犬に人間の食べ物をあげてはいけない5つの理由

犬に人間の食べ物をあげてはいけない5つの理由【獣医師監修】

お気に入りに追加

飼い主さんが食事をしている時に、愛犬がキラキラしたおめめで『おねだりビーム』を出しているのを感じたことはありませんか?そのおねだりビームを目の当たりにすると、ついつい食卓から食べ物をおすそ分けしたくなってしまいます。ですが、愛犬に人間が食べているものをあげてはいけません。その理由についてご紹介します。

84206view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。仙台市の動物病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

愛犬に飼い主が食べているものをあげてはいけません!

たくさんの食材に囲まれる犬

私が子供だった30年程前に飼っていた愛犬の食事は、白飯に水で薄めたお味噌汁をかけたものでした。たまに、魚の干物の残りなんかも乗っていたかもしれません。今となっては考えられない食事内容ですが、当時は当たり前な感じだったと記憶しています。

愛犬は10年生きられませんでしたが、現在は犬の健康に必要な栄養素がバランス良く配合されたドッグフードが普及し、また獣医療も進歩したことなどによって犬の寿命は延びました。今や犬全体の平均寿命は14歳前後と言われており、犬の飼い主としては大変喜ばしいことですね。愛犬に健康で長生きして欲しいと願わない飼い主さんはいないのではないでしょうか。しかし、愛犬の健康と長寿を願いつつ、愛犬に人間の食事をあげている…なんてことはありませんか?

飼い主さんのほとんどが『犬に人間の食べ物をあげてはいけない』ということは知っていると思います。ですが、「いけないことだと知っていても、なぜいけないのかその理由までは…」という飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。犬に人間の食べ物をあげてはいけない理由は、単に『贅沢だから』などという理由ではありません。愛犬の健康を害し、命にかかわることすらあるからです。また、しつけにも影響します。
今回は、犬に人間の食べ物をあげてはいけない理由を5つご紹介します。

理由その1:塩分が多い

山盛りの塩

塩分は体内の浸透圧を調整する働きなどがあるため犬にも必要な成分ですが、犬が汗をかくのは肉球だけで人間ほど汗をかきません。ですから、犬に必要な塩分は人間の1/3程度と言われています。

人間の食事には塩分が多く含まれていますから、人間より塩分を必要としない犬がそれを食べれば当然、塩分の過剰摂取になります。
塩分の多い人間の食事を犬に与え、塩分過剰になると

  • 心臓疾患
  • 腎臓疾患
  • 皮膚の痒み

など、犬の健康に影響が出てきます。愛犬の健康を守るため、人間の食事は与えないようにしましょう。

理由その2:犬にとっては有害となる食べ物がある

色々な食材

人間が問題なく美味しく頂いている食べ物であっても、犬にとっては有害となるものが意外と多くあります。
犬に与えてはいけない食べ物として玉ねぎが有名ですね。飼い主さんは、愛犬が玉ねぎを口にしないように、玉ねぎの管理に細心の注意を払っていることと思います。ですが、調理された食品の中に玉ねぎが入っていることはうっかり忘れてしまいがちではないですか?「愛犬におねだりされてあげたハンバーグに玉ねぎが!!!」なんてことにならないように、人間の食事はあげないのが一番ですね。
意外なところでは、ポテトチップスなどのスナック菓子の原材料にも玉ねぎが含まれていることが多いようです。おやつにも要注意です。

犬にあげてはいけない食べ物

犬に有害な成分が含まれる食べ物の中でも、特に注意が必要なものは

  • ねぎ類(玉ねぎ、ねぎ、にら、にんにくなど)
  • ぶどう、干しぶどう
  • キシリトール入りのお菓子
  • 香辛料(こしょう、わさび、七味唐辛子など)
  • チョコレート
  • 魚介類(いか、たこなど)
  • 甲殻類(かに、えびなど)
  • マカデミアナッツ
  • コーヒーココア各種お茶類
  • 生卵の白身

などです。これらの食べ物は、犬が食べると中毒症状を起こしたり、健康を害することがあります。最悪の場合、命にかかわることもあるので与えないようにしましょう。
参考HP:公益法人埼玉獣医師会「犬のキシリトール中毒に注意!!」

