どうして犬は虫を食べるの?害はない?

【獣医師監修】どうして犬は虫を食べるの?害はない?

夏になると虫が多くなります。犬は虫を見ると思わず追いかけたくなるようで、そのついでにパクっと食べてしまうことも……。犬は虫を食べても平気なのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

どうして虫を食べるの?

柴犬の口

虫を食べることが好きな犬は意外と多いです。ゴキブリやコガネムシといった虫を追い回して食べてしまったりします。
実は虫はタンパク質が豊富で、犬の貴重なタンパク源になっていたからです。
現在はドッグフードなどタンパク質やその他の栄養が調整されたフードがあるので食べる必要はありません。
しかし追いかけたくなる、口にいれてみたくなる、といったことは本能なのです。
そのため叱ったりしてもなかなかやめないので、あらかじめ食べないように対策をとる必要があります。
網戸をきちんと閉める、生ゴミや食べかすを放置しない、清潔な状態を保つなどのことが大切です。

寄生虫は持っているの?

柴犬と獣医

ゴキブリなどは下水や排水口などにいるため、寄生虫がついている可能性はあります。しかし、ゴキブリを食べることで寄生虫がつくという可能性は低いようです。
ただし万が一ということもあるので、病院で検査をしておくと良いかもしれません。

こんな虫にはご注意!

道に立つ犬

ゴキブリ

虫の中ではサイズが大きめなゴキブリは犬にとって噛むことが楽しい虫のようです。
ゴキブリ自体に毒性はなく、体からサルモネラ菌やピロリ菌、チフス菌など様々な菌が検出されますが、犬がゴキブリを食べてもこれらの菌に感染することはないそうです。
ただゴキブリ自体に毒がなくても、殺虫剤やホウ酸団子などが体に付着していたり体内に残っていた場合が問題です。
殺虫剤やホウ酸団子は犬にとって有害な物質を含んでいる可能性が高いのです。
たとえ殺虫剤やホウ酸団子を使っていない家の中でゴキブリが出たとしても、外から入ってきていることもあります。
その場合、どこで何をつけてきているかわからないので危険です。
ゴキブリが食べた量のホウ酸団子では特に体調に問題は出ないはずです。
また、ゴキブリはとても硬く、食べた際には喉に詰まってしまうことがあります。
できるだけゴキブリがでない環境を作ることが大切です。

コガネムシ

こちらも犬にとっては噛んだり追い回したりするのが楽しい虫です。
コガネムシ自体には毒性はないのですが、何匹も食べてしまうと嘔吐する可能性があり、下痢にもなります。
ゴキブリと同じように殺虫剤などが使用されている恐れがあります。
コガネムシは照明付近に集まる習性があるので、夜のお散歩などではあまり照明に犬を近づけすぎないようにしましょう。

ハチ

ハチにはお尻に針がついています。
ハチを追いかけ回して反撃されて顔や体を刺されてしまう場合があります。
犬も人間と同じようにハチに刺されれば痛みを感じますし、その部分が腫れたりもします。
はじめは引っ掻いたり舐めたりしていますが、徐々に症状が出てくるのでわかるでしょう。
また、刺された場所は赤く腫れているのでわかりやすいかと思います。
刺された場所をよく見て、針を取り除いてあげてください。
ただ、取り除く場合には注意点があります。ピンセットなどでつまんで抜いてしまうと、ハチの針が圧迫され毒が体内に入ってしまいます。
つまんで取るのではなく、カード状のもので横に払うように取るのが良いでしょう。
針が抜けたら水で軽く流してください。
あくまでもこれは応急処置なので、できれば獣医さんに診てもらったほうが良いです。
ハチの種類にもよりますが、万が一ということもあるので病院へ連れていきましょう。

時間の経過とともに腫れてきてしまうことがありますので、刺された場合はこすらない・走らせないが基本です。

ガは自分自身が食べられないように、食べたら不味いと感じる物質を体内に持っているものもいます。しかし、それは食べないとわからないので一度は食べてしまうかもしれません。
ガは特に光に集まる習性があるので、夜のお散歩などでは照明に近づけないほうが良いでしょう。
これといった健康被害はあまり考えられませんが、小型犬などは大きいガだと喉につまってしまう恐れがあるので注意してください。

鱗粉に毒がある場合がありますので、食べていることに気づいた場合は手や口周りを洗い動物病院に相談してください。

殺虫剤やホウ酸団子を犬が食べてしまったら?

口の中を診察される犬

万が一間違って犬に殺虫剤をかけてしまったときは、かけてしまった部分をよく洗い流して下さい。体内に入らなければ命に別状はありません。しかし皮膚にアレルギー反応を見せる子もいるので、様子をみて念の為病院で診てもらうのも良いかもしれません。
また、ホウ酸団子は犬が食べると中毒症状を起こす危険性があります。
応急処置としてはすぐにたくさん水を飲ませることです。そのときに虫をそのまま吐き出すこともあります。
少し様子を見て、嘔吐や下痢が始まったら必ず病院へ連れていきましょう。
殺虫剤やホウ酸団子を犬の周りでは使わないよう、害虫が出ない環境を整えることが大切でしょう。

まとめ

ラブラドールレトリバー

犬にとって虫はついつい捕まえたくなるもののようで、今回紹介したもの以外にもセミや蝶などを追いかけたりします。
食べても問題のないものが多いのですが、殺虫剤や寄生虫など心配にはなりますよね。
できるだけ虫を食べないように、外に出る時は目を離さず、室内には虫が入らない発生しないようにしましょう。
もしも食べてしまったら様子を見て、何か異変があればすぐに病院へ連れていきましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 きのこ

    知り合いの犬は生後6カ月程で山の中で保護された犬なんだそうですが、散歩中に蝶が飛んでいるとジャンプして食べるんだそうです。トカゲなんかも捕まえて食べちゃうんだとか。きっと山の中ではそうやって生きて来たんだろうな、としみじみ話していらっしゃいました。
  • 投稿者

    女性 もか

    0歳
    もかの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。