チャウチャウの性格や特徴

チャウチャウの性格や特徴

お気に入りに追加

チャウチャウの性格は一言でいうと、落ち着きがあります。特にハッキリと喜怒哀楽を示しませんが、家族に対して誠実であるゆえに番犬として適してはいるものの、頑固で強い警戒心を併せ持つのも、チャウチャウの性格の特徴です。そんなチャウチャウは、中国で2000年以上も昔から飼われており、19世紀前後に外国へ輸出された経緯があるんですよ。では、まだまだ解明できない部分も沢山あるチャウチャウの性格について詳しく触れていきましょう。

1565view

チャウチャウの性格とは

チャウチャウアップ

チャウチャウの性格は他の犬種と比べても,独立心が高く落ち着いた犬種であるのが特徴です。その上喜怒哀楽のような感情をハッキリと表には出さないですし,頑固さも持っていますので,どちらかというとチャウチャウはクールで大人びた性格ともいえます。

ですが,しつけを行えば家族や飼い主に誠意を持って接してくれますし,家族中心に行動をしてくれるようになります。更に見知らぬ人に対しては懐かず,用心深さがあるため番犬に適している面が,チャウチャウらしい性格といえます。

チャウチャウの身体的特徴

チャウチャウと聞いてまず思い浮かべるのは,全身を長い毛で覆われたライオンのようないでたちで,見た目はかわいらしく見える犬種ですが,実際は非常に筋肉質なのが特徴です。

また,その毛の質感も「スムース」と「ラフ」の2種類があり,その下にある「アンダコート」は触り心地はソフトな質感で,ギッシリと生えていることで寒さから守る働きを持っています。ちなみに毛の色にはホワイトやブラック・クリーム・ブルーにレッドとあります。

そしてチャウチャウの身体的特徴として有名なのが,「青みを帯びた黒い舌」です。これは4000年以上昔に中国にいた古代犬の名残といわれており,同様の特徴を持っているのは,シャー・ペイと呼ばれる犬だけなのです。そしてオスが48cmから高くて55cm強,一方メスは45cm以上から50cm前後が一般的な体高といわれています。

チャウチャウの性格以外の特徴や運動

歩くチャウチャウ

チャウチャウは性格以外にも,飼育方法に関しても特徴があります。

チャウチャウが誕生したのが寒いエリアであったことから,寒い環境には問題ありませんが,「高温多湿」な所は苦手といわれています。そのため比較的暖かいエリアや涼しい環境には適応しますが,夏時期のような暑いときは,避暑目的で屋内へ移動させてあげた方が賢明といえます。

体格的には筋肉質であるため,よほど本格的な運動が必要なのでは,と考えがちですが,運動は特にハードではなくても大丈夫です。大切なのは,日々運動を取り入れてあげることですが,チャウチャウの性格から考えて何も変化のない散歩だけで終わるのではなく,公園でボールを使うなど工夫した運動をさせてあげるのが,良いでしょう。

運動は1日の間で2回行うのが理想で,各30分の合計1時間ほどが目安です。毎日継続して運動させてあげることが,チャウチャウの性格から見てもストレスの緩和となります。

チャウチャウの性格を踏まえた上で躾をする

犬をしつける女性

しつけはチャウチャウの性格を理解した上で行う方がベターです。チャウチャウは一見クールな性格をしていますが,しつけをする上で頑固な面が出てくるため,すんなりと教えたことを吸収してくれません。そのため,じっくりと向き合ってしつける必要があります。そしてチャウチャウの性格上注意する必要があるのは,家族以外の他人に対して強い警戒心が出てくると,攻撃的な面が顔を出すことがありますので,それもしっかりと教えなければなりません。

まず,子犬の時期に家族以外の人に慣れさせて,警戒心を持つ必要がないということを伝えて覚えさせることが重要です。

また,不意に聞こえる大きな音で感情が高まることがあります。例えば子供たちの元気な声やクラクションといった突発的な音も,散歩などを行う中で慣れさせておくと良いでしょう。