理由その3:人間と犬では必要な栄養素が違う

リンゴをもらう犬

人間も犬も健康に生きるためには5大栄養素、つまり

  • タンパク質
  • 脂肪
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

を食事から摂取しなくてはいけません。しかし、人間と犬とでは必要な栄養素の割合に大きな違いがあります。
人間は炭水化物を主食としますが、肉食傾向にある犬にとっての主食はタンパク質であり、犬は人間の4倍以上ものタンパク質が必要と言われています。
また、人間の場合ビタミンCは食べ物から摂取しなくてはいけませんが犬の場合、体内でブドウ糖からビタミンCを合成できるため基本的に食べ物から摂取する必要はありません。
ミネラルの中のカルシウムについては、犬はなんと人間の14倍も必要と言われています。

このように人間と犬とでは必要とする栄養素の割合には大きな違いがあるため、人間には栄養バランスの良い食事であっても犬には栄養バランスの悪い食事になってしまいます。ですから愛犬には人間の食事ではなく、犬の栄養バランスを考慮した食事を与えてあげなくてはいけませんね。

理由その4:わがままになる

欲しがる犬

飼い主さんが食事をしている時、愛犬が食べ物をおねだりしてきたらどうしますか?愛犬の可愛さやしつこさに負けて「しょうがないわねぇ…少しだけよ」なんて食卓から食べ物をあげたりしていませんか?

犬は一度おねだりしてそれが通ると、次もおねだりすれば自分の思い通りになると思ってしまいます。そして飼い主さんが食事をする度におねだりをし、次第にわがままになっていく可能性があります。犬がわがままになればしつけにも影響が出て、食卓の食べ物を勝手に食べてしまうような犬になってしまうかもしれません。

愛犬が人間の食べ物をおねだりしてきたら「ダメ!」と毅然とした態度で叱りましょう。

理由その5:肥満になる

太っている犬

人間の食事には塩分が多く含まれていると先述しましたが、脂分や糖分も多く含まれています。それを犬におすそ分けしてしまうと肥満の原因になります。
また、人間のデザートやお菓子にはバターや砂糖がたっぷり使われているものが多いですね。体重5キロの犬が人間のクッキーを1枚(60kcal)食べると、人間がハンバーガーを1個食べるカロリー(350kcal)に相当するそうです!

人間も犬も肥満は万病の元。犬には人間の食事やおやつではなく、犬用のものを適量与えましょう。

まとめ

炊飯器を見つめる柴犬

いかがでしたか?犬に人間の食べ物をあげてはいけない理由を知ると、「絶対にあげないぞ!」という気持ちになりますね。人間が食卓で食べている物をあげてしまうと、結局は愛犬の健康を害したり、寿命を縮めることにもなりかねないのですから。

「今日だけ特別だからね」と人間の子供に言い聞かせることはできますが、犬には通用しません。「今日だけ特別だからね」と犬に人間の食べ物を一度与えてしまえば、犬は次ももらえると期待しておねだりをしてきます。ですから、人間が食べている物を愛犬が欲しがってもあげないのが一番だと思います。もし人間の食べ物をおすそ分けするならば、食材そのままか加熱しただけのものを少量、愛犬の食事やおやつの時間に与えるのが良いのではないでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    うちの子のご飯は、ラムと玄米を中心にしたドッグフードに、トッピングとして牛生肉と、レンジでチンした物を混ぜています。
    以前認知症予防に良い手作りご飯の紹介を見た事があります。確かドッグフードにきゅうり、トマト、鰯のつみれ、舞茸、大根の茎と葉を混ぜていました。他にも2品ありましたがいずれも肉魚のたんぱく質と、菜っ葉、キノコ類などなど意外な物がありました。
    玉ねぎとぶどうがよく無い事を知る前に、ぶどうをほんの少しだけあげた事がありました。
    幸いお腹をこわす事は有りませんでしたが、後から慌てました。
    この記事から書き出して気をつけてあげます。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    是非、私の投稿を承認して解答を教えてください。
    私の見解はこれはかなり片寄った記事だと思います。
    以下質問です。
    キシリトールは何キロの体重の子に対して何グラム与えたらダメですか?。
    この記事の根拠となるものは何でしょうか?。
    文献レベルで教えて頂ければ参考になりますのでよろしくお願い致します。
  • 投稿者

