雄犬のチンチンが出て元に戻らなくなった時(嵌頓包茎)の対処法

【獣医師監修】雄犬のチンチンが出て元に戻らなくなった時(嵌頓包茎)の対処法

お気に入りに追加

雄犬のチンチンが出て、元に戻らなくなるケースがあります。初めて犬と暮らされた方は驚かれる事でしょう。そんな時はどうすれば良いのか対処法をお教えします。

147134view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

包皮から出たチンチンが戻らないのは何らかの原因がある

オス犬の性器

愛犬のチンチンが包皮から出てしまう現象は、雄のワンコと暮らしていらっしゃる方なら何度か経験されていると思います。個体差によって多少の時間的誤差はありますが、通常なら放っておけば5~10分程度で元に戻ります。

しかし何らかの原因により元に戻らなくなるケースがあるのです。

この状態を【嵌頓包茎(かんとんほうけい)】と言います。

嵌頓包茎は、包皮から出た【陰茎】が、何らかの原因によって包皮内へ戻れなくなっている状態を言います。

嵌頓包茎は、包皮口の被毛が陰茎に絡まってしまうのが一番多い原因とされています。巻き込まれた陰茎が皮膚の圧迫を受けて血行障害になります。
血行障害になると浮腫が生じ、陰茎は一層包皮内に戻り難くなってしまいます。あまり長い時間陰茎が出っ放しになると鬱血して、最悪の場合陰茎が壊死して切除しなければならないケースも出て来ます。30分以上元に戻らない場合は獣医師に診てもらう事をおススメします。

※陥頓包茎を詳しく知りたい方はこちら↓
http://www.mone-pet.com/blog/2013/11/post-440-681965.html

また、陰茎の根元にある【亀頭球(陰茎の根元にある丸く膨らむ部位)】まで露出すると、嵌頓包茎と同様陰茎が元に戻り難くなりますので、出来れば自宅で元に戻せる知識を勉強しておきましょう。

※亀頭球は雌犬の陰部に入って腫大し、精液が漏れない様にしっかり栓をする働きがある
※こちらのURLにアクセスすると亀頭が記載されている参考図解が見られます↓
http://dogfame.com/dogtips/pathology/pathology1.html

何故チンチンが出るの?

疑問

初めて雄のワンコを家に迎えた方は多分ビックリされる事でしょう。

何故ならば、包皮から剥き出しになった陰茎は、まるで炎症を起こして赤く腫れ上がった様な状態になって、平常時の大きさの数倍になるからです!
普段、中に収まっているわんちゃんの陰茎が外に出た場合、見た目は非常に赤いのですが腫れている訳ではありません。

いわゆる陰茎の勃起状態による「充血」です。

その状態は結構グロテスクに見えますので、女性の方は慌ててしまうかもしれませんね。

ではどうして陰茎が出てしまうのでしょうか?
その原因は【性的興奮】によるものが多いのですが、何らかの刺激や遊びに夢中になった時などでも陰茎が出る場合があります。マウンティングをした時なども陰茎が出てしまうケースが多い様です。特に未去勢の雄犬にとっては、陰茎が出るのはごく当たり前の生理現象ですので特別な事ではありません。

去勢済でも陰茎が出るワンちゃんもいますが、別に病気ではありませんのでご安心ください。

雄犬のチンチンが出て元に戻らない時の対処法

獣医と犬

通常は5~10分程度で元に戻りますが、もし元に戻らない場合は陰茎が空気に触れて乾燥しますので、ワンちゃんによっては痛みを感じる場合がありますので早めに対処してあげて下さい。

対処法としては以下のやり方があります。

軽く運動させる

歩かせる

まずは愛犬の気を紛らわせて落ち着かせましょう。ゆっくり歩かせたりして軽く運動させます。気持ちが落ち着くと元に戻る場合が多い様です。

潤滑剤を塗る

嵌頓包茎の時間が長くなると更に戻り難くなりますので、乾燥防止と潤滑油の役目をする植物性ベビーオイルなどを清潔な手で塗ってあげて様子を見ましょう。

冷水で冷やす

少し強引な方法ですが、清潔なガーゼまたはタオルを冷水に浸し、それを愛犬の陰茎に当てて冷やします。赤く充血した陰茎を冷やす事で鎮静化されます。

理想的なのは

【軽く運動させる】 ⇒ 【潤滑剤を塗る】 ⇒ 【冷水で冷やす】

と言う順番で行います。

軽い運動をさせても効果が無ければ潤滑剤、それでも駄目なら冷水、と言う様に段階的に行うのが良いでしょう。これらの方法で元に戻らない場合は動物病院に連れて行きましょう。

動物病院

たまにご自分で愛犬の包皮を指で摘まんで元に戻される方がいらっしゃいますが、これは避けた方が良さそうです。
その理由は、人間の手から尿道に雑菌が入り、尿道炎や膀胱炎の様な感染症を起こす可能性があるからです。特に老犬は免疫力が低下している場合が多い様ですから、注意してあげなければなりません。
また包皮から出た陰茎を舐めて元に戻そうとするワンちゃんもいますので、これも止めさせましょう。この場合も感染症になる危険性がありますので注意が必要です。

