【元動物看護師体験談】心臓の悪い犬に炎天下の中、運動をさせる飼い主

【元動物看護師体験談】心臓の悪い犬に炎天下の中、運動をさせる飼い主

皆さんの愛犬は定期的に健康診断を受けていますか?飼い主さんの中には愛犬が病気の徴候があっても治療をせず医師の注意を聞かない方がいます。病気の犬の体調を考えずに無理をさせ結果として死なせてしまった、悲しい出来事についてお話ししたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

私は以前動物病院に勤めていました。
その頃に実際にあった、飼い主さんが愛犬を大事にしないがために結果として犬を死なせてしまった悲しい出来事について体験談をお話ししたいと思います。

心臓の悪いキャバリア

散歩中のキャバリア

飼い主さんがキャバリアの愛犬を連れて予防注射を受けに来院しました。
その時に聴診をすると、非常に酷い雑音が聞こえました。胸に手をあててみると心臓が異常な程ドキドキしているのが手に伝わり、心臓が確実に悪いのがみてとれました。
先生は心電図などの詳しい検査をすすめましたが、飼い主さんは「お金かかるでしょ?しなくていい」と言いました。
心臓の状態は聴診する限り非常に悪いから犬は苦しいはず。心臓に対する飲み薬を飲むことを勧めると先生は言いましたが、飼い主さんは頑なにお金を気にしていらないと拒否しました。

高級車

しかし、その飼い主さんは、全身ブランド物の服やバックを身に付け高級車に乗り病院に来ていた方なので、お金がなく払えない家庭とかそういう事情ではなさそうでした。この犬にお金をかけるつもりはない、そういう風に言っているようでした。

先生は、激しい運動や暑さは心臓の負担になるから気を付けるように、など様々な注意事項を飼い主さんに説明しましたが、ちゃんと実行してくれるかどうか微妙なリアクションでした。

その飼い主さんは元々、犬のこともあまり大事にしていない方で、犬は身体のあちこちに皮膚病を患っており、その他には外耳炎、爪や足裏の毛が伸び放題でいつも来院していました。酷い時には伸びすぎた爪が折れたり、肉球に刺さってしまっていることもありました。

私はいつもその子が来ると無料で耳掃除や爪切りや足裏の毛のカットをしていました。もう少しマメにお手入れしてあげて下さいと伝えましたが改善されることはありませんでした。

炎天下の中、走らせ続ける

走るキャバリア

そんなある日、恐れていた事態が起きました。
真夏の炎天下のある日、その飼い主さんから電話がかかってきました。
「犬が死にそうでヤバい」とのこと。
診察時間外でしたが、すぐに来院するように伝えました。

来院すると、その子は変わり果てた姿でぐったりと横たわり、舌は紫色になり目を見開いていました。
飼い主さんに事情を聞くと「真夏の炎天下の中、犬を連れてキャンプに行き、犬は子供達が連れ回してずっと走らされていた」そうです。

子供達がリードを引っ張り続け走っている最中に突然犬が倒れて動かなくなってしまったということでした。その後、様々な治療をし手を尽くしましたが、残念ながらその子は亡くなってしまいました。

動物を飼う前に考えてほしいこと

かわいい子犬

今回のような悲しい出来事を減らすにはどうしたらいいでしょうか。
安易に動物を飼わないために、動物を飼おうとしている方に以下の点をよく考えて頂きたいと思います。

  • 犬も年をとり病気や怪我をします。そのためにお金や時間をかけてあげられるか。
  • 一度飼ったなら最後まで愛情を注ぐ。
  • トリミングや爪切りなど日頃のケアを怠らない。
  • 一目惚れや衝動買いをしない。
  • 家族全員で協力して世話が出来るか。
  • 子供や孫が生まれても変わらずに愛情を注ぎ手間暇かけられるか。
  • 家族全員の同意を得ていて生涯飼える環境が整っているか。
  • 犬種ごとの性格やなりやすい病気をきちんと調べたか。
  • 飼い主さんがしつけを学び実行出来るか。
  • 定期的に健康診断を受ける。
  • 治療が必要であればきちんと受ける。
  • 最期の看取るまで大事にする。

