犬の譲渡会情報について詳しく知ろう!~東京編~

犬の譲渡会情報について詳しく知ろう!~東京編~

お気に入りに追加

何らかの理由で飼う事ができなくなってしまった犬などを保護して犬の譲渡会を開催している団体があります。ここでは東京で開催している犬の譲渡会に興味のある方必見の情報をお教えします。東京で犬の譲渡会に参加してみたいとお考えの場合、ぜひ参考にしてみてください。

6927view

犬の譲渡会について

走る犬

犬の譲渡会とは里親会とも呼ばれており、行政機関や民間の団体等が行っています。犬の譲渡会では保護された犬が確実に飼育してもらえる条件の里親を見つけることを目的としており、里親になりたいからと言って誰もが簡単に気に入った犬を直ぐに入手できるという場ではありません。

犬の譲渡会を行っている団体にはそれぞれルールが設けられており、例えば単身者の場合は不可犬をきちんと飼育できる経済力や環境があるなどの決まりがあるのが一般的です。

犬の譲渡会に参加するメリットとしては、今まで普通に家庭で飼育されていた犬が多いので、トイレや噛み癖・無駄吠えなどのしつけがきちんとされているというケースがあります。その為、飼い始めるのが簡単であるという点や、ペットショップなどで購入するよりも出費を抑えることができるという点があります。また、ある程度成長している犬が多いので遺伝性の病気なども既に発症している場合が多く、それらを理解した上で飼育することができる安心感もあります。

犬の譲渡会を行っている行政機関

家族と犬

東京で犬の譲渡会を行っている行政機関は、東京都福祉保健局「東京都動物愛護相談センター」です。ここでの犬の譲渡会に参加するには、予め定期的に行われている譲渡事前講習会を受ける必要があり、都合の良い譲渡会の日の前日に予約を行うことが決められています。

講習を受講する際には身分証明書や、賃貸物件や集合住宅に住んでいる場合は住居でペットが飼える環境であるという証明が必要となります。譲渡事前講習会は二時間ほどの講習内容となっており、参加費はかかりません。

犬の譲渡会は二か所で開催されており、世田谷区にある本所と日野市にある多摩支所にて本所では第3木曜日、多摩支所では第2・第4金曜日に行われています。

ここでの犬の譲渡会では、その場で犬を自宅に引き取ることが可能です。身分の証明と飼育環境の確認が既に終わっており、譲渡事前講習会を受講している事でここでの飼育条件がクリアとなっているので、犬を引き取る際に必要なリードやケージなどを用意して行きましょう。

犬の譲渡会をインターネットで行っている団体

PC と犬

カヤ成犬譲渡の会は、東京都社会福祉保健局「東京都動物愛護センター」から犬の譲渡会を行う団体であることを正式に認可されている民間団体です。ここでは東京都動物愛護センターで保護されている犬を始め、飼育することが困難な状況になり放棄され、飼い主がいなくなってしまった犬を引き取っています。インターネットを通して常に犬の譲渡会を行っており、積極的に里親探しを行っている団体です。

カヤ成犬譲渡の会ではホームページから実際に犬の写真を閲覧することができ、更に飼育に関する相談なども受け付けており、犬はもちろんその他の動物に関する保護や介護、救済に関する事まで幅広く対応してくれています。

こちらで犬の譲渡会に申し込みする場合にも、動物愛護センター同様に身分証明書や賃貸物件・集合住宅の場合は飼育可能な環境であることが分かる書類が必要となります。また、カヤ成犬譲渡の会でワクチン接種や避妊手術などをした場合にかかった経費を一部負担すること、当会の運営費などの支払いに同意が必要となります。

申し込みはホームページから行うことができ、条件が全て揃えば譲渡可能となります。こちらの会では、少しでも不幸な動物を減らしていきたいという考えのもとに発足されています。会を運営しているスタッフは全員がボランティアであり、活動のための資金や飼育用品などの寄付も受け付けています。

犬の譲渡会を行っているNPO法人

寝転ぶ犬

ここでは東京で犬の譲渡会を行い、積極的に里親探しの活動をしているNPO法人を2つご紹介します。

NPO法人 ペット里親会

東京都動物愛護センターで保護された犬や、ブリーダーやペットショップの廃業により行き場の無くなった犬、無責任な多頭飼いにより飼育が困難になった犬を保護して犬の譲渡会を行っている団体です。

こちらの保護犬を譲渡するには、アンケートに回答した内容から適正な飼い主であるか判定を受け、その後譲渡会会場にて実際に犬と会い、1週間から10日間のトライアルを行います。この3つの段階を問題なくクリアできればめでたく譲渡となります。

NPO法人 日本動物生命尊重の会

日本動物生命尊重の会は、ホームページからいつでも保護犬を閲覧することができます。特に犬の譲渡会の場を設けている訳ではありませんが、日本動物生命尊重の会で定められている飼育者としての条件がクリアできていればホームページから申し込みを行うことができます。

犬の譲渡のまとめ

二匹の犬

東京で犬の譲渡会を行っている場所はいくつかありますが、その中から四つご紹介しました。行政機関の場合に限り、犬の譲渡会に参加する際には譲渡事前講習会を予め受講しておかなくてはならないので注意が必要です。

犬の譲渡会に申し込みをする前に今一度、最後まで責任を持って飼う事ができる環境であるのか、家族全員が犬を飼う事に賛成しているか、しっかり確認しておきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 きなこ

    我が家の愛犬もこういった譲渡会をきっかけにめぐりあったわんこです。行政の譲渡会はなかなか行く勇気が出なくて(いずれ処分されるかもしれないわんこを見るのがつらくて…。)、NPO法人が開いている譲渡会にいきました。思っていた以上のわんこたちが明るいのが印象的でした。
  • 投稿者

    女性 うし

    以前友人家族が犬を迎えることを決めて、愛護センター?保健所?へ犬を見せてもらいに行ったそうです。しかし何頭も収容されている犬たちの中から選ぶことにお子さんが罪悪感を感じてしまったそうで、決められない状態で帰って来たそうです。確かに命の選別を行うような行為かもしれませんもんね、そのお子さんの公正な心に感服をしたのですが、それでもやはりそこから救ってあげられることに間違いはないわけですし。その後、そのご家族はサイズ(中型犬まで)で噛まないこと、ある程度のしつけが入っていることなどの希望を伝えてセンターの方に選んでもらったそうです。
    このような譲渡会でも同じようなことを感じてしまう人がいるのかな、とちらっと思い出した次第です。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。