犬の生涯に必要な費用はいくら?活用したい節約術

犬の生涯に必要な費用はいくら?活用したい節約術

お気に入りに追加

犬の飼育にはそれ相応の費用がかかります。生涯、犬にどのくらいのお金がかかるのか気になりますよね。犬を迎えることを検討している方は是非参考にしてみてください。

14201view

犬の飼育にはこれだけ費用がかかります

犬と電卓

犬を迎える初期費用

  • 仔犬代 ¥150,000~
  • ワクチン接種代 ¥8,000
  • 犬の登録料 ¥3,000
  • 去勢、避妊手術 ¥25,000
  • 犬用グッズ類 ¥25,000程度

仔犬代はさまざまでしょうが、上記のモデルケースだと、初期費用で¥211,000程度かかります。

1年間にかかる費用:小型犬で13万円~、大型犬で20万円~

  • 食費 ¥36,000
  • おやつ ¥12,000
  • ペットシーツ ¥12,000
  • おもちゃ ¥24,000
  • その他消耗品 ¥10,000
  • 狂犬病予防接種 ¥3,500
  • 混合ワクチン接種 ¥8,000
  • フィラリア予防薬 ¥12,000
  • ノミダニ予防薬 ¥12,000
  • 健康診断費用 ¥4,000

上記の費用は小型犬のモデルケースです。合計¥133,500となります。

さらにトリミングが必要な犬種はトリミングの費用がかかります。トリミング料金は、おおよそ1回¥5,000~¥10,000、行くタイミングは犬種やカットスタイルによって変わります。人気のトイ・プードルは、毎月1回のトリミングが理想で、トリミング料金は1回あたり¥6,500~¥8,000くらいでしょう。

また、上記の数字には、病気や怪我の治療費が含まれていません。加齢とともに医療費がかかるようになります。
旅行に行くのに犬をペットホテルに預けるとなると、ホテル代がかかります。

犬の生涯にかかる費用は?

年間¥133,500程かかる小型犬は15才までで、初期費用と合わせて、単純計算で¥2,213,500となります。
しかし実際は、ペットホテルに預けたり、トリミングサロンを利用したり、不意の怪我や病気、老犬になってからの医療費で300万円前後かかると思って良いでしょう。

犬用グッズは賢く買って節約しよう

ショッピングカートを押す犬

消耗品はまとめ買い作戦

ドッグフードやトイレシーツ、消臭剤などは、まとめ買いがお得です。
特にトイレシーツは消耗品で必ず使用します。ストック場所があるようなら、ネットショップで格安なところを探し、ケース買いなどのまとめ買いして割引を賢く利用しましょう。

セールを活用

賞味期限のない犬用グッズの購入は、棚卸しセールやバーゲンイベントを狙うのも良いでしょう。
おすすめなのが、季節商品をシーズンオフに安く購入することです。夏場に大活躍のクールマットは、夏が終わるとセール価格になりますので、来夏の分を買っておくとお得です。冬用の温かいベッドやケット類、衣類も、春が来る頃にはセール価格になっています。

オークションを利用してみては?

メルカリやヤフオクなどの個人売買サイトには、ペット用品が多く出品されています。
トイレトレーやクレート、ケージなど、これから犬を迎える方はグッズを揃えるのに出費がかさみますよね。新品ではないかもしれませんが、かなり格安で手に入りますので検討してみてはいかがでしょうか。

いくらかかるか心配な犬の医療費に備えて

犬と救急箱

健康管理は日ごろから

医療費の節約は、日ごろからの健康管理にあります。
愛犬の不調や異変にいち早く気が付くことが出来れば、治療も短く済みますし、治療費も安く済みます。
歯磨き、耳掃除やチェック、全身マッサージなどで愛犬の健康チェックを、コミュニケーションを兼ねて毎日行いましょう。愛犬の健康管理をしっかりすることは、愛犬にも家計にも優しいのです。

