犬はそら豆を食べても大丈夫?与える時の4つの注意点

犬はそら豆を食べても大丈夫?与える時の4つの注意点【獣医師監修】

お気に入りに追加

ビールのおつまみにも子どものおやつにも人気のそら豆は、旬の頃なら食卓に上がることも多いのではないでしょうか。犬もそら豆を食べたそうにしていますよね。しかし、犬にそら豆を与えても良いのでしょうか?今回は犬がそら豆を食べる時の注意点を詳しくお伝えします。

16290view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬はそら豆を食べられる

84730771 そら豆

犬がそら豆を食べることで、下痢をしたり病気になったりという心配はありません。ただし、犬に生のままのそら豆を与えたり大量のそら豆を与えたりすることはおすすめできません。また、塩味を付けることもNGです。

犬にそら豆を与える際には、味付けをしないで柔らかく煮た状態で小さく刻んで与えてあげるのが理想的です。どの程度のそら豆が適量なのかは、犬の体の大きさによっても違いますが、そら豆の場合は一粒が大きいので、できれば本当にお味見程度に抑えておくと心配ないでしょう。

特に初めて犬にそら豆を与える場合、稀に豆アレルギーを持っている場合があります。最初はごく少量を与え、体調に異変が起こらないかをよく注意しながら見守ってあげてください。

犬にそら豆を与える時の注意点

17359331 体重計と犬

犬にそら豆を与える時の注意点をいくつか紹介してみたいと思います。

1.茹でていない生の状態では与えない

犬はそら豆を食べても問題はありませんが、火を通していない硬いままのそら豆を食べさせてしまうと消化不良を起こし、下痢などの原因になる場合があります。できれば、消化が良くなるように柔らかくなるまで茹でてから食べさせてあげるようにしましょう。

2.丸呑みしないように小さく刻む

犬によってはそら豆ほどの大きさのものを丸呑みしてしまう場合があります。そら豆は枝豆などと違って粒が大きめです。噛まずにそのまま飲み込んでしまうと、消化不良を起こしてしまいます。他にも丸呑みすることによって、喉に詰まらせてしまう危険もあります。「よく噛んで食べなさい」と犬に言っても無理なので、よく噛まなくても大丈夫なように、最初から小さくしてから与えると安全です。

3.大量に与えない

犬が欲しがるからといって、そら豆を大量に与えてしまうのは良くありません。そら豆はそれなりにカロリーもあるので犬の肥満の原因にもなりますし、たくさん食べることで稀に豆の中毒症状を起こす場合もあります。

また、豆アレルギーを持っている犬もいるので、初めてそら豆を与える場合は少量から、アレルギーの心配が無い場合でもほどほどの量を与えるようにしましょう。そら豆を与えた分、食事の量を減らさなくてはいけない点も忘れてはいけません!

4.味付けをしない

そら豆は塩ゆですると美味しく食べることができますが、犬にそら豆を与える場合は塩を使わずに茹でましょう。塩分は犬の健康には大敵な調味料です。また、犬はそら豆に塩味が無いからといって「物足りない!」と思うわけではありません。犬にとってそら豆は塩味が無くても美味しく食べることができるので、犬の健康を考えているのであれば、犬用のそら豆は塩を使わず別茹でにして与えましょう。

犬のそら豆レシピ

78882025 2匹並ぶテーブル

そら豆を使った、犬のご飯のレシピを紹介してみたいと思います。

そら豆入り鳥雑炊

材料はそら豆に鳥のささ身と大根と人参、そしてご飯です。そら豆は塩を入れずに柔らかくなるまで茹でて、1粒を4等分ほどの大きさに切っておきます。
鳥のささ身と大根、人参は犬の食べやすい大きさに合わせて小さく切って、鍋に水を入れてゆっくりと柔らかくなるまで煮ます。この時、あまり水を入れ過ぎないように注意しましょう。

ある程度具が柔らかくなったら、その中にご飯を入れて更に弱火でご飯がトロトロに柔らかくなるまで煮てください。器に雑炊を入れて、その上にそら豆を散らしてあげると完成です!

