犬を飼って「後悔」する「不幸」を避ける為に

犬を飼って「後悔」する「不幸」を避ける為に

思わず目を見張った「犬のせいでウツになった」という投稿記事。飼ってシアワセになった!という話は、たくさん聞くし、いくらでも話せます。でも、犬を飼ったが為に精神を病むなんて事が…どこかで本当に起きているのかもしれません。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬を飼って「後悔する事って」あるんですか!?

疑問

何気なく読んでいたネットの投稿相談に「犬を飼ってウツになった方いますか?」というのがありました。

「え?」とよく読んでみたら、お世話が大変で精神病になった、可愛くない、鬱陶しいと散々でした。 いわゆる‘釣り’(ネットユーザーを動揺、翻弄させる架空話の投稿)であることを真に願っていますが「犬を飼う事がストレスになる、という事」について考えてみました。

「お世話はごく日常の事」と思っていますが…

日常の事

よく考えみれば決して楽な作業ではありません。
『犬を飼う』とは、排泄や食事、健康管理の全てに責任を負う事です。仔犬であればトイレトレーニングから基本的なしつけを根気よく続けるところから始めなければなりません。

最初から成人した赤ちゃんが居ないように、完璧な仔犬など存在しません。ウンチを拾って歩き、シートからはみ出したオシッコを拭き取り、なかなか我慢出来ない「マテ」を覚えさせ、人間のルールに従うべく愛情を持って…繰り返しますが「根気よく」教えていくものです。

「その作業を終えて、人間と共存していく方法をマスターさせる」のがしつけで、その「根気」を放棄してしまえば主従関係の逆転した(←大問題です)「問題のある犬」が完成してしまいます。

もしかしたら…投稿者の話が本当だとするならば…

パソコン

当の犬にとってこんな不幸なことはなく、読んでいて胸が痛く悲しくなりました。「自分の立場が上である」と勘違いをしてしまった犬にとって、「飼い主は自分より下の立場」でなければならず、なぜ命令などを聞かなければならないのかと混乱してしまうはずです。

逆に「ご主人様」と認識しているのにもかかわらず「飼い主に愛されないという事態」だとしたら、何という「不幸な飼い主」「可哀想な犬」なのでしょうか。

  • 衝動的に
  • 無計画に
  • 一時的な感情に流されて勢いだけで「犬を買う」

と、おちいりやすい現象ではと推察します。

速やかに対処すべき一大事ですが…

投稿者

さまざまな愛犬家たちからのアドバイスにも「ご回答ありがとうございました」の返信のみ。
やはり‘釣り’だったか、と安堵する一方で、想像するのは難しいのですが、「犬を飼う事が心の負担になる」という事を改めて考えてみました。

食事はどうでしょう?それぞれに食べるペースがあるでしょうが、モリモリ元気に食べる姿は嬉しいし、形も量も良いウンチが出れば「いいウンチ♡」と安心します。

通院だけは精神的に負担を感じますが(心配や、可哀想という意味で)、犬達のお世話は、喜んでしかるべし、と思う筆者には想像力というものが、少し足りないのかもしれません。

本当に「諦める」のなら「譲渡」して下さい

愛犬

自分自身ととことん向き合って、飼っている犬と「とことん対話」して、それでも「どうしてももう無理だ」と思うのなら、決して野良犬の振りをさせて遺棄したりしないで下さい。

間違っても虐待したりしないで下さい。保健所に持ち込もうとするのなら「レスキューに依頼」して下さい。そして軽率な自分の行為と、愛すべき犬を捨てたという「重い十字架」を背負って生きていって欲しいと思います。

冷たく厳しい事を言うようですが、安直な気持ちで犬を飼って欲しくはない「一人の愛犬家」としての心からのアドバイスです。

そして最後に、この記事が本当に「釣り」であって欲しいと願っております。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 頼住智恵子

    私は自分が生まれ落ちたからずっと犬がいます。現在パピヨン14歳3ヶ月と保護センターから譲り受けたポメラニアン7歳がいます。犬じゃないんです‼️人間で言えば3歳児くらいの子供を育てるつもりで飼わなければ本当の愛犬家ではないです‼️うつ病なんて犬のせいにして‼️他に原因があるはずです‼️許せない‼️犬じゃない家族です。
  • 投稿者

