アイリッシュウルフハウンドの大きさやブリーダー、子犬の値段から飼い方まで

アイリッシュウルフハウンドの大きさやブリーダー、子犬の値段から飼い方まで

アイリッシュウルフハウンドは世界一大きい犬として有名な犬種です。アイルランドが原産で、狼を狩っていたこともある勇敢な犬でもあります。アイリッシュウルフハウンドは大きな体と狩猟犬として活躍していたことから、犬の中でも最強のイメージがありますが、実は穏やかで家庭的な一面を持っていて、友好的な性格から子供とも遊ぶことができます。そんな優しさを持ち合わせるアイリッシュウルフハウンドを紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

アイリッシュウルフハウンドの特徴

伏せるアイリッシュウルフハウンド全体

大きさ(体重/体高)

体の大きさ

  • 体重:オス:54~60kg・メス:48~50kg
  • 体高:オス:80cm前後・メス:75cm前後
  • 分類:大型犬

アイリッシュウルフハウンドは大型犬に分類されますが、通常の大型犬よりはるかに大きく、体高が1メートル以上になるものや、ロバやポニーくらいの大きさになる犬もいるようです。アイリッシュウルフハウンドはゆっくりと成長する犬種で、2歳くらいまで大きくなり続けます。

被毛(毛色/毛質)

被毛

  • グレー
  • レッド
  • フォーン
  • ブラック
  • ピュアホワイト
  • 黒い毛に褐色の色が入っているブリンドル

アイリッシュウルフハウンドの被毛はグレー、レッド、フォーン、ブラック、ピュアホワイト、黒い毛に褐色の色が入っているブリンドルなどの、バリエーション豊富なカラーがあります。

アイリッシュウルフハウンドの毛足は長く、毛質は針金状でゴワついており、目やあごの周りには特に硬い毛が生えています。ワイルドな印象のもじゃもじゃな被毛は、狼などと戦った時にケガを防ぎ、寒さや湿気から身を守るという役目をしています。

体の特徴

アイリッシュウルフハウンドは、長めの鼻先と垂れた耳が特徴で、長い脚は俊敏さと力強さを兼ね揃えています。そして、後ろ足で立ち上がると2メートルを超えることもあり、体の大きさが最大の特徴です。

アイリッシュウルフハウンドは首の長さも特徴的です。狩猟犬として狼を狩るときは、その長い首を伸ばし、頭を高く掲げて、獲物を見つけていたと言われています。

アイリッシュウルフハウンドの性格

アイリッシュウルフハウンドの笑顔

性格

  • 優しく穏やか
  • フレンドリー
  • 忍耐強い
  • 動くものを追いかけることが好き
  • 飼い主に忠実

優しく穏やか

アイリッシュウルフハウンドの性格は、穏やかで優しいことから「ジェントルマン・ドッグ」と言われるほどです。運動量は豊富ですが、普段はとてもおとなしく、あまり吠え立てることもしないので、超大型犬ですが比較的飼いやすい犬種になります。

性別による違いとして、メスのアイリッシュウルフハウンドは、オスよりも穏やかな気質を持ち合わせているようです。

フレンドリー

アイリッシュウルフハウンドは、他の犬や子供とも仲良くすることができるフレンドリーな性格です。アイリッシュウルフハウンドは猟犬として狼を相手に戦っていたこともありますが、攻撃性はほどんとありません。

友好的な性格でなおかつ、見知らぬ人に対してそれほど強い警戒心を抱かないことから、番犬としては向いていないでしょう。

忍耐強い

アイリッシュウルフハウンドは、普段は落ち着いて物静かな犬種で、忍耐強い性格からしつけがしやすい犬種になります。しかしデリケートな一面もあるため強く叱るなど、扱い方によっては傷ついてしまうこともあります。