動物病院に行ったら獣医師さんに経緯を詳しく説明されると良いでしょう。

雄犬の生殖器の病気

カルテ

ここでは雄犬の生殖器系の病気を幾つか挙げてみます。

包皮炎

包皮内に細菌が感染して炎症を起こす病気です。痛みは無いと言われていますが、包皮口の先っぽから淡いクリーム色の膿が出て頻繁に陰茎を舐める様になります。この場合抗生剤を服用すれば完治します。

前立腺炎

高齢犬にみられる症状で、尿道から入った細菌が前立腺に感染して炎症を起こしたものです。慢性の場合は症状が分かり難くなりますが、急性の場合は発熱,食欲不振,排尿障害が見られます。症状が悪化すると激しい痛みが伴い背中を丸めてうずくまります。
また血尿が出る場合もありますので早期発見が必要です。

治療法は抗生剤の投与が一般的です。

前立腺肥大

雄犬にも人間の男性と同じ様に前立腺があります。この病気は高齢犬に多く見られます。
前立腺肥大は人間の男性と雄犬にだけ発症すると言われています。前立腺は膀胱の真下にあり尿道を取り囲む形で存在しています。

役割は、前立腺液を分泌させ、射精時に於いては収縮や尿の排泄を補助したりします。
つまりこの部分が高齢化により肥大する病気です。

前立腺が肥大すると【尿の量が減り回数が増える】【便秘】などの症状が現れます。稀に血尿が出る事もあります。

治療法としては【ホルモン剤投与】【去勢手術】が有効とされています。

■わんちゃんホンポでオスの性器に関する病気をチェック!

▼犬の精巣腫瘍について~症状・原因から治療・予防法まで~
https://wanchan.jp/osusume/detail/4049

▼犬の前立腺肥大症の正しい知識~症状から治療法まで~
https://wanchan.jp/osusume/detail/1843

まとめ

夕焼けと犬

私の愛犬はチンチンが出て元に戻らなかった、という事はありませんでしたが、5歳頃までは結構頻繁に出ていました。夜中と早朝が多かった気がします。

初めて愛犬のちんちんが出た時の事です。
忘れもしません。8年と3ヶ月前の丑三つ時です。

夜中に私が寝ていると、何だか『ハァハァ』と愛犬の声が聞こえ、その声で目を覚ましました。
電気をつけて確認すると、両後ろ足を少し開き気味で俯きながらハァハァしてしているのです。

たぶん違和感があるからなのでしょうか、静止してその場から動こうとしません。
『何してるんだろう』と愛犬を注視してみると、両足の間に巨大化して真っ赤になった愛犬のちんちんがニョッキリと床に向かって垂れ下がっているではありませんか!

その時私は思いました。
『ついに始まったか!』
『これで、お前も一人前の男だな』
と・・・

そう思うと何だか嬉しくなってしまい、その日はスーパーで少し高い牛肉を買って食べさせてあげました(お祝いのつもり)

もう一つ思ったのは、小型犬のチンチンが意外と大きいと言う事と、包皮から出た時の色は異常に赤いと言う事です!
当時心配でしたので獣医師さんに色の赤さを聞いた事もありました。
その際に分かったのですが、哺乳類のぺニスには交尾し易い様に【陰茎骨】と言う骨がある事も知りました。

現在でもたまに出る時があります。放っておいても4~5分で元に戻りますが、やはり違和感がある様でちんちんが出た時は固まって動きませんので、そんな時は『チョットお出かけして来るよ』と言い、部屋から外に出て1分くらいでまた部屋に戻ります。
そうすると戻った頃には元の大きさに必ず戻っています。

愛犬は、おそらく私が外出すると思い気持ちが憂鬱になるからなのでしょう。
『お父さん、何処に行くの?』『ボク寂しいよ』こんな感じでしょうか。

どこ行くの

また、去勢すれば陰茎は出ないとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、去勢しても陰茎が出るワンちゃんもいます。
でも病気ではありません。これは雄犬として証です。

もし陰茎が出てしまったら早めに対処してあげましょう。
デリケートな部分ですが、愛犬のためにも大切ケアしてあげて下さいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 HONU

    この性器の問題、オス犬を飼ったことのある方だったら「うんうん」とうなづけると思います。私も記事を読んでいて「確かに!」と思わず言ってしまいました(笑)。以前オス犬を飼っていたのですが、一度興奮して性器が出てきてしまい、赤い部分が見えて恥ずかしかったです。ビローンと出たまま元の場所へ戻らないのです!どうしたら良いのか分からないので放っておいたのですが、放っておくのもバイキンの問題はどうなのだろう?と不安になりました。どうしたら良いことなのか分からず困り果てていましたが、なんとか元に戻っていました。30分以上元に戻らない場合は獣医師に診てもらう事をおススメしますと書いてありましたが、確か愛犬は15分くらい戻っていませんでした。戻す方法もいくつかあったのですね。
  • 投稿者