    女性 二条

    基本的に人間の食べ物は犬には与えないことが鉄則かと思います。少量であっても栄養過多になりすぎてしまいますし、特に塩分などは人間の必要とする一日分の量と犬の必要な一日分の量は大きく違います。
    チョコレートやタマネギは犬にとって禁忌であることは周知の事実になりましたが、昨今ではキシリトール中毒が特に危険とされてきましたね。症状の出かたや時間は犬の個体差によるところもありますが、キシリトールを摂取することで犬の体内ではインスリンが大量に分泌される反応が起こり、低血糖に陥ります。高血糖よりも低血糖の方が命の危険が高いです。糖尿病の治療でインスリン注射の量を大幅に間違えて打ってしまったような状態ですね。
    うちでもボトルガムは普通に買い置きしてあるので、愛犬の届かないところに落ちないように置いています。

    キシリトールを含む野菜や果物もあります。有名なところでイチゴ、カリフラワー、ほうれん草、レタス、ニンジンにもキシリトールが含まれています。野菜や果物のキシリトール量はガムに比べたら少ないので、そこまで危険視しなくても大丈夫そうです。

    与えてはいけないと思いつつも、食パンの真ん中をひとつまみ分だけ与えてしまうことがあります。心を鬼にしなくてはいけないんですけどね。
  • 投稿者

    女性 ウミネコ

    人間の食卓に全く興味のなかった愛犬が、実家に数日預けて以来、家族の食事時に食卓パトロールをするのが習慣になってしまいました。実家で食卓からごちそうのおすそ分けをしてもらっていたのでしょう。一度覚えてしまうと、諦めがつくまでかわいそうなだけなので、どんなに要求されてもこらえてガマンしましょう。
  • 投稿者

    30代 男性 匿名

    先日、知り合いの方に人間のご飯をあげるように勧められました。もちろんなんでもというわけではありませんが・・・。その方は前に飼ってた犬が18歳まで生きて長寿だったことから自分がやってることは犬を長生きさせる上で間違いないと思っているようで話してきます。でも実は私も前の犬は18歳まで生きてくれた経験があり、その子にはドックフードしかあげていませんでした。今の子にもアレルギーを考慮したドックフードしか上げていません。そして、備忘録の確認ではありませんがドッグフードをあげることが犬への本当の愛だという事の確認でネット検索してこの記事にたどり着きました。私は間違っていなかったと再認識しました。
  • 投稿者

    40代 女性 みと

    かなり偏った意見だと思います。
    安全で栄養バランスが優れたドッグフードでさえ、もとをたどれば
    人間が普段口にする食べ物が原料です。むしろ、人間が口にできないような
    劣化した肉や野菜を原料に使っている可能性を考えれば、安価なドッグフードより、
    飼い主が普段食べている食べ物が安全だと思っています。
    もちろん、犬に必要な栄養素や、与えてはいけない危険な食品、適切な塩分を
    十分考慮する必要はありますが。。。

    しつけの面でも、我がままになるどころか、食欲が十分満たされて幸せなのか、
    精神的に落ち着き、食糞もおさまりました。
    人間の私たちでさえ、バランスの良い、例えばカロリーメイトだけを知らずに
    食べ続ける生活を続けて100歳まで生きるとして、それが幸せなのでしょうか。。。
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    犬に与えてはダメな食べ物も確かにあるのかもしれないが動物って基本的に人間より強い生き物で人間が食べたら死ぬものでも普通に食べても死なないし人間なら死んでしまうような極寒の中でも生きていけるたくましさが備わってる。そして大きな間違いだと思っているのが塩分は毒だと思ってる人が多い事。あれは世の中でまかり通ってる大嘘で実際は高血圧とはほとんど関係がない。むしろ減塩のせいで寿命が短くなったり病気になってる人が多い。犬も人間と同じで塩分は必要で多少取りすぎたからと言って死んだりすることはなく余分な塩分は排出される。実際飼ってた犬は毒入り団子を食べて死ぬまでほかの犬より元気で若々しく20歳前後まで長生きした。味気のない食べ物を食べても美味しくないのは犬も同じだと思うしぜひ人間と同じものを食べさせてあげて欲しい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。