1年に1回は健康診断をしよう

怪我や病気がなければ動物病院に行く機会がないかもしれませんが、1年に1回は愛犬の健康診断を動物病院でしてもらいましょう。
触診に血液検査、尿検査やレントゲンやエコーなど、愛犬の心配事や年齢によってメニューはさまざま。費用は¥8,000~¥20,000くらいが相場なようですが、メニューによってはそれ以上かかるかもしれません。安くはありませんが、大きな病気が後々発見されるよりは、早期発見、早期治療・対策をした方が、愛犬にも家計にも優しいことに違いありません。
愛犬の健康診断を忘れないように、飼い主さんの健康診断の時期や、愛犬の誕生日時期などに行うことにしてみてはいかがでしょうか。

ペット保険に加入して費用を減らそう

今は元気な愛犬でもいつかは年を取ります。将来どんな怪我や病気をするかわからない、その都度高額な医療費がかかるかもしれません。
例えば、外科的な手術が必要になったりすると、何十万単位の治療費となります。全額自己負担だと大変です。
愛犬に必要な治療を高額な費用を理由に諦めないために、ペット保険に加入して不測の事態に備えましょう。保険会社ごとに、補償内容や掛け金が違いますので、何社か資料を取り寄せて愛犬と飼い主の生活にぴったりなものを選んでください。

医療費だけは節約してはいけません

愛犬に与える薬をネットで安く購入したり、人間用の薬を与えるという飼い主さんをたまに耳にしますが、これはお勧めできません。
獣医師の診断の元、獣医師の了解を得て同じ薬を購入するのであれば安心かもしれませんが、勝手な知見で行うことは安全とは言い切れません。
他の部分で節約して、浮いた分を医療費に充てるくらいの心づもりが良いのではないでしょうか。

まとめ

お金と犬

犬を生涯面倒を看るためには、最低限の必要経費がかかります。
安いか高いかは人それぞれの感覚でしょうが、この最低限の必要経費ほど生活に余裕がない方は、犬を迎えることを一度思いとどまった方が良いかもしれません。
愛犬と幸せな生活を送るはずが、愛犬との生活によって自分の生活がままならなくなってしまっては本末転倒どころか愛犬まで道連れです。
愛情だけで犬の飼育はできません。食事や健康管理、犬の生活を整えるためには現実的にお金がかかるのです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    現在、小型のミックス犬(4歳)を飼っています。ソファーから飛び降りた際、膝のお皿がずれてしまい、しばらくは経過観察をしていたのですが、次第に外れやすくなり先日パテラの術後を受けました(恥ずかしながら急な出費だったので1年かけて費用を貯めました)
    費用は手術前検査で2万円、手術費用は約20万円、術後の検診で約2万円…
    保険に入っていなかった為、大きな出費でした。
    犬を飼い初めた時に保険に入ろうかと資料を取り寄せましたが…まだ若いし怪我や病気は飼い主である私が注意していれば大丈夫だろうなどと安易な考えで保留にしていた結果が…

    勿論、ペットの年齢が上がれば保険の掛け金もあがりますが、ペットを飼ったら出し惜しみせずペット保険に入る事をお薦めします。
  • 投稿者

    40代 男性 キュアパパ

    犬の生涯健康で葬式費用も込みなら費用は小型犬・中型犬・大型犬は200~300万円位かかりますよ(*^^*)

    病気や怪我が有る場合は500万円位は覚悟が必要ですよ(*^^*)