飼い主に反抗的になって我を通すところはありませんが、人間の反応に敏感なので、優しくたくさん褒めてあげましょう。

動くものを追いかけることが好き

アイリッシュウルフハウンドは、視覚の優れた狩猟犬(サイトハウンド)の本能から、動くものに反応します。時に車や自転車に乗った人まで追いかけてしまうこともあるようです。

アイリッシュウルフハウンドを散歩などで外出させる際、飼い主は犬に引っ張られないための体力が必要になります。その大きさから、見た目だけでも恐れる人がいるがいるかもしれないので、慣れない場所やどんな音にも動じない社会性を、訓練で身に着けさせることも必要です。

飼い主に忠実

アイリッシュウルフハウンドのような単独で狩りをする狩猟犬は、一般的に状況判断能力に優れているものの、飼い主に従いづらい傾向があります。しかし、アイリッシュウルフハウンドは別で、従順な性格をしており、飼い主や家族にとても忠実です。

また、孤独を嫌い、大きな体で子犬のように甘え、飼い主と一緒にいることに幸せを感じます。

アイリッシュウルフハウンドの子犬の価格

アイリッシュウルフハウンドの子犬

価格

  • 30万円前後

アイリッシュウルフハウンドの子犬の値段相場は30万円前後です。超大型犬で希少な上、生後4ヶ月で20キログラム前後になるため、ペットショップでの販売は向いておらず、ほとんど見かけることはありません。

アイリッシュウルフハウンドは見た目の大きさが重要な要素なため、オスより子犬のメスは、値段の方が安い傾向にあります。

また生後数日によって相場も変わり、生徒1ヶ月前後は30万~35万円だったものが、生後3ヶ月になると25万~30万円くらいになります。めずらしい毛色や、コンテストのチャンピオンを両親に持つ子犬は、40万円を超える事もあるようです。

アイリッシュウルフハウンドをブリーダーから迎えるには 

二匹のアイリッシュウルフハウンド

アイリッシュウルフハウンドの子犬を迎えるためには、ブリーダーからの購入が一般的です。国内における専門のブリーダーはごくわずかで、地域によっては近隣で子犬を探すことは難しいでしょう。ブリーダーが近くにいない場合は、ネットで子犬を販売しているサイトを探してみるのも手です。

アイリッシュウルフハウンドの専門犬舎として、「ドーンオータカ」という静岡県にあるブリーダーや、愛知県の「都築賢一ブリーダー」などがおすすめです。他にもアイリッシュウルフハウンドとのミックス犬を扱うブリーダーもいます。

アイリッシュウルフハウンドの里親になるには

撫でられるアイリッシュウルフハウンド

アイリッシュウルフハウンドは日本国内での登録犬頭の少なさから、里親の募集はめったにありません。里親募集はインターネットサイトやブリーダーから行われているので、探してみるのもよいかもしれませんが、超大型の成犬を引き取り育てるには、ある程度経験が必要です。

もし、アイリッシュウルフハウンドの里親になれるチャンスがあった場合、持病が理由で元の飼い主から手放されることもあるかもしれません。ワクチンや疾病の有無などの詳細を確かめ、画像だけでは判断できない性格などを知るためにも、譲り受ける前に実際に会いに行ってみることをおすすめします。

アイリッシュウルフハウンドの飼い方

人の横にいるアイリッシュウルフハウンド

環境

アイリッシュウルフハウンドは家族と一緒に過ごすことを好む犬種で、室内飼いが向いています。室内では広いスペースを必要としますが、滑りやすい床や、段差の多いところは避け、自由に動けるようにし、入ってもらいたくないスペースには、頑丈な仕切りを設置して事故を防ぎましょう。

自由に出入りできる広い庭もあればよいですが、狩猟本能が働くことを想定し、飛び越えられない高さのあるフェンスの設置が理想的です。

アイリッシュウルフハウンドの寝床は、硬い床だと体重で腕や脚にタコができやすいので、大きくてやわらかいベットにし、クッションを置いてあげることも良いでしょう。

運動

アイリッシュウルフハウンドは猟犬だったこともあり、活動量が豊富です。太りやすい犬種でもあるので、毎日の運動は1日1時間の散歩を2回程度、時には狩猟犬としての本能を満たすよう、庭やドッグランなど広い場所で走ることも取り入れましょう。