    40代 女性 Mai

    釣りとも言えないと思います。現に私が一歩手前でした。ずっと長い事犬が欲しくていつもペットショップを見ていました。昨年たまたまみたペットショップで出会いがあり、ショップの店員さんに乗せられもしたし、一緒にみた主人も『飼おうよ』と言ってくれた事に背中を押され一週間後にお迎えしました。
    ところで我が家は夫婦と高校生の息子の3人暮らしでした。子供も手がかからなくなり比較的自由に仕事や旅行を楽しみ気ままな生活に慣れていました。そこに、突然パピーがやってきたのです。まず、その3人の暮らしが崩れたことにストレスを感じてしまいました。加えてケージの中ではウンチふみふみ大騒ぎ、毎朝仕事前と仕事帰りはワンコの身体洗いとケージ洗いに追われます。加えて共働きのため最初から10時間近いお留守番をさせてしまう事への罪悪感。排泄を覚えなのもケージを嫌がるのも日中いてあげれないせいだ!と。『働いてても飼ってる人は沢山いるんだから大丈夫』な考えがいかに甘かったか。そこで知り合いにお願いし譲渡することを決めましたがいざ、日程が決まると手放したくない気持ちが強くなり家族で何度も話し合いやはり、この子が天に召される時までうちの子にしようと。
    本来なら先週が譲渡日でしたが、今はもう絶対うちの子です。腹を決めたら悩んでたこともどうという事もなく、毎日一緒にいれることに幸せを感じています。譲渡先のも方には迷惑をおかけしてしまいましたが、この選択は正しかったと思ってます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 みー!

    信じられません。飼う前に考えてください。犬も人間と一緒です!愛情をかければそれ以上のものを返してくれます。人間と違い最後まで裏切りません。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    つり?呆れますね。何が楽しいのでしょうかね?真剣に相談にのってくれる方達のお返事をヘラヘラ笑って読んでいたのでしょうか?もしそうであるのなら本当に病んでますよね。100歩譲ってその話が本当なら日本の犬猫の放棄はなくなりませんよね。悲しいですね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    かつて、小学生の頃、今思えば、虐待❗庭に繋ぎっぱなしで、散歩させることなく、飼ってました。近所で、犬に噛まれたと、その犬が、家のだと言われて、父は、反論することなく、遠くの山へ棄てて終いました❗40年昔のことで、モラルも、低かったのですが、ジョン(犬の名前)が、どんなに辛かったと、思うと、胸が、苦しくなります。絶対❗棄てるなんてしない❗
  • 投稿者

    40代 女性 モティ

    愛おしく本当に大切な存在です。
    家族の一員であり何が何でも一緒にいないといけない存在です。
    沢山の自然と出る笑顔を貰ってるので、これからもいっぱい愛情注ぎます♡
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    感情だけで、生き物を飼って欲しくない、犬を飼って居るだけで鬱とは人間の子供の方が何倍も苦労して社会のルールを教え育てている方がもっと大変です❗この人達は自分の子供にも対応でき無いと言っているのと同じだと思います。
  • 投稿者

    10代 女性 菅野

    お世話は確かに大変です、時には嫌になる事だってあります。ですが生命に関わる事ですから、割り切っています。動物は生き物、私達人間と同じく生きています。馬鹿な政治家共は器物損害として扱っていますが、彼らは道具ではありません。私達とほぼ変わらない、感情や優しさを持った可愛い子達なんです。分かって下さいとは言いませんが、強いて言えば勘違いや思い込みだけで生き物を飼うことはやめなさい。
  • 投稿者

    40代 男性 ひろ01

    何事にも一生懸命な人は飼わない方がいいと思います。ハッキリ言って申し訳ないんですが鬱気質だと思います。育てる時にこうしなければならないあーしなけらばならないと思うとドンドン飼い主さんを追い詰める事になると思います。飼う前にそうゆう気質があるなと思った時は飼わない方が良いと思います。もし飼ってしまってから病気がわかった場合はいい加減だと思われますが自分のペースで育てればいいと思いますよ。誰もあなたの事を責めたりはしません。
  • 投稿者

    女性 匿名

    「釣り」と言う表現はいかがかと…。詳しい事は分かりませんが、もちろんそう願う気持ちはありますが。十人十色の様に十犬十色…。どんな人がどんな事でどう悩むかは他人には理解できない事だと思いますから…。飼い主にも愛犬にもベストな解決が出来ますように…。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    いるのでしょうねぇ。そしてまた、誤解を恐れずに言うならば「後悔する」くらいの情を持っているだけまだイイと云う場合さえあるようですね。「自分が金を出してかったのだから、どうしようが自由だろう」と云い放つコメントを見た事もありますから。(秋田犬でした、秋田は主を選ぶといいますから、そんな気持ちで扱ってたら、そりゃあ折り合い悪かっただろうと察しも付きますね)命を踏みにじられる犬猫たちは勿論、殺処分を強いられる職員さん方も、大変な心理的苦痛を背負わされます。どんなに苦労しても、その仔を終生可愛がってくれる人を探すべきです。「後悔する」方なら、ただ無責任に見捨ててしまっては自分の心の傷も癒えませんよね。「間違って買ってしまった」「しかも心無いことに、見捨てて遺棄した」良いんでしょうか?
    私、どうして、どうしてあの仔の癌に、もっと早く気付けなかったのか。私達だけが頼りの仔だったのに。ウチの仔への、私の後悔です。それでも全身全霊の精一杯の愛で応えてくれるのが犬です。それが自分にとって「重荷」ならば、それを「喜び」や「楽しみ」と思える方にバトンタッチするのも、果たし方の一つと思います。
  • 投稿者

