犬も雨に濡れたら風邪をひくの?

【獣医師監修】犬も雨に濡れたら風邪をひくの?

雨が降ったらお散歩はどうしていますか?犬が雨に濡れちゃったら大変、風邪ひいちゃう!と急いでタオルドライしていませんか?さて、犬は雨に濡れたら風邪をひいちゃうのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬も雨に濡れたら風邪をひくか?

氷嚢を乗せている犬

正確にいうと犬に「風邪」というものはないそうです。
しかし風邪のような症状はあります。どれも抵抗力が弱って菌やウイルスに感染して引き起こされる症状です。
以下のような症状が出たら、風邪のような状態ですので安静に様子を見てください。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲がない
  • くしゃみや咳、鼻水

ところで、雨に濡れたら風邪(のようなもの)をひくか?
雨の中の散歩は犬にとっては、そうじゃなときよりも少々ハードな環境だそうです。飼い主にとってはかなりハードな環境ですが…。

  • 身体が雨に濡れることによって体温が奪われる
  • 濡れた地面によって、肉球がふやけて傷つきやすくなる
  • 泥はねなどによって、汚れがつく

長時間雨に打たれることは、犬の体力を消耗しますので、いつもよりショートコースにして、かつ帰宅した後のケアを万全にすれば風邪の心配はないでしょう。

ただし、病中病後の犬や高齢の犬、まだ体力のあまりない子犬は、雨の中の散歩は体力を消耗しますので無理して連れて行く必要はありません。
雨が上がったら、思い切り歩かせてあげてください。

レインコートを着せましょう

雨に濡れることによって、体温が奪われてしまう恐れがあります。アンダーコートのある犬は寒さに強いですがシングルコートの犬は寒さに弱いため、雨に濡れないようレインコートを着せてあげるとよいでしょう。
また濡れたり泥がはねたりを考えると、お散歩後のケアが断然楽になりますので、やはり着せた方が良いと思います。

雨のお散歩は帰宅後のケアが大切

シャンプー中の犬とタオルを被っている犬

とにかくドライ

雨に濡れた足やお腹周りをキレイに汚れを落として乾かしてあげてください。
タオルドライだけだと生乾きで、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。悪臭や皮膚炎などの原因になりますので、ドライヤーで乾かすことをおすすめします。

肉球ケアは念入りに

肉球周辺は念入りにケアをしてあげましょう。
肉球と肉球の間は雑菌が増えやすい場所です。清潔に洗って、指を広げるような形で肉球と肉球の間をしっかり乾かしてあげましょう。生乾きだと「指間炎」になりやすくなってしまいます。
雨の中の散歩では肉球がデリケートになりますので、出来たら肉球クリームを塗り込んであげるとよいでしょう。

雨上がりのお散歩も同じく注意を

雨が上がっても、路面が濡れていたり水たまりがある場合は足が濡れて泥はねなどもありますから、雨の日のお散歩のように帰宅後のケアをしっかり行ってあげてくださいね。

まとめ

雨上がりに散歩している犬

雨の日のお散歩は飼い主にとっては罰ゲームのような時もありますよね。2日も3日も雨の日が続くというのはあまりないので、そう無理して雨の日にお散歩に出かける必要はないのかもしれませんが、外でしかトイレができない犬だとそういうわけにはいきません。
雨だったらまだ良いのですが、嵐となると危険が伴います。また病気を患ってしまったときなどのためにも、家の中でもトイレが出来るようトレーニングをしておかなければいけませんね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 キラ

    雨でもお散歩するのでレインコートは必須ですね。夏の雨ならそんなに心配ないんですが、冬の雨はやっぱりかなり寒いので皮膚まで濡れてしまうと負担が大きいかな~と感じます。中まで濡れると乾くのにも時間がかかりますからね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。