ドッグトレーナーになるには その方法や資格について

ドッグトレーナーになるには その方法や資格について

お気に入りに追加

ドッグトレーナーとは、主に家庭で飼われている犬を飼い主さんの代わりにしつけ、飼い主さんにもしつけの方法を指導する仕事です。犬を飼うことが特別ではなくなったいま、ドッグトレーナーになりたいという方も増えてきています。今回は、ドッグトレーナーになる方法を学校や資格などの情報を含めてご紹介します。

3110view

ドッグトレーナーとは

訓練を受ける犬

ドッグトレーナーとは、ペットとして家庭で飼われている犬を預かり、マナーなどのしつけを行う仕事です。飼い犬が、人を噛むなどの問題行動を起こしてしまうと、飼い主さんだけでは解決できず、困ってしまうことがあります。

こんなとき、犬のしつけのプロであるドッグトレーナーが飼い主さんから犬を預かり、きちんとしつけをします。またトレーニング以外にも、飼い主さんにしつけの方法を分かりやすくアドバイスすることも仕事となります。

就職先はさまざまで、ドッグトレーナーの資格保有者は、ペットホテルや動物リハビリ施設など幅広いニーズがあります。収入は、たとえばペットショップなどでは、月給18万円前後が相場です。

ドッグトレーナーの資格と種類

男性に指示されている犬

ドッグトレーナーなるための国家資格はありませんが、民間団体が認定する資格がいくつかあります。

必ず取得しなければならないという明確なルールはありませんが、資格を取得することで信頼度が高まり就職にはとても有利になります。主な民間団体とドッグトレーナーの資格の種類をご紹介します。

JDTAドッグトレーナーライセンス

JDTAは、一般社団法人日本ドッグトレーナー協会の略で、主にドッグトレーナーの養成を行う団体です。JDTAドッグトレーナーライセンスは、一般家庭犬の必要なしつけに重点をおき認定しています。

資格のレベルがA・B・C級と3つあり、C級から段階的に取得していきます。C級の受験資格は、3日間のスクーリングの受講を条件としており、その内容は5匹の犬とのコミュニケーションとドッグトレーニングの基本習得です。

CPDT認定ペットドッグトレーナー

CPDTは、ペットドッグトレーナーズ資格認定協会が企画する、プロのペットドッグトレーナーを対象とした国際試験及び資格認定プログラムで、世界基準のドッグトレーナー資格です。受験資格は、300時間以上のドッグトレーニング経験があり、かつ、獣医師、顧客、他のドッグトレーナーなどからの推薦状が必須となります。

この難関な試験を合格したドッグトレーナーは、名前の後に「CPDT」という称号を付けることができます。また、合格した後も定期的に資格更新が必要となり、日々勉強を重ね常に最新情報が提供できるよう務めなければなりません。

JCSA認定ドッグトレーナー

JCSAは、一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会の略で、人材を育成することを目的とした団体です。動物関連の各分野で一定水準を満たす技能や知識を得た者に、資格を認定しています。

資格のレベルが2つあり、JCSA認定マスターライセンス、JCSA認定インストラクターライセンスの順に取得していきます。JCSA認定マスターライセンスの受験資格は、ドッグトレーナー養成専門講座の修了者で、認定課題において一定水準の知識と技能を満たしていることです。

JAHA認定家庭犬しつけインストラクター

JAHAは、公益社団法人日本動物病院協会の略で、動物病院の医療充実のための継続教育事業やアニマルセラピー推進のための事業を行っています。

JAHA認定家庭犬しつけインストラクターは、まずは家庭犬のしつけ方講座ベーシックコース修了し、次にインストラクター養成コースへと進み、修了した者だけが受験資格が与えられドッグトレーナーの認定試験を受けることができます。