    女性 匿名

    勉強不足が招く結果ですよね。
    留守番させられる犬の気持ちなんて、考えもしなかった。
    ワンワンギャンギャン、約二ヶ月かなぁ…悩みっぱなしでした。
    もう自分には無理だとも思ったし、正直5ヶ月の今なら(当時)留守番中に死んじゃってても悲しくないかもなんて、思ったりもした記憶があります。
    今の自分だったらアホな事ぬかすなーって飛び蹴りかましますね。
    まぁ、あの頃の自分が頑張ったおかげで、今の相棒との生活があるわけなんですが。

    でも、一番頑張ったのは相棒ですね!
    小さな身体で一生懸命人間に合わせようと努力してくれたんだろうなぁ。
    本当にワンコって素晴らしい。
    ワンコのおかげで私は今日も元気なのです。
    この感謝は一生かかっても返しきれないくらい、本当に沢山のありがとうをワンコはくれます。
    これほど大切に思える奴はいないと今は言えます!

  • 投稿者

    女性 匿名

    このような話を聞くと、ペットの飼養を免許制にするしかないと思いますね
    でも、間口を広くしないと業界も大きくならないし、そうしないと法整備も進まないと言う
  • 投稿者

    40代 男性 ガンプに愛を込めて

    人の価値観、犬の価値観
    人は犬に対して、こんな犬だったら良いなぁと、あれやこれやと思い描き、自分の犬が吠えがやまなかったり、他のワンちゃんと仲良くできなかったり、排泄が上手くできず洗濯が大変な布団やじゅうたんに何回もして、挙げ句の果てに、部屋の中をめちゃくちゃにして、、、もうこの子なんか大っ嫌いだもう嫌だと、カッとなって思いのまま叩いてしまったり。。。なんでそんなに怒るのでしょう。なんでそんなにたたくのでしょう。

    犬の価値観、、犬や猫、人に飼われた動物達は、ご主人様が作り上げた小さな世界でしか生きられません。

    ご主人様に叩きまくられ、怒った顔や、悲しい顔しか見せてもらえない、そのワンちゃんは、その世界でしか生きられません。。。何をそんなに怒っているのでしょう。しつけの仕方はとてもとても大切です。
    でも、その前に、一方的な人の価値観を押し付ける、それは、しつけとは言いません。
    だから、人はうつになってしまうのです。
    犬の思い、犬の価値観は、人の価値観とは違います。

    犬はただ、人に愛され、いつも笑顔で抱きしめてもらいたいのです。ただそれだけです。その、かわいいね愛してるよいつもありがとうの、ご主人様の笑顔と暖かい手の温もりと、優しく抱きしめらるその時のご主人様の喜びのために、生まれてきて、そして死をむかえます。

    お願いです、人の価値観を押し付けないで下さい。
    飼われているワンちゃんの性格を受け入れて、飼い主の一方的な願いを押し付ける心を捨てて、向き合って下さい。
    ワンちゃんと笑い合って下さい。
    ワンちゃんの不幸、飼い主様の不幸になる前に、
    ワンちゃんの失敗に笑って下さい。
    間違えても、そこでオシッコしたがったんだぁーと、笑って下さい。
    間違えて、いろんなものを噛んで散らかしても、いろんなものを見つけたねぇー、さびしかったんだぁー、一緒にいたかったんだねぇー、散歩したかったんだぁー
    などと笑って下さい。無理矢理にでも、笑って下さい。
    ワンちゃんに、怒る必要なんて一つもない事にきっと気付くはずです。
    人がワンちゃんに怒る必要なんて一つも無いのです。
    もう一度、しつけの仕方を学んで下さい。
    ワンちゃんから見た生活を、世界を見て見ましょう。
    きっと答えが見えてきます。
    ワンちゃんと飼い主様が出会ったあの時の暖かい思い出は、愛にあふれた日であった事に間違いはなかったのだから。
    ワンちゃんを信じてあげて下さい
    ワンちゃんは、飼い主様が創る世界でしか生きられないのです。飼い主の、そのいくつかの愛でしか生きられないのです。
  • 投稿者

