グレートピレニーズの値段の相場や価格の違い

グレートピレニーズの値段の相場や価格の違い

グレートピレニーズの値段は、オスとメスでは若干価格が違います。オスは15万円台から25万円程、メスは13万円位から20万円前後といわれています。また、グレートピレニーズの値段はペットショップやブリーダーが独自の基準で判断し、価格を付けていきます。グレートピレニーズの値段はどのようになっているのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

グレートピレニーズの値段

グレートピレニーズの子犬

グレートピレニーズの値段は他の犬種と同じで、見た目がグレートピレニーズらしいことや、毛質、血統を含めて判断され、価格が決定します。10万円以上から30万円弱での販売が多いのですが、中には犬のショーに向いているタイプなら、さらなる価値が加わり、高い値段がグレートピレニーズに付きます。

グレートピレニーズの毛並みには、ぶちのような模様が付いたタイプや、何もない純白のタイプが存在します。もし純白なタイプなら、ショーに向いているために、50万円以上の高値が付くケースがあります。

さらに、グレートピレニーズの値段は血統で左右される上に、親が何かの賞をとっているなら、30万円以上するのも珍しくはありません。グレートピレニーズの値段は、このように付けられます。

グレートピレニーズの値段・ペットショップ

リードでつながれた2頭のグレートピレニーズ

グレートピレニーズの値段は、販売しているペットショップで付けられます。値段は、その店舗で設けた基準に沿って付けるのですが、グレートピレニーズらしい容貌や血統が重要で、それ以外にも毛の色が大きく影響しています。

ペットショップは近隣に店舗があるケースが多く、時間が許せばいつでも行くことができます。しかし、現在のペットショップでは、人気のある小型犬の取扱いに集中していることや、店舗の都合にもよりますが、スペースを考えると、なかなか大型犬の扱いが難しいのです。

なかには欲しい犬を探してくれる店舗があります。しかし、探してもらった犬の特徴が自分のイメージと合わなかった場合に、もめることがあるので注意が必要です。また、探してくれた料金が発生して、グレートピレニーズの値段に上乗せとなる事があるので、そういった事も事前に聞いておく必要があります。

グレートピレニーズの値段・ブリーダー

抱かれているグレートピレニーズの子犬

グレートピレニーズの値段はブリーダーが決めますが、その基準はペットショップとさほど変わりません。血統はもちろん、グレートピレニーズらしい外見かどうかや、毛の色というのが重要な要素といえます。

それ以外にも、なかなか子犬を殖やすことが難しく、どうしても時間が掛かってしまうことと、飼育に費用がかかるといったことが、結果的にグレートピレニーズの値段に反映されます。その上、親が何かの賞をとっていたり、子犬の毛の色がグレートピレニーズ特有の純白であったりすれば、値段がぐんと跳ね上がります。

ブリーダーから購入するメリットは、ブリーダーの方はグレートピレニーズに関して詳しいので、何かあれば相談できる点です。そして、血統がハッキリ分かった上で購入ができるのが魅力です。

グレートピレニーズの値段と里親制度

舌を出しているグレートピレニーズの顔

グレートピレニーズの値段よりも価値のある活動といえば、「里親制度」です。里親制度は、人間の理不尽な行動のために、生きていく環境に恵まれなかった犬や、行き場がなくて町や道路にいる犬を、命を守る観点で保護するというものです。

犬を保護する施設には「民間」と「公」の2種類があります。民間の団体は頭数が少ないのですが、一定の保護期間は設けていない状態で保護しています。もう一方の「公」の施設は、頭数は明らかに多いものの、施設の都合上、どうしても一定の保護期間を設けなければならず、その期間中に誰にも引き取られることがなかったら、悲しい結果となってしまいます。

もし、グレートピレニーズを飼うことを検討しているなら、是非この里親制度にも目を向けてもらいたいです。どちらの施設や団体でも、詳細を広報誌やホームページに載せています。里親になるための応募方法が記載されています。

この制度を利用して犬を引き取ることができたら、結果的には命の保護にも繋がります。1頭でも多くの尊い命を守るために、行動を起こすことができるのです。この活動は、グレートピレニーズの値段以上の価値があることといえます。興味がありましたら、家族と一度相談をしてみましょう。

まとめ

男性と歩いているグレートピレニーズ

グレートピレニーズは大型犬に該当する犬種で、勇ましい性格でパワーがある犬です。多少、用心深い気質があることは否めませんが、基本的には優しくて穏やかな犬なのです。

グレートピレニーズの値段は、血統やグレートピレニーズらしい容貌、特徴である純白の毛の色で判断されて、値段が付きます。それ以外にも犬のショーに向いている犬であったり、親が何かの賞を獲得したりしているなら、さらに値段に反映されます。