犬を飼うことに慣れていない人は,しつけの面で不安に感じることがあるため,専門のトレーナーに依頼するのも1つの手です。

チャウチャウの性格を踏まえた上で注意する点

医師に扮した2匹の犬と顕微鏡

チャウチャウの性格を踏まえた上で,併せて注意する点があります。チャウチャウの一般的な寿命は短くて8年程度,長くて12年くらいが平均といわれています。その中で気を付けたい病気が幾つかあります。

1つ目は,天ぽうそうや脂漏性皮膚炎,アレルギーが要因の皮膚の炎症です。この疾患の中には毛が抜けるといった症状が出るものもあります。予防法としては,皮膚を衛生的にして運動や食事面での管理も大切です。

2つ目は消化器系の疾患やガンです。ある程度の年齢を迎えたチャウチャウの内蔵や胃などのガンが比較的多くなる傾向があります。家族が常に便の状態や色,食欲の有無などの様子を見ることが,何より予防につながります。

またチャウチャウの優しい性格を表すようなつぶらな目も,小さく奥に引っ込んでいるため,「眼病」が多いことで有名でもあります。眼球の方向へまぶたが向く眼けん内反や,失明の危険がある緑内障,まつ毛の生え方に支障のあるケースなど,目に関するトラブルも多いのです。

チャウチャウの性格と併せて,注意する病気や疾患がありますので,ふだんから定期的に状態を見守りましょう。

チャウチャウの性格に関するまとめ

二匹のチャウチャウ

チャウチャウの性格は,感情的な面はほとんど表には出さず,何よりも独立心が高くて落ち着きもあります。他人にはなかなかフレンドリーに接することがありませんが,しつけ次第で家族を受け入れてくれます。また他の人に対しても,子犬の頃から多くの人たちに触れあう機会を作ることで,ほぼ克服できるでしょう。またチャウチャウは本来の強い警戒心が備わっている性格のため,番犬としても適しています。

その一方で,かかりやすい疾患や病気もありますので,家族で様子を見る習慣を身に付けておけば,早い段階で見つけることが可能となります。ちなみに運動に関しては特に激しく動く必要はなく,日々の散歩や運動を続けることが,何よりもチャウチャウのためとなるのです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 かえで

     チャウチャウは、訓練士の見習いの時に担当しました。
    結構、頑固者でしたので躾をするのに時間を要しました!
    しかし、一生懸命ゆうことをきこうとはしてくれるので、時間をかければ躾できました。
    お散歩はよく歩かせた覚えがあります! 私が担当した子は、活発だったのでボールで遊んだり、人形を持ってきたり投げたりしてけっこう長い集中力で遊びました!
    ごはんは、ドッグフードにゆで豚を少しとキャベツを与えていました。
    お手入れが大変で、シャワーにいれたら、念入りにドライヤーで毛を乾かしました。ブラシを使い逆毛を立てるようにとかしたり真っ直ぐとかしたりしながら、乾かしました。
    性格は、なつく人にはなつくのですが、回りの人や人が訪ねてきたら吠えたり興奮して大変だったのでその部分も躾をしました。
     一度、躾をすると、よく覚えてくれますので、賢い犬種ですね。
  • 投稿者

    20代 女性 れもん

    チャウチャウの舌が青いのは初めて知りましたが、知らないまま見てたら体調が悪いの?なんて心配してしまったかもしれません。元々なんですね。
    パッと見ライオンのような、つぶらで可愛いお目めが印象的でカッコイイと言うより可愛いです(*´ω`*)
    毛のカラーもブラック、レッド、ブルー、フォーン、クリーム、ホワイト稀にシェードと呼ばれる一本の被毛の色に陰影・濃淡がある子もいるみたいです。チャウチャウと言えばクリーム色しかいないイメージでしたがカラーの種類が多くてびっくりしました。
    毛の手入れに関しては日々のブラッシングが必要ですがカットの必要は特にないそうです。夏場のサマーカットは涼しそうに見えますが、毛には直射日光から守る役割がありますので、トリマーさんに勧められたからとあまり短くし過ぎないように注意してあげて下さいね。

