犬を飼うのにかかるお金はいくら?月々の費用から生涯費用まで

犬を飼うのにかかるお金はいくら?月々の費用から生涯費用まで

犬を迎えようと思っているけれど、どのくらいの費用がかかるんだろう?一生と考えると費用はかかるだろうけど、どのくらいと考えるべき?迎えるにあたっての費用から生涯の費用まで、ここでしっかりと学習しましょう!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬を飼うのに必要なお金

犬とお金を見る少年

犬を飼うのにあたって、真っ先に必要となるお金としては生体価格以外にも5万円から14万円くらいかかります。この5万円から14万円にはなにが含まれているのかご紹介します。

犬の登録費用 3000円 / 匹

狂犬病予防法という法によって、犬を飼い始めたら飼い犬を住んでいる市区町村へ登録することと、交付された鑑札を装着することが義務付けられています。登録に関しては、動物病院やペットショップも市区町村から委託を受けて代わりに登録を行ってくれるところもあります。

犬の登録期限は生後90日齢以下であれば、91日から120日齢の間に登録を、91日齢以上であれば飼い始めた日から30日以内に登録を行いましょう。

狂犬病予防注射費用 3500円 / 注射済票の交付料込

狂犬病予防注射は2つの受け方があり、集団でたくさんの犬が集まって行う方法と、個別で動物病院に行って行う方法です。それぞれ狂犬病予防注射を行えば、獣医師より証明書が発行されるので、市区町村に提出すれば注射済票を交付してもらえます。

健康診断費用 5000円から20000円 / 内容や地域によって変動あり

健康診断の費用は動物病院によってだったり、オプションの内容によっては変動するので一概にいくら、ということは言えないので、もし健康診断を受ける予定であれば、動物病院に事前にお問い合わせをして見積もりを取っておくと安心です。

一般的な健康診断の内容としては、体重測定・体温測定・便の検査・血液検査・尿検査・エックス線検査・心電図検査が含まれています。

混合ワクチン接種費用 15000円から30000円

この混合ワクチンというのは、犬にかかりやすい病気に対する免疫力を高めるための注射で、動物病院であればどこでも接種することができます。

ワクチンにも種類があり、5~6種混合ワクチンであれば1回につき5000円から7500円、8~10種混合ワクチンであれば1回につき5000円から10000円程度となっています。今後、出かける予定などを考えているという方であればなるべく8~10種混合ワクチンを接種してあげましょう。

生活用品費用 20000円から90000円

いざ迎えるとなると、様々な犬用品が必要になってきます。犬用トイレ・食器・ブラシ・おもちゃ・首輪(ハーネス)・リード・キャリーバッグ・ハウス(ケージ)・ベッド等を用意しておくと安心です。
犬の大きさなどによっても価格が変動してくるので、それぞれの犬に合ったサイズの生活用品を用意してあげましょう。

犬を飼う月々の費用

ご飯をのぞきこむ犬

月々にかかるお金というと、犬の個体差によっても変動してきます。

ドッグフード・おやつ代 500円~

ドッグフードなどのえさは、犬にとっては必要不可欠です。ドッグフードに関しては価格が幅広く、1キロ250円という低価格のものもあれば、1キロ2500円というプレミアムフードと呼ばれているものもあります。ドッグフードに関しては、いろいろな種類があるので、それぞれの犬に合ったものを与えてあげてくださいね。

ペットシーツ 1500円~

ペットシーツはレギュラーサイズから始まり様々なサイズがあり、犬がトイレを外でするのか室内でするのかによっても毎月かかる価格は変動します。100枚入り1500円のレギュラーサイズから、サイズが大きくなるにつれて当然のごとく価格も上がってきます。

トリミング 4500円~

犬によって違いますが、トリミングが必要な場合は毎月かかってきますが、トリミングの料金は店舗によってだったり、犬の種類によっても違ってくるので、必ずトリミングサロンにお問い合わせをしてみましょう。

医療費

意外とかからないと思われがちではありますが、病気にかかっていなくても案外病院にはお世話になることが多いです。それは、混合ワクチンだったり、フィラリア、狂犬病、去勢・避妊手術・健康診断です。フィラリアに関しては、小型犬と大型犬で価格が違いますが、小型犬であれば一ヶ月1000円、大型犬であれば2000円となっています。そのため、およそ平均すれば月々の医療費は1832円ほどといわれています。

犬を飼う年間の費用

服を着た犬

犬を飼うにあたっての1年間のおよそ必要な費用というと、環境などにもよりますが、48万円程度といわれています。医療費・ドッグフードなどの餌やおやつ・トリミング・生活用品以外にもかかってくる費用があります。

ペット保険 40000円程度

愛犬にいつ何が起こるかわからない、ということでペット保険に入っているという家庭も多く見られます。保険によっては後で精算するもの、窓口でそのまま精算できるものなど違いがあるので、資料を見ながらしっかり検討しましょう。

ペットホテル 20000円程度

飼い主さんが何かの用事で家を空けることになった場合、大事な愛犬を預かってくれる施設です。動物病院などに併設しているものもあれば、個室で優雅に過ごせるような本格的なホテルのような施設もあるので、価格なども含めて利用する前にしっかり調べてから予約を取りましょう。

洋服 15000円程度

夏になったり冬になると気候の変動によって体調を崩す犬もいます。最近はおしゃれな洋服も出てきているので、ファッション的な感覚でお洋服を着せる飼い主さんや、体調不良を防ぐために着せている飼い主さんも増えてきたようです。

ドッグラン等の遊べる施設 7000円程度

最近はドッグランが併設されているカフェだったり、ショッピングモール内にドッグラン、公園内にもドッグランをよく見かけます。利用料を支払うことで、他の犬とも交流を持つことができ、思う存分に走り回ることもできるので、犬友同士で利用している、という方も多く見られます。

光熱費 20000円~

夏や冬になると冷房・暖房を使うことが多くなり、光熱費も自然と上向き傾向になっています。なるべく光熱費を上げることなく、犬にも適温を保ってもらうべく、ひんやりグッズや、暖かいグッズも出ているので気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

犬を飼うのに必要な生涯費用

お金の中の犬

犬を迎えて生涯どのくらいかかるのかというと、300万円くらいになると言われています。300万円と聞くとすごいお金かと思いますが、毎月かかる費用などを合計していくと、犬の一生にかかる費用はそのくらいになるそうです。

また、小型犬・中型犬に比べると大型犬は当たり前ですが、食費も医療費もかかるので350万円くらいといわれています。しかし、飼い犬たちがいるからこそ毎日生活する中でも小さな幸せが生まれています。300万円と大きなお金が必要なこともしっかりと考えながら、愛犬たちがもたらす幸せを考え、犬を迎えるか判断することが大事になってくるでしょう。

まとめ

お金と犬

犬を飼っていくにあたって毎月必要な費用が想像と違った、なんて方もいたのではないでしょうか?およその費用になるので、各家庭によってはもっと少なかったり多かったりすると思います。

生涯かけると300万円が必要ということにも驚きがありますが、もしこれから犬を迎えようと考えている方は軽率に考えることなく、しっかりと考え、お金の余裕などもあるのか財布や家族と相談して決めてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。