    30代 女性 りん

    そうそう、おちんちんが出るのって初めて見るとびっくりしますよね!うちも初めてオス犬を飼った時におちんちんが出ているのを見て「なに??どうしたの!?」とかなり焦りました。なんというか、「脱腸」みたいに出ちゃいけないものが病気か事故的なもので出てしまった…というような感覚があったんですよね。特にあの赤さが血をイメージさせて余計に焦らされるというか。でも気が付いたらなくなってて、というかおさまってていつも通りの様子。そのあとネットで調べたらオス犬にはそういうことがあるものなんだとわかりちょっと安心しました。今のところ戻らなくなるトラブルはないのですが、今後のために対処法があるということを覚えておこうと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 サンデー

    これ、本当に焦りました!初めてオスの犬を飼ったもので、悲鳴をあげてしまいました。
    急いでネットで検索するも、的確な検索ワードがわからず。「犬_生殖器_伸びる」とか検索すると、更に絶叫しそうなポルノサイトが表示されて八方ふさがりになった記憶が蘇りました。
    うちの犬は、私がそんな大騒ぎをしている間に元通り収まってくれたのですが、大騒ぎしすぎたのか、本人も驚いてしまったのかしょんぼり、次の日はお腹を壊してしまいました。
    知り合いにその話をしたところ、知り合いのわんちゃんはもどらなくなって動物病院へいって外科処置をしたということ。これは甘く見てはいけない事態だと痛感しました。
    このページはもしものときのためにブックマークしておきます!
  • 投稿者

    女性 匿名

    さ始めての時は余りにも驚き、かかりつけのお医者様に電話をしました。時間外だったので留守電に「○○君のおチ○チ○が大変な事になりました!」と入れたことが昨日の事のように思いだされて笑いが出ます。その時はわたしが無理ゴリ納めてしまいましたが、細菌感染しなくて良かった。
    今だにマウティングしてくるのですが二、三分くらいしたらおさまります。
    旦那さんにはしないです。やはり上と思っているようです。
  • 投稿者

    女性 福ちゃん

    チンチンが出てしまい、戻らなくなるととても恥ずかしい思いをしますよね。我が家の犬もオスですが、発情期になるとまだ若いということもあり、かなり行動的になります。また、ビローンと赤いものが出てきてしまい、飼い主の私が恥ずかしくなってしまいます。戻す方法があるなんて知らなかったので、目からウロコでした。次回、戻らなくなった時に記事に載っている方法を使ってみようと思います!
  • 投稿者

    30代 女性 ロン

    うちにもオスの子がいるのでいざという時に焦ってしまわないように対処法など覚えておこうと思います。初めて飼う子なのでわからないことだらけで、特におちんちんのことなんてわからないことだらけです…。最初は興奮して少し出ているのとかもびっくりしてしまいました。犬の体や病気についても少しずつ勉強していこうと思います。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    うちのオス犬は出たままということがなかったので、実際に見たらどうしたらいいのかわからなくなってオロオロしていたと思います。今までもなかったので大丈夫かとは思っていますが、いざという時のため対処法は頭に入れておこうと思います。
    冷水で冷やす方法は結構荒療治な気がしますが、犬としても冷静になるので手っ取り早い方法ですね。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆき

    オス犬の飼い主さんだったらわかりますよね・・・初めは病気じゃないかと焦ったのも良い思い出です(笑)うちの場合基本的にはそのまま放置して暫くしたら戻っている、といった感じです。わんちゃんによっては赤い部分が戻らない場合があるとの事なので、この記事に書いてある対処法が良さそうですね。感染症の危険もあるデリケートな部分なので、なるべく清潔に保ってあげたいです。
  • 投稿者

    40代 女性 小次郎

    20分〜30分ぐらい元に戻らないので心配になって検索してたどり着きました。少し歩かせたら元に戻ったので安心しました。記事とても参考になり助かりました。ありがとうございました。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    今まさにこの状態になって対処したところです!
    久しぶりに出したクッションに腰振りしてて、気がついたら今までにないくらいチンチンが出てたのでよく見たら亀頭球まで出てたのかな。袋の形もしっかりあって。全体に硬く大きくなりすぎててしぼむ気配もなく、なんか色も悪くなってきたので、ヘルニアの嵌頓と同じ状況!?と思って慌てて保冷剤をチョンチョンと当ててみたらそれだけでだんだんしぼんできました。
    最終的には完全に小さくなってくれたんですが、皮の先端が内側に入ってしまったので、ちょっと毛を引っ張って元に戻しました。
    落ち着いてからこのページを見つけて、あぁ色々まずい点があったわ・・・感染起こしませんように、と反省。
    また起きて欲しくはないけど、起きてしまった時のために対処法をきちんと覚えておこうと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。