出来立てはかなり熱いので、犬が食べられるほどの人肌程度になるまで冷ましてから与えて下さいね。このレシピは犬も大喜びですが、見た目も色鮮やかでとても可愛いです。そら豆好きの愛犬には、ぜひ試してみてください。

犬とそら豆の皮

79737864 そら豆アップ

犬にそら豆を食べさせる時、豆の周りに付いている皮は剥いてあげた方が良いのでしょうか?それとも皮には何か特別な栄養があって、そのまま食べさせてあげた方が良いものなのでしょうか?

そら豆を人間が食べる場合、皮をそのまま食べる人と剥いてから食べる人に分かれます。そら豆の皮は食べたからと言って体に害を及ぼすことは無く、食物繊維が多く含まれているといわれているので、お通じ改善が期待できる部分なのかもしれません。ただ、現在そら豆の栄養についての表記というのは、あくまでそら豆の皮を剥いた状態で計測されていますので、皮にどの程度の食物繊維が含まれているのか、その他にどんな栄養があるのかというのは分かりません。

そら豆の皮は少し硬めで口の中に残るような感じがすると思います。この感触が嫌な人は剥いて食べて、気にならない人は丸ごと食べてしまうという人が多いようなので、栄養について意識しながら食べている人は少ないのではないでしょうか。

犬にそら豆を食べさせる場合は栄養のことよりも、そら豆の皮の消化問題が重要になってきます。犬にそら豆を皮ごと与えると、そのまま噛まずに飲み込んでしまうことも考えられます。きちんと消化せずにそのままウンチと一緒に出てきたという話もチラホラあるほどなので、できればそら豆を犬に食べさせる場合は、一粒ずつ丁寧に皮を剥がして与えてください。

犬とそら豆に関するまとめ

55178896 フレブルとご飯

犬にそら豆を与えるのは問題ありません。ただし、犬にそら豆を与える際に気を付けなければならない点がいくつかあります。ここでご紹介した4つの注意点を参考にしながら、犬に美味しいそら豆を食べさせてあげましょう!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    人間にとってはビールなどのおつまみとして馴染みのある「そら豆」ですが、記事を読んでワンコにも与えられると知り、我が家の愛犬にも試してみようと思いました。豆乳やおからなどは以前からおやつに使用していたので、豆のアレルギーはないと思います。
    確かに犬に塩分は必要ないので、そら豆は人間用と分けて茹でた方が良いですね。そして、皮をとってあげて細かく刻んであげた方が良いと思いました。レシピに載っていた<そら豆入り鶏雑炊>は、食欲のない時にも良さそうですね。そら豆の栄養価として、ビタミンB1・B2・ミネラル・食物繊維などがあげられ、整腸作用や疲労回復効果もあるそうです。夏場の食欲不振の際に、活躍しそうな食材なのではないでしょうか。
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    時間のある日の夕飯は手作りご飯をあげています。
    我が家の愛犬もそら豆は大好きです。田舎の親戚から無農薬の野菜が時々届くのですが、春頃にはそら豆も届きます。スーパーで買うよりも香りや甘みが強く身もふかふかしています。匂いや食感で食べるワンコにとっては美味しいのかもしれませんね。

    季節の旬の野菜にはその時期に必要な栄養素が多く含まれていると言われています。家族の一員として、ワンコにも旬のお野菜のおすそわけをしてあげると喜んでくれるのかなと思います。
    そら豆にはレシチンという血液中のコレステロールを減少させたり、脳の活性化を促す性質があると言われている成分が含まれています。栄養価としてはお薦めな食材です。

    我が家では、ワンコのご飯を作る際に皮を剥いたそら豆を細かく刻んで煮込んでいます。豆類は消化が悪く、未消化のままウンチとして出てきてしまうことがあるため、細かく刻むか、そのまま柔らかくなるくらいまで煮込んでしまう方が良いのかなと思います。(スプーンで潰せる程柔らかく煮込みます。)
    その他、そのまま柔らかくなるまで茹でておやつとして与えることも出来ます。愛犬にとってはこの方がそら豆自体を堪能出来るので良いのかもしれません。