まとめ

舌を出すキャバリア

私たち人間は病気の早期発見のために、ある程度の年齢になると定期的に健康診断を受けている方がほとんどだと思います。

私は動物病院に勤めている頃、シニア期の犬を飼われている方に健康診断の説明をよくしていました。
きちんと愛犬の為に健康診断を受ける方もいれば、中には、

「もし何か悪いところが見付かったらまたお金かかっちゃうし、治療や薬が必要になるでしょ?そんなのしなくていい」

という飼い主さんもいました。
犬を大事に飼うということは可愛がるだけではありません。
健康診断の必要性は犬も同じであり、ましてや異常がみられる時は詳しい検査や薬が必要です。
犬が病気になれば、最善を尽くしなるべく苦しくないように治療をしてあげることが飼い主さんの勤めであり責任だと思います。

今回のケースでは、日頃の飼い方からみてもあまり大事にしておらず、医師からの注意も聞かず、飼い主さんの不注意から犬が亡くなってしまった悲しい出来事でした。
キャバリアはとても温厚な性格の子が多く、嫌がることをしてもじっと耐える性格の子でした。病気の犬の体調を考えずに無理をさせ、結果として亡くなってしまい、とても悔やまれます。

おもちゃやファッション感覚で安易に犬を飼い大事にされない方が少なからずいます。本当に大事に飼える方だけが動物を飼ってほしい、安易に飼う方が減る世の中になってほしいと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家も、キャバリアの男の子(3歳)がいます。この記事を読んで、とても胸が痛みました(涙)うちの子は1歳になる前、ドッグランで他の犬に追いかけられて後ろ脚の膝を脱臼してしまいました。
    翌日、病院に連れて行きレントゲン撮影したところ、股関節形成不全がわかりました。「脱臼は、しばらくサプリで様子を見ましょう。」と言う事でしたが、状態が悪化してきたので手術を受けました。
    それ以来、定期的に股関節と膝の具合を見てもらっています。(サプリも続けてます)そして、心音の聴診と体重測定それから、垂れ耳なので耳のチェックと、必要な際には耳の治療をしてもらっています。
    言葉が話せない分、日頃から愛犬の様子は細かく見ています。
    とても、無理なんてさせられる訳ありません。
  • 投稿者

    女性 コブラ

    夏の間お散歩で見かけなくなったボステリちゃんが最近お散歩を復活させたので、理由を聞いたら、心臓肥大で熱い季節のお散歩はドクターストップがかかったんだそう。確かに呼吸が粗くなると心臓に負担をかけてしまいそうですもんね。
  • 投稿者

    40代 女性 シドアサ

    リアルで貴重な体験談でした。こちらのサイトを始め動物系の記事を読もうと思う人間の中には、この記事の飼い主みたいな人間は存在しないと思います。でも悲しいことに‥こんな飼い主みたいな人に選ばれてしまった犬が今も日本のどこかに少なからず存在しているのでしょうね?日本は動物に関しては「先進国」の真逆に位置している事をもっと真摯に受け止めるべきだと思っています。正真正銘の「先進国」には[アニマルポリス]という機関があるので、この記事の飼い主みたいな人を野放しにしないで済むしネグレクト対象の動物も見殺しにする事なく救助も可能だというのに…。私には何故?愛情が湧いてこないのか、何故?色々な言い訳を吐いて捨てるなんて事が出来るのか全くわからないし理解が出来ないので記事の飼い主が一体どういう感情の持ち主なのか?どうすればこんな考え方になる人を見分けたり、予防?出来るのか。その原因、心理状況等を頭の良い人達が研究〜追究〜解決の流れが出来ればいいのに。と、思う事しか出来ない自分が歯痒くもあります。人間以外の命を「物」としている日本の法律自体いっこうに変わらない現状も不思議で仕方がないです。殺害しても器物破損という罪状にしかならない事が動物に関して遅れをとりまくっている根本的な要因では無いでしょうか?
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。