血糖値の異常を知らせる「糖尿病予知犬」とは?

血糖値の異常を知らせる「糖尿病予知犬」とは?

お気に入りに追加

「糖尿病予知犬」を知っていますか?日本ではまだあまり認知されていませんが、介助犬の一種として糖尿病患者さんのもとで活躍している犬たちがいます。

3686view

古来から人間の手助けをするために様々な役割を担ってきた犬ですが、現在でも介助犬や警察犬、盲導犬、麻薬探知犬など多くの場で活躍している犬がいます。今回はそんな中でも介助犬の一種である「糖尿病予知犬」について紹介します。

糖尿病とは?

インスリン

人間の血液中には”ブドウ糖(血糖)”というエネルギー源が存在しています。人間の体は食事をすることで、このブドウ糖を体内に蓄え、エネルギー源として使うことができます。この時にブドウ糖を体内に取り込む動きをしてくれるのが、すい臓の「インスリン」という物質です。

糖尿病はこのインスリンがうまく動作せずに、血液中のブドウ糖を体内へ取り込めなくなってしまう病気です。ブドウ糖を体内へうまく取り込めないことで、血液中のブドウ糖の割合が高くなり(高血糖)、時には命に関わるような合併症を引き起こしてしまいます。

糖尿予知犬とは?

ラブラドールレトリバー

前述したとおり、糖尿病にかかると血糖値が上がり高血糖になります。高血糖になると長期的には合併症を引き起こすだけでなく、高血糖が原因で昏睡状態となる可能性があります。この危険な状態から脱すためには常に血糖値の上下を意識し、場合によってはインスリンを注射する必要があります。

「糖尿病予知犬」と呼ばれる介助犬は、この血糖値の上下を嗅覚で察知し、鳴き声や決められたポーズ(揺り動かす、前脚をあげる等)でお知らせするように訓練された犬のことです。

実際に犬が何の物質を嗅ぎ取って反応しているかというのは解明されていません。しかし、何らかの物質に反応していることは確かなため、イギリスやアメリカでは研究が進められると同時に予知犬の育成が進められています。

糖尿病予知犬の活躍

口を閉じて遠くを見つめるラブラドール

実際にイギリスやアメリカでは既にこの「糖尿病予知犬」が活躍しています。

アメリカでは8キロも離れた場所にいる女の子の血糖値の臭いをかぎ分け、母親に危険を知らせた糖尿病予知犬(ラブラドールレトリーバーのヒーロー)がいたり、イギリスでは飼っていた犬(ラブラドールレトリーバーのメイシー)が血糖値の上下に反応することが分かり、糖尿病予知犬となったケースがあります。

また、最近アメリカの男性が糖尿病予知犬(シナトラ)と一緒に高校の卒業式へ出席したことも感動を呼び、話題となりました。このシナトラは血糖値を測る機械よりも男性の血糖値の上下を素早く的確に察知してくれるそうです。

訓練を受けていない飼い犬においても、飼い主に低血糖や高血糖の症状が現れた際に”揺り起こす、吠えて知らせる、うろうろと落ち着かない様子を見せる、他の家族を呼びに行く”といった普段とは違った行動がみられています。

まとめ

人の手と犬の足

血糖値の検査では毎回、指先に針を刺して血を調べる必要があり、これらの検査は大人でもつらいものです。これらが犬の嗅覚で察知できるとなると、数多くの人が救われます。

また、犬の嗅覚を持ってすれば、糖尿病以外にも心臓病やてんかん等の発作を予知し、警告することが可能だといわれています。

しかし、残念なことに日本ではまだこれらの介助犬があまり知られていないのも現状です。ペット大国でありながら、いまだに殺処分もなかなか減らない日本。これらの介助犬の存在が広まり、犬の役割が少しでも増えることは、こういった悲しい殺処分を減らすことにも繋がります。

犬は古来から人間の役に立つことが生きがいとなるように改良されてきた歴史もあります。
だからこそペットとしてだけでなく、人間と共生できる方法を見つけるのも人間の役割だと思います。

なお、この介助犬たちは無理やり厳しいしつけを受けているわけではなく、特性や性格、互いの絆や愛情があってこそ成り立っています。信頼関係を築き、共生する方法の一つとして日本でも介助犬が広がっていけばいいなと願っています。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 じん

    犬がガンなどを発見することができるというのは聞いたことがありますが、血糖値の異常も発見することができるなんて、知りませんでした!犬は本当に素晴らしい才能を持っていますね!本当に関心です。うちの父親が糖尿病なので、ぜひとも糖尿病予知犬に会わせてみたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。