    トリマーさんでも夏場はサマーカット!ロングは可哀想・・なんて無知識の方がいますが、我が家はポメラニアンを飼ってるのですが、ポメラニアンはホルモンの関係でカットする事で毛質が変わる事があるのです。それをイマイチ理解されず断っても可哀想ですよー連呼で、そんな方に愛犬を任せるのが怖くなりトリミングを断った経験があります。ほとんどの方は、その犬種にあった内容を提案して下さいます。たまに無知な方などもいるので注意です。
  • 投稿者

    20代 女性 のん

    チャウチャウはライオンのたてがみのような毛並みとくしゃっとなった独特の顔で見る人を癒やす犬というイメージがあります。でも性格は意外とクールなのですね。警戒心が強いのは良いことですが、家族にまで警戒が強いと攻撃的になることもありえるので、相手によっては慣れを覚えさせてあることが大事だと思います。
    正しいしつけをしてあげて、 他人にはあまり懐かないけれど自分にはいつも素顔を見せて懐いてくれる、なんてことにもしなったらチャウチャウに癒される毎日になりそうですね。チャウチャウの世話の面ではチャウチャウの愛らしい見た目だからこそなりやすい病気もあるということを理解する必要がありそうです。可愛いつぶらな瞳も長い毛が目にかからないようにしたり、失明を防ぐためにも緑内障にならないように毎日様子をチェックして変化に気付いてあげることが大切だと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 セナ

    私が子供の頃、親せきの家にチャウチャウがいてそのもこもこした姿に心惹かれていました。でも最近はチャウチャウってあまり見かけませんね。それなりにサイズが大きいし、あまり一般的ではないから少ないのかな?いつか飼ってみたいなと思う犬種のひとつです。
  • 投稿者

    女性 MMJL

    チャウチャウはブルータンと言われる青い舌と、どっしりとして髪がモフモフした独特な特徴を持つ犬ですよね。あまり頻繁にお見かけしませんが、お散歩仲間の方が昔飼われており、物静かですが頑固な性格でした。私はシーズーを飼っているのですが、シーズーのフレンドリーな部分を抑えたようなイメージがあります。
    聞いた話では、チャウチャウは昔、食用とされていたらしいので、太りやすい体質に改良されているのだそうです。そのためか、物静かであまり運動量を必要としない犬種のようで、仲間のお家のそのワンちゃんもあまりお散歩好きではなかったです。ペットとして飼うにあたり体調管理を考えると、小さいうちに慣れさせておく必要がありそうですね。また、その飼い主さんのお話では、暑さに弱く夏のお散歩はワンちゃん自体が嫌がって部屋から出ず、かなり大変だったそうですよ。

    他の犬種に比べると、日本の気候・環境下でのノウハウが沢山ある犬種ではなさそうなので、トレーナーさんや動物病院の先生に相談しながら大切に育ててあげるのが一番だと思いました。
  • 投稿者

    女性 チーズケーキ

    私が幼少の頃チャウチャウが流行ったころがありました。近所でもチャウチャウを飼っているご家庭があって、昔ですからもちろん外飼いでしたので、ガレージや庭の柵越しに遊んだ思い出があります。犬じゃないみたいな犬ですよね。
  • 投稿者

    女性 MAHE

    小さい頃近所にチャウチャウを飼っているお家があり、家の前を通る度にうなられ
    ていたため、ずっと怖い印象を持っています。あの紫色の下も不思議な感じですよ
    ね。しかし、毛むくじゃらでクマのようでカワイイと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。