アイリッシュウルフハウンドは、運動することで足腰を丈夫にし、関節や重たい体を支えるための筋肉を作ります。特に子犬のころは成長期の関節への負担を避けるためにも、硬いアスファルトではなく、やわらかい地面での運動をおすすめします。

しつけ

アイリッシュウルフハウンドは穏やかな性格のためしつけやすいですが、体の大きな犬種なのでトラブルを避けるためにもしっかりとしつけをする必要があります。社会性を学ばせるためにも、子犬のころから他の犬や人と接する機会を設け、しつけ教室へ入れるのも良いでしょう。

また、アイリッシュウルフハウンドは我慢強い性格ですが、感受性が強くデリケートな一面があるため、体罰や厳しく叱りつけるようなことは止めましょう。心ない扱いをされると傷付き体調不良になってしまうことがあります。繊細で優しい性格だと理解した上で根気よくしつけていくようにしましょう。

アイリッシュウルフハウンドの餌は、1日の食事量にするとドッグフード600gになり、これを一日2回以上に分けて与えます。メーカーによっても違いますが、1ヶ月約18kgのフードが必要になる計算です。

アイリッシュウルフハウンドのような大型犬は関節に負担がかかりやすいので、骨格をサポートする成分が含まれるフードが良いでしょう。

また一気食いを防ぐためにも、食器は直径20センチメートルほどの大きさのお皿を選び、水飲みとともに床に置くのではなく、犬が無理な体勢を取らなくても口にできる高さに設置してあげましょう。

お手入れ

アイリッシュウルフハウンドは一年中毛が生え変わる犬種です。家庭犬の場合は、週に1回程度ブラッシングを行い、抜け毛を取り除くことで十分に美しい被毛が保てます。体が大きく、ブラッシングには時間がかかるので、部分的に分けて毎日行うのも良いでしょう。

とにかく大型の犬種なため、シャンプーなどのお手入れはサロンに頼む方が無難でしょう。アイリッシュウルフハウンドの耳は垂れているので、蒸れて汚れやすいです。週に1度は耳をチェックし、外耳の部分を拭いてあげましょう。

アイリッシュウルフハウンドを飼う上での注意点

黒いアイリッシュウルフハウンド

散歩のやり方

アイリッシュウルフハウンドは、生後6ヶ月程度で40キログラム程度と、人間と同じくらいの体重にまで成長します。若い犬の場合、散歩中に突然走り出して引きずられてしまうこともあります。子供やお年寄りだけで散歩に行くのは避けましょう。

また車や人、他の犬の刺激を受けないコースを選んで散歩することもトラブル回避に役立ちます。

費用がかかる

アイリッシュウルフハウンドは超大型犬のため、餌や飼育環境にかかる費用も大きくなります。例えば、室内で飼う場合の必需品として、犬用のトイレがあります。大きさによってはXLサイズが2枚以上必要となる場合もあり、通常の大型犬よりもさらに費用がかさむことになります。

アイリッシュウルフハウンドを迎える際には、事前の見積りをしっかり行うことが重要になります。

アイリッシュウルフハウンドのカットは必要か

飼い主に寄り添う灰色のアイリッシュウルフハウンド

アイリッシュウルフハウンドは、粗い毛質なので、基本的にトリミングはしなくて十分ですが、必要に応じて、目の周りや足の裏の毛を短くカットします。体が大きいので、爪の手入れなども含めて、プロのトリミングに任せる方がよいでしょう。

アイリッシュウルフハウンドのような超大型犬のカットをプロにお願いする場合、受け付けていないサロンもあります。また価格も小型犬の3倍程度かかるため、サロンによく確認した上で頼むようにしたいですね。