    女性 匿名

    共働きで子供に恵まれなかった為、当時は余り深く考えずに犬を飼い始めました。それも短期間での多頭飼いです。仕事も大変な時期に家事と犬の世話や躾の全てが自分だけにのしかかり、一時もう嫌!!と自分勝手にも投げ出したくなった事がありました。爪切りやシャンプーなど嫌われる事は全て自分がしているので、何もしないでただ可愛がる主人に懐く犬達にイライラも正直していました。
    でも、犬達の姿を見ると飼育放棄は出来ません。
    譲渡もチラ付くぐらい追い込まれていました。
    ネットでしつけや、病気などの情報を調べ始め、そこで初めて犬を飼うという事の責任と命の大切さを感じました。そんな中で、ある時ふと気がついたのです。何でも完璧にやろうとしていた自分が、自分を追い込んでしまっていた事に。それからは、やらないよりはマシ!の気持ちでお掃除などに臨み、直ぐには出来なくても仕方がない!の気持ちで犬の躾には臨み始めたら、自然と気持ちが楽になってきて失敗する犬達に対してもイライラしなくなって行きました。むしろ、その失敗も笑って夫婦の話のネタになるようにまでなりました。失敗した事に怒る回数は減り、上手く出来た時に褒めるようになってきた時に自然と犬達もトイレも覚え、イタズラもしなくなって行きました。今でも犬達は何もしない主人が大好きですが、困った時、怖い時などは必ず私の所に来ます。あれから、十数年が経ち、痴呆が始まりキチンと覚えた筈のトイレがまた失敗するようになり、足腰が弱く歩行がふらついたり、視力が悪くなっての不安からの吠えも増えてきましたが、そのお世話にイラつく自分はどこにもいません。老犬介護は大変なのは変わらないかもしれません、でも、ただただ、愛おしいのです。出来ない事、出来なくなって行く事に私がマイナス思考になる事はありません。飼い始めた時の、出来なくて当たり前、のんびりやれば良いと言う気持ちに切り替わったあの瞬間から私と犬達との関係は築き上がりました。犬は賢い生き物です。自分が変われば、変わった自分に犬は気がついて応えてくれる生き物だと言う事を、犬を飼って後悔や不幸だと感じている人に伝えたいです。私は犬が何も出来なくても今はとても幸せです。幸せを沢山犬から貰っているから。
  • 投稿者

    20代 女性 あやの

    いっときの感情でわんちゃんを飼うのは絶対にやめてほしいです。
    ちゃんと覚悟を決めてから飼ってほしいです。
    わんちゃんにとって頼れるのは飼い主だけです。
    わんちゃんは絶対に最後まで裏切りません。
    だからこそちゃんと考えて決めて欲しいし、飼ったなら最後まで最大限の愛情を注いで欲しいです。
    殺処分だったり、これから先不幸なわんちゃんがいなくなることを祈るばかりです。
  • 投稿者

    女性 Ludy

    苦労は絶えないけれど、煩わしさは消えないけれど、いつも慕ってくれ傍にいてくれる幸せがうれしい。

    ワンコとの接し方を自分なりに考えてみてはどうでしょうか?
    我が家では最初に「トイレ、失敗するのは当たり前、言う事を聞かないのは気持ちが通じてない」と言う気持ちで迎えました。
    人間の赤ちゃんだって、おむつを替えたり、食事の世話をするでしょ。でも、月日がたち半年もすれば、お互いの要求が少しずつわかるように思えませんか・・・言葉は通じなくとも。
    我が家では躾をするという感覚で接したような思いはさほどありません。賢いワンコに恵まれたかもしれませんが、遊びながら一緒に生活するルールを覚えてくれたような気がします。そんな意味でも後悔したことなんてありませんし、ワンコが虹の橋に行くまで躾?、お互いの理解の最中と思っています。
    躾だとか世話をしなければと心に負担を掛けるよりも、遊び感覚で生活のルールを覚えてもらう、失敗したら精々「このお馬鹿」程度のような楽な気持ちで接してみたら、毎日が楽しくなるともいます。我が家のワンコいつの間にか人間との生活のルールを覚えてくれました。
    飼って後悔した、失敗したなんて考えないで、「お馬鹿な」パートナーと知り合ってしまったと思えば気持ちが楽になると思います。
    ワンコがくれる愛情を倍返ししてあげないと・・・相乗効果ですね。


    Ludyの投稿画像
  • 投稿者

    女性 匿名

    これを見るまで自分の覚悟がどんなに弱かったのかを思い知りました。ただ少し懐いてくれたことを「運命の出会い」などと勘違いし、ものの1日でまだ子犬の愛犬にイライラしてしまい、この記事を読んだあと、自分はなんて最低な人間なんだと思いました。でももう一度愛犬のことを考えると、愛おしさが込み上げてきて涙が出ました。今はあの子が命をひきとる時まで絶対に大切にしようと思っています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。