シーズーの毛色 種類やカラーバリエーションについて

シーズーの毛色 種類やカラーバリエーションについて

お気に入りに追加

シーズーには様々な毛色の個体がいますよね。お好みの毛色のシーズーを購入できれば、購入後に後悔することもないでしょう。今回はシーズーの毛色にはどんな種類があるのかをご紹介するとともに、購入時の注意点なども併せて解説していきます。

15302view

シーズーの毛色 一般的なパターン

2種類の毛色のシーズー

シーズーの毛色は様々ですが、一般的なのは主に以下の2パターンになります。

  • ゴールド&ホワイト
  • ブラック&ホワイト

この2種類は、主に日本国内で流通しているシーズーの毛色なのです。思い出してみてください。ペットショップや街で散歩をしているシーズーを見かけたときのほとんどが、この2種類の内のどちらかですよね。この組合せ以外のシーズーを見かけたことがあるという人は少ないでしょう。

この2種類が多い理由は、シーズーの先祖にあります。シーズーの先祖に当たるラサ・アプソやペキニーズといった犬種は、これらの配色である個体が多いのです。それでは以下、このゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト、2種類のシーズーの毛色について、詳しく解説していきます。

シーズーの毛色 ゴールド&ホワイト

毛色がゴールド&ホワイトのシーズー

日本国内のシーズーの毛色でもっともポピュラーな種類と言えば、やはりゴールド&ホワイトでしょう。ゴールドというよりも、実際には茶色に近い色合いなので、茶色と白のシーズーをイメージすると分かりやすいかもしれません。

このゴールド&ホワイトの組合せは多くの日本人にとって「シーズーと言えばこの毛色」と言えるカラーであり、流行に左右されない不動の人気を誇る毛色でもあります。もはや日本におけるシーズーの定番カラーとすら言えるでしょう。

しかし、一言でゴールド&ホワイトといっても、じつは幾つかの種類があるのをご存知でしょうか?レッド系やオレンジ系、マホガニー系など、ゴールドの部分の色合いや明るさなどが、シーズーの個体によって毛色が微妙に違ってくるのです。

これによって見た目の印象は大分違ってきますので、ゴールド&ホワイトは個体差が非常に大きいカラーであると言えるでしょう。ただ、いずれにしてもベースとなっている毛色は基本的にホワイトであり、ホワイトにゴールド系が混ざったカラーの個体がほとんどになります。

もちろん中にはゴールドとホワイトが半々という個体も存在しますが、どちらかといえば少数派と言えるでしょう。ゴールドがベースという個体になると、非常に希少であると言えます。

シーズーの毛色 ブラック&ホワイト

毛色がブラック&ホワイトのシーズー

ブラック&ホワイトも、シーズーの毛色としてはお馴染みのカラーです。こちらも街でよく見かける色ですよね。国内で流通するシーズーに多い毛色の組合せであり、白と黒が混ざったカラーとなっています。ホワイトベースにブラック、ホワイトとブラックが半々、といった個体が多いですが、中には白一色、黒一色、といったように、単色の毛色をしたシーズーも存在しています。

このような単色の毛色の個体は「ソリッド」と呼ばれており、シーズーとしてはかなり珍しいカラーです。実際に見たことがないという人がほとんどでしょう。もしもペットショップなどで真っ黒なシーズーや真っ白なシーズーを見かけたら、幸運かもしれませんね。

シーズーの毛色に関する注意点

シーズーの子供

シーズーに限らず、犬は同じ個体であっても、生まれて間もないときと成犬になってからでは毛色が違ってくることがあります。成長によって毛色が変化することが多いからです。もちろん白い毛色のシーズーが黒い毛色のシーズーへ成長するような、極端な変化をすることはありません。

しかし、マホガニー系のゴールド&ホワイトのシーズーを購入したのに、成長とともにレッド系に毛色が変化してしまった、というような例は良くあることです。こればかりは遺伝子レベルの問題ですので、購入前から完全な対策をすることは難しいでしょう。むしろ不可能であると言えます。

それでもやはり、「成犬になってから自分好みの毛色ではなくなってしまうことが嫌だ」という人は、親犬の毛色を確認しましょう。犬は必ずしも親犬と同じ毛色になるとは限らないので、親犬の毛色を確認したからといって、必ずしも成犬になってからの毛色も保証されるというわけではありません。

しかし、ゴールド&ホワイトのシーズーからゴールド&ホワイトのシーズーが生まれたのであれば、その色合いは高確率で親に似るのも事実です。更に祖父母の代、その前の代など、先祖を遡って確認できれば、より好みの毛色のシーズーに成長する個体を購入できる可能性は高くなります。

まとめ

お散歩中のシーズー

シーズーの毛色について、いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイトは、あくまでも日本国内で流通している、一般的なシーズーの毛色ですので、シーズーはこの2種類の毛色しか存在していないわけではありません。珍しいところでは、ゴールド単色の「レバー色」と呼ばれる個体なども存在しています。じっくりとお好みの毛色のシーズーを探すのをおすすめします。

しかし忘れてはならないのは、どんな毛色に成長したとしても、購入したからには責任をもって飼育することです。犬にも命があります。人間のような知性はなくとも、感情は存在します。気に入らない毛色に成長してしまったからと言って、ゴミ箱に捨てるわけにはいきませんよね。購入時にはそういった命に対する覚悟が必要なのです。シーズーが天寿を全うできるよう、責任をもって飼育に当たりましょう。

▼シーズーについて詳しく知りたい方はこちら

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 mocmoc

    シーズーと暮らしています!子犬の頃は血統書にもある「ゴールド&ホワイト」で間違いなかったのですが、成長と共になぜかグレイッシュになってきました。今ではブラック&ホワイトの方が近いです。
    ですが、被毛を外で見るとブラウンにも見える不思議なカラーです。元々カラーで選んだわけではないので、どう変化していったとしても全てこの子の個性だと喜べます。
    背中にイボができてしまい、そこだけ円形にハゲてしまったことがあります。そこから新しく伸びてきた被毛は真っ黒でしたが、伸びていくにつれやはり薄くグレイッシュに変化し、最終的にはブラウンがかったグレイになりました。どうなってるんだろう?と不思議です。我が家の愛犬シーズーの七不思議です。

    フルコートにしているせいでもありますが、やはりカラーが珍しいのか病院や散歩中、旅先などで声を掛けてもらえる時には「珍しいカラーですね」と言われます。同じカラーの子犬が生まれるという可能性は低いでしょうけれど、できることならこの子の子孫を残してあげたかったなぁと思います。

    シーズーは半年~1歳くらいになるまではどんなカラーになるのか予想しきれない犬種だと思います。それも魅力ですね。
  • 投稿者

    女性 RAPA

    シーズーにも、ソリッドカラーがいるのですね!真っ白なシーズー、真っ黒なシーズーにぜひ会ってみたいです。私の中で、シーズーといえばゴールド&ホワイトのイメージがまず一番に浮かびます。その次が、ブラック&ホワイト。日本国内で一般的な…ということは、海外での定番カラーはまた違ってくるのかなぁと思いました。そして、ゴールドにも種類があるのですね。濃い、薄い…ではなく、それぞれに名前があるのかと思うと、区別するのが難しそうです。成長とともに毛色が変わることがあるのは、シーズーに限らずあることなので、毛色にこだわりのある方は、子犬ではなく、成犬をお迎えすることを検討されてみるのもいいかもしれません。成犬ですと、毛色だけでなく、体の大きさや、気質もわかりやすく、より自分に合った子を探せるかと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。