アイリッシュウルフハウンドの寿命

伏せるアイリッシュウルフハウンド

寿命

  • 6~8歳

アイリッシュウルフハウンドの平均寿命は6~8歳です。寿命が短い大型犬の中でも更に短命の犬種で、長生きしても10歳まで生きるアイリッシュウルフハウンドは少ないです。その理由は体が大きく、心臓にかなりの負荷がかかるためのようです。

アイリッシュウルフハウンドは絶滅の危機から数頭の犬で復興されたため、純血種固有の遺伝疾患が多く出現する犬種です。アイリッシュウルフハウンドと少しでも長く一緒に過ごすためには、日頃から健康状態に気を配り、少しでも異常を見つけたら早めに病院へ連れて行くことです。

アイリッシュウルフハウンドのかかりやすい病気

手を伸ばして伏せるアイリッシュウルフハウンド

股関節形成不全

アイリッシュウルフハウンドは関節が変形する、股関節形成不全になりやすい犬種です。股関節形成不全の原因は遺伝的な理由が大きいですが、体重が増えすぎてしまう、滑りやすい床や階段の上り下りが頻繁な生活など、環境によって起こる場合もあります。重症になると手術をすることもある病気です。

  • 脚を引きずる
  • うまく歩けない
  • 立ち座りが困難

上記のような症状が現れたら、早めに病院へ連れて行くようにしましょう。

胃捻転

アイリッシュウルフハウンドはかなりの大型で胸の深い犬なので、胃捻転になりやすい傾向があります。

食後すぐの運動などが原因で胃がねじれてしまい、その部分の血行が止まって壊死し、ガスが溜まり内臓を圧迫します。胃捻転は突然症状が現れて、急激に進行するので、早急な治療をしないとショックにより死に至る怖い病気です。

アイリッシュウルフハウンドの胃捻転を予防するには、餌を一気に食べることを避け、食後は運動をさせずに落ち着いて過ごさせるようにしましょう。

アイリッシュウルフハウンドの歴史

走る二匹のアイリッシュウルフハウンド

アイリッシュウルフハウンドはローマからアイルランドへ渡り大型化され、狼を狩る犬として活躍します。しかし、アイルランドの狼の数が減少するとともに数が減り続け、活躍の場を失ったアイリッシュウルフハウンドは一時絶滅寸前になりました。

1800年代、アイリッシュウルフハウンドの愛好家達が個体数を増やす活動をスタートし、世界一背の高い犬の原型が完成します。アイリッシュウルフハウンドは、狼を相手にする猟犬だった歴史に似合わず、穏やかでフレンドリーな性格から「ジェントル・ジャイアント」と呼ばれることもあります。

まとめ

アイリッシュウルフハウンドの全体

アイリッシュウルフハウンドは、見た目の大きさからは想像できないような、優しさと繊細さを兼ね備えた犬です。穏やかな性格で飼いたいと考える方もいるかもしれません。

しかし、アイリッシュウルフハウンドを家族に迎えたい場合、十分な飼育スペースを確保することや、介護が必要になったとき、家族全員で世話ができるようにするなど、誰にでも飼える犬種ではないということを覚悟する必要があります。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 モカ

    超大型犬に分類されるアイリッシュウルフハウンドは全犬種中最大の体高とされる犬種であることは有名で日本でも100頭ほどペットとして飼われているそうです。ただし、一般的な日本の家庭ではその大きさ故飼うには不向きなようです。長時間の散歩や運動量も必要なので誰にでも飼える犬種ではないようです。歴史は古く紀元前273年前から存在しギリシャからアイルランドに渡って来た時に更に大型化し、その威風堂々とした姿はローマ帝国時代、貢物として献上された。一時は絶滅寸前まで追い詰められ愛好家たちの手によって保護しハウンド種などと交配させて現在のような形になったと言われています。その風貌とは違い性格は穏やかで落ち着きのある普段はおっとりとして忍耐強い性格なのでしつけはそれ程難しくないと言われています。超大型犬なので寿命は短く8年程度しか生きません。犬は大型犬であればある程、短命の傾向にあるようです。この犬種を愛犬として飼われるなら短く濃い時間を過ごす心づもりで飼われると良いでしょう。
  • 投稿者