ドッグトレーナーの資格の取り方

お手をしている犬

ドッグトレーナーの資格を取るには二つの方法があります。

学校に通う

学校の種類は、専門学校と養成スクールがあります。学校に通うメリットは、実際に犬とふれあいながら学ぶ実践授業が受けられることと、扱える犬種が多いことです。

資格を取得するためのカリキュラムが整っているので知識を習得しやすく、ドッグトレーナー資格試験の合格率が高いことも特徴です。また、就職先のサポートも手厚く、独立や開業のノウハウも学べます。通学期間は2年から3年が一般的で、費用は年間80万円~150万円が相場です。

通信講座

通信講座のメリットは、学校が近くにないなど通学が困難な方も、ドッグトレーナーの知識を学ぶことができることです。実技については、必要になったときだけ通学すれば、一連のカリキュラムの多くを習得することができます。

学校に通うのとは違い、時間的な拘束が少なく自分のペースで無理なく学ぶことができるので、忙しい方にはおすすめです。デメリットは、実技の回数が少なくドッグトレーナーの経験という意味では、通学での学習に遅れを取ります。

ドッグトレーナーの資格については、通信講座修了時に民間団体から認定されるケースと、在宅で試験を受けて取得するケースがあります。資格認定費用は、ドッグトレーナーの種類によって異なり、受講費用には含まれていません。通信講座の期間は6か月程度が一般的で、費用は総額10万円~20万円が相場です。

まとめ

訓練されている犬

ドッグトレーナーは、家庭犬に問題行動を起こさせないために、犬に専門的なトレーニングを行う仕事です。就職先は幅広く、さまざまな分野で活躍しています。また、ペット可のアパートやマンションの普及率が年々高まり、犬のしつけが注目されるようになったいま、ドッグトレーナーの需要はさらに高まっていくでしょう。

ドッグトレーナーの資格の取得方法は、ライフスタイルに合わせて選ぶことができるため、手が届きやすい職業の一つです。犬が好きという気持ちと犬をしつける根気強さがある方は、挑戦してみてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 シナモン

    これまで3人のドッグトレーナーさんに愛犬を見てもらったことがあります。見ていると、犬が好きなだけでは務まらない仕事だな、とつくづく思います。犬との相性もあるでしょうが、飼い主さんとの相性ももちろんあるでしょうし。結果がすぐに出るようなもんでも、ルーティンワークでもなく、大変なお仕事だと思います。
  • 投稿者

    女性 ぽろん

    うちの二代目ワンコ(ゴールデンR)はとても賢くてお利口さんでしたが、やはり体が大きく散歩の時も力任せに引っ張るクセがなかなか治らず、2週間だけドッグトレーナーさんに来て頂きトレーニングをお願いしました。
    費用も2週間とはいえ実質10日間で5万円ほど。
    高いですよね。いやそれが相場でしょうか。
    1日1時間の訓練でしたが、ワンコも楽しんでいたのでそれが一番良かったと思います。
    トレーナーさんも色々いらっしゃるようですし、ワンコとの相性もあります。
    一番にワンコの性格もあるので、そういうのをきちんと理解した上でワンコが好きというだけではなくきちんと上手くコミニュケーションを取れて、飼い主さんでも言うことがきけるよう上手くバトンを渡せるトレーナーさんが理想的です。
    ワンコもトレーニングを受ける上でかなりのストレスになりますのであまり神経質にならないようにして欲しいですね。
    実際、トレーナーという資格を取るにはそれなりの費用もかかります。私もワンコが好きすぎて一度、トレーナーになりたいと思ったことがあります。でも実際はかなり根気のいる難しい仕事だということを知りました。なのでドッグトレーナーさんは尊敬します!
    ただワンコが好きだから~という理由だけでは絶対につとまらない難しい仕事だと私は思います。もちろん「ワンコが大好き」が大前提ですけどね。
    特に大型犬、超大型犬は飼い主さん(素人)だけではなかなか難しいしつけやトレーニングはやはりプロにお願いするのをオススメします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。