    大量に頂いた際にはそら豆を使ってクッキーを作ることもあります。
    少々、手間がかかりますが、そら豆を柔らかく煮て、茹でたレバーと一緒にミキサーにかけてペースト状にします。そこに、小麦粉又は米粉(栄養価を考えると米粉がお薦めです。)とオリーブオイル少々を入れて混ぜ合わせ、棒で薄く伸ばしてから小さめにカットし、200℃に温めたオーブンで15分~30分程焼きます。
    保存料着色料無添加のそら豆入りレバークッキーの出来上がりです。
    材料は火を通してからオーブンにいれていますので、焼き時間はお好みの固さで問題ありません。
    栄養価も高く正真正銘の無添加手作りクッキーです!そら豆の他に、柔らかく煮た人参やカボチャ、さつまいももお薦めですが、糖質の高い野菜とレバーの組み合わせになりますので与える量には注意が必要になります。
    時間の取れる休日にまとめて作り冷蔵庫保存しています。

    自分が今まで食べた市販のデザートは余程でない限りさほど記憶に残らないものが多いのですが、子供の頃、母親が作ってくれたクッキーやケーキは未だに覚えています。
    自分のために作ってくれたという特別感は味よりも記憶に残るのかもしれません。
    クッキーを作っている時の愛犬はオーブンの前に陣取り、いつでも味見が出来るようスタンバイしています(笑)
    日常の何気ない光景ですが、とても幸せな一時です。
  • 投稿者

    女性 悠里

    ソラマメ(そら豆)は、マメ目・マメ科・ソラマメ属に属する豆類で、同じソラマメ属に属する食物として有名なものは特になく、ヤハズエンドウやスズメノエンドウといった、草木がほとんどです。
    犬の食事に出てくる豆といえば、大豆が一般的で、大豆アレルギーを持つ愛犬がいる方もおられるかと思いますが、大豆は、マメ目・マメ科・ダイズ属に属します。同じマメで大豆とソラマメはかなり遠い存在であり、人間の世界では大豆アレルギーの方の代用にソラマメが使われることもあるぐらいなので、大豆アレルギーだからといってソラマメが駄目とも限らないし、その逆もあることは知っておきたいところです。(ちなみに、枝豆は大豆の未成熟のもの、モヤシは大豆の若芽なので、大豆アレルギーがある場合はNGです)

    そら豆自体は、植物性タンパク質やカリウム、リン、鉄分やビタミンB群を豊富に含む食品でもあり、アカナを初めとするドッグフードにも含まれていますが、いかんせん高級な点がネックですね。また、加熱して、皮を取り除き、細かく刻むなり擂り下ろすなりが必要ですので、手間もかかります。食欲がなく栄養を摂らせたい際には役立つ食材のひとつかと思いますので、愛犬が健康な内に、実食させて問題がないかチェックしておくのはいいのではないでしょうか。
  • 投稿者

    女性 コロ

    何でも生で与えるのは危険ですね。細かく刻むかずんだ状態にして与えると消化にも良いと思います。そら豆にはビタミンが豊富なので摂っておいて損はないですね。
    ちょっと意外ですが鉄分も含まれているので、貧血予防にそら豆を食べさせることもあるそうですよ。
  • 投稿者

    20代 女性 ラッキー

    犬に大豆を与える事があったので、てっきりそら豆も大丈夫な食材だと思っていました。量や与え方に注意が必要なんですね。うちの子はアレルギー持ちなので与える際は豆アレルギーのチェックをしてから食べさせてあげたいと思います。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    そら豆は硬い印象なので、食べさせたことはなかったです。
    記事では栄養について触れていませんが、そら豆は胃腸を健康にし機能向上に優れた食材だそうです。トッピングから取り入れてみたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。