  • 投稿者

    女性 匿名

    愛犬も8歳になり白内障の治療を受けています。3ヶ月に一度受診し進行具合を診て貰い、3週間に1本¥980(通販価格)の目薬を買います。フードは年間¥72,000位。おやつは¥36,000位。ワクチンは¥85,000。フィラリア予防に¥15,400etc…。 大型犬なので何かと高くなります。
    保険には加入しました。7割を保証してくれるので安心して治療できます。(既往症は対象外です)
    今はまだ元気ですがおいおい病気をするようになると思うので、金銭的な余裕と気持ちの余裕を持ちたいです。
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    ミニチュアダックスフンドの男の子がいます。改めて計算したことはないのですが、こうやって列記してみると、結構お金がかかってるものですね。
    我が家で愛犬に一番お金をかけている分野は食費だと思います。朝はドライフード、時間のある日の夜は手作りご飯にしているため、いわゆるドッグフード代はフードのみのご家庭よりもかかっていないと思います。それでも原材料を吟味し、かつ愛犬に合ったフードとなると、だいたい1キロで2000円前後のものになってしまいます。これに、ドライフードだけでは不足してしまいがちな水分、ミネラル等を補うためにトッピングする缶詰代、手作り食の際に使用するオイルやカルシウムパウダー、関節ケア、目のケア用のサプリなどを考えると、小型犬とはいえ1ヶ月の食費は5000円程度かなと思われます。ドライフードの値段はピンきりで、削ろうと思えば削れるところだと思うのですが、我が家では他を削ってでもここは落としたくないと思っています。
    その他、狂犬病の予防接種やワクチン接種代やフィラリア駆除薬、ノミダニ駆除薬については、病院によって多少、値段に差があります。同じ薬でも病院によって違いますので、我が家では病院を使い分けるようにしています。本当は1つの病院で全てのことにかかった方が良いのだろうと思いますが、1錠の値段の違いが通年の薬代としてはかなりの額になること、そして病院によっても専門分野もあることから、我が家では用途に分けて病院を分けるようにしています。

    ペット用品は、ペット用と名が付くだけでお値段が高くなってしまうことが多いように思います。フードやシャンプーなど、代替品がきかないものは仕方がないと思いますが、その他の用品についてはペット用品ではなくても代わりになるものはたくさんあります。
    例えば、ペット用のベッドですが、周りが囲まれているカドラータイプが好みのワンコはペット用を使うことになりますが、ふわふわのクッションタイプのベッドが好きな場合にはマザーボールなどの人間用のクッションでも十分に代用可能です。その他、ベッドやキャリーバッグ、カート、カフェ等で使うペット用マットは赤ちゃん用の物を使うことができます。赤ちゃん用の物の方が品質もよくお値段もお安いものがたくさんあります。ハーフケットを使う手もあると思います。夏用のガーゼタイプの物など、ワンコに使う素材としてもとても良いのではないかと思っています。
    おもちゃに関しても、ペット用となると高い物もたくさんありますが、乳幼児用のおもちゃも押すとピーとなるおもちゃがたくさんあります。口に入れても安心な塗料が使われており、ペット用よりも原料としては安心です。その他、穴が開いて履けなくなってしまった靴下に既存のおもちゃを入れただけでもワンコにとっては新しいおもちゃになります。
    友人のお宅では、人間の介護用に使っていたオムツで余ってしまったものを、綺麗にカットしてペットシート代わりに使っているそうです。ペットシートよりも吸収率も高く広がらないそうです。

    ペットを飼うと当初、想定していた物以外にもいろいろとお金がかかるものですね。ペット用ベッドやカート、ペット用の洋服など、驚くような価格の物もあります。上を見たらキリがないと言われています。この点においては人間の世界と同じなのかもしれません。
    払えるのであればそれも良いのだと思いますが、難しい場合には、どの点を最優先として考えるのか、これは代替品でも良いのかを見極めていくしかないのかなと思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    「犬を飼う事」は夢や希望を抱えてスタートするかと思いますが、現実を頭に入れておかないと予想外にお金がかかることに驚く場合があります。記事にもありますように、犬は毎年必ず狂犬病の予防接種やフィラリア予防薬を飲ませたりしなければなりません。
    また、若いうちからペット保険に加入していればいいのですが、我が家もそうですが入っていないと病気になって長い治療生活に入ると、薬や検査代がとても重くのしかかってきます。人間のように健康保険適用などはないので実費負担になってしまうので、出来る事ならば保険には入ることをお勧めします。
    そして、日々の日用消耗品も、今はネットで同じものを価格比較して安く買えるので、例えばウンチ取り袋など毎日使うものは安くて枚数が多いものを選んで買うと良いと思います。
    少しの節約でも、長い目で見るととても大きな金額になるので、賢く選んでいきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。