    女性 aoi

    アイリッシュウルフハウンド、世界一大きい犬として有名ですね。テレビでは見ることがありますが、実際には飼っているお家はなかなか見つかりません。

    特徴的な被毛は硬めで、特に目の周りなどは針金のような毛で守っています。毛色はグレー系ブリンドルが多いですが、実際はレッド、フォーン、ブラック、ホワイトなどとてもたくさんのカラーが認められています。
    大きな体ですが表情に威圧感はなく、穏やかな目は性格を表していてとても優しいです。
    アイリッシュウルフハウンドは感受性が強く、我慢強い性格をしているので、嫌なことにもぐっと耐えてしまうことがあります。それが積もって大きなストレスになってしまいます。繊細な心を持つ優しい犬種であることを理解し、しつけなども褒めて教えてあげるようにすると素直に学習してくれます。
    大きな体なので力があります。ハウンドなので走るスピードもあります。突発的に走りだされたら飼い主さんが大けがをしてしまいます。特に「マテ」をできるようにしておくと安心です。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    数年前に横浜でやっていたドッグショーか犬のイベントのようなものを見に行った時に、初めてアイリッシュウルフハウンドを見てびっくりしました!一緒に歩いていたうちの子供よりはるかに大きい!よちよち歩きの下の子なんて、アイリッシュウルフハウンドの股下通れちゃうんじゃない!?ってくらいだったのでつい見惚れてしまい、ちょびっと後をついて歩いてしまいました(飼い主さん、失礼しました…。)まわりの喧騒なんて聞こえていないかのような泰然自若とした様子がっすごく印象的で、なが~い足でゆったり歩いていましたね。よく大型犬ほど性格がおだやかで落ち着いているなんて言われますが、まさにその通りだなと感じさせられるような子でした。
  • 投稿者

    50代以上 女性 てとめる

    アイリッシュウルフハウンドという犬種をはじめて知りました。一年間に30頭近くしか産まれないんですね。少ないなあ…なんて思いましたが、それくらいの方が捨てられたりペットショップで売れ残ったりなんて悲しい犬にならずに済んでいいのかも知れないですね。また大きさも超大型犬ということで体重も50kgと人間1人分くらいあるんですね!思いっきり抱きついてもがっしりと受け入れてくれそうですね~♪超大型犬や大型犬は身体に反して大人しい犬ばかりなのでもしかしてこの犬も?なんて思ったのですがやはり大人しい犬種でしたね。きっとあんなもふもふの姿なので子供にも大人気なんだと思いますね。一度はアイリッシュウルフハウンドに出会ってみたいですね~♪
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    アイリッシュウルフハウンドには悲しい歴史がありますね
    経済、体力、知識、時間、愛情全て整った家庭でないとウルフは無理ですね。
    憧れの犬です。

  • 投稿者

    40代 女性 ねこままれ

    アイリッシュウルフハウンドの子犬を
    先週 末っ子として迎えました。

    かなりのハイパーです!
    性格はラテン系です!
    ペットショップの店頭には出回らないので、ブリーダーからの購入です

    ブリーダーも、数年かけて下調べしました。
    子育てに楽はないですね〜
    初めての犬が「アイリッシュウルフ」は
    やめた方がいいと思います

    ラブラドール経験者なら「楽勝!」と感じるかもです^_^

    短い時間で犬生を駆け抜けていきます
    犬種問わず、迷ったら(飼わない)やめる
    勇気。
    一目惚れや、運命で共に暮らせる犬種ではないです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。