この値段設定は、ペットショップやブリーダーでも同様の基準となりますが、さらにブリーダーの場合、グレートピレニーズの子犬を殖やすことが難しいため、費用がかかることと、飼育にも費用がかかることもあって、グレートピレニーズの値段に影響があります。

また、「里親制度」という選択肢があります。行き場を失った犬を保護する目的で一時的に預かっているものの、公の施設では一定期間を過ぎると、犬にとって辛い結果となってしまいます。できれば命を救うだけではなく、家族になるために、検討してみてください。里親になりたい人は、応募に関しても詳細が広報誌やホームページに載っていますので、閲覧してみてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ペッパー

    ピレネーを飼うくらいの方なら、大型犬の大変さなど犬を飼う覚悟がしっかりとあるような方ばかりなのかなと思っていたので、この記事に書かれているような里親を探している子なんてそんなにいないんじゃないのかな?なんて思っていましたが、里親探しサイトなどを見ていると結構ピレネーで里親を探している子も多いんですね。正直びっくりしてしまいました…。引っ越しだとか子供が生まれたとか飼いきれないとか理由はさまざまなんでしょうが、どの理由を見ても「そんなの飼う前にわからなかったの?」と思ってしまうことばかりで腹が立つ思いもあります。でもこういう理由を反面教師として、犬を飼う覚悟を決めていければいいかなとも思います。
  • 投稿者

    40代 女性 suzy

    以前ドッグショーでグレートピレニーズの集団に遭遇したことがありました。
    白くて大きな見事な犬がぞろぞろ、ショーに出るのに会場内を移動中でした。
    あまりに立派んおと、その大きさに、私の飼っている犬を同じ犬とは思えないほどでしたよ。
    てっきりグレートポイレニーズは真っ白な犬かと思っていたのですが、その他の毛色もあったんですね。ショーには白い子しかいなかったのですが、ショータイプは毛色がホワイトということなのでしょうね。
    しかしあれだけ立派な犬が10万~30万とは、本当に相場はそのような値段なのでしょうか。小型犬とあまり変わりませんね。むしろあれほどの犬を飼育するのですから、その金額が高いと思うようでは、きっと飼育が出来ないんだろうなと思います。
  • 投稿者

    女性 すもも

    真っ白で大きな(すっごくでかい!)ピレネー犬は、なかなか日本の住宅街の風景には似つかわしくないイメージです。高原とかそういう広々とした緑のあるところだと絵になりそう。
    というのも、私の駅からの帰り道に、とあるマンションのガレージで飼われている子がいるんです。大都会の真ん中です。日の当たらないガレージで暑い夏も寒い冬もひとりで格子越しに道行く人を眺めていますが、なんとも味気ないです。ちゃんとに飼い主さんと触れ合えているのかなと心配になってしまいます。
  • 投稿者

    女性 Poi

    グレートピレニーズはTVなどでなんとなく見たことがありましたが、きちんとした名前を知りませんでした。かなりモフモフした大型犬ですね!見た目はゆったりとした優しそうな犬のような感じですが、実際に連れて歩いている人は見たことがありません。一度本物に触ってみたいです。みたいです。また、ブリーダーさんを探すこともなかなか難しそうな犬種だと思いました。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    犬種は違うのですが、うちの愛犬をお迎えしたブリーダーさんはピレニーズもブリーディングしていました。大きなピレニーズの集団を見た時はびっくりでし。真っ白でとにかく体が大きかったです。高い位置にあった窓から外を覗き込む姿が可愛くて、後姿はしろくまのようでした。あの大きさを見てしまうと、一般のお家で飼うのは大変だなと思います。なるべく広い環境が必要な犬種だと思いました。

    ピレニーズをペットショップで見かけることは殆どないですね。大型犬はブリーダーさんを探してそちらから、という流れになってきているのかなと思います。最近ではブリーダーさんから迎える場合でも16万~35万くらいします。価格も上がっているようです。ピレニーズらしくない容姿だったり、先天性の何か(歯並びが悪い等)がある場合は1~2万と極端に安価で販売されることもあるようです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ラルコ

    白熊のような風貌のグレートピレニーズは飼いたかった犬種でもあります。ペットショップに通いゴールデンレトリバーとグレートピレニーズのどちらに決めようか迷った末、成犬になった時の標準サイズが決めてとなりゴールデンレトリバーを飼うことにしました。その名の通り成犬ともなれば60キロ越えもあるだろう体格で、飼育する環境が整っていなかったので残念ながら縁の無かった犬種でしたが、大型犬好きの私にとっては現在も憧れの犬種です。値段や相場についても、子犬を増やす事が難しかったり飼育の費用などが値段に反映されてくるとは思いつきませんでした。そして、グレートピレニーズに限らず犬種問わず、ここに書かれている里親制度を利用して、行き場のない犬を家族として迎える事は値段ののつけようも無い素晴らしい事だと思います。ペットショップに行く前に里親制度に目を向けてくれる人が1人でも多くなりますように強く願います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。