くさい」自分ではわかりにくいですが、お客様には感じられるんですよね。
    うちではソファ等の家具を処分し、カーペットをマットに変更したところ犬くさいのがなくなりました。布製品の見直しをすると違いますよ。
  • 投稿者

    40代 女性 S mama

    ワンちゃんがいる家庭でも安全に匂いを元から消臭してくれ、防虫効果もあるのが青森ヒバミストです。
    匂いを一時的に消すのではなく、元から臭い匂いを分解してくれ消してくれるので、本当に綺麗に匂いが消えるだけじゃなく爽やかなヒバの香り(森林の香り)がして癒やしもくれます。
    また防虫効果もあるので、お散歩前にワンちゃんの体や顔周りに手で撫で付けてあげればお散歩の時にもマダニや蚊が寄って来ません。
    本当に優れ物です。
    厚生労働省にも認可されている商品なので、その安心安全さは折り紙付きです。
    我が家は愛犬の体だけじゃなく、愛犬のベッドや私の寝具、キッチンシンクの三角コーナー、私のブーツなどにもシュッシュしています。
    これに出逢って愛犬も私も本当に快適な生活になりました。
    因みにメルカリで最安値で売ってくれている方がいますので、メルカリをしている方は試してみてはどうですか(*^ ^)
    S mamaの投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。