愛犬が教えてくれる大切な7つのこと

愛犬が教えてくれる大切な7つのこと

お気に入りに追加

犬が大切なことを教えてくれていることに、あなたは気付いていますか?家族の一員になった愛犬は「かわいい」だけの存在ではありません。私たち飼い主に大切なことを教えてくれる「人生の先生」でもあるのです。愛犬家なら絶対に頷いてしまう、愛犬が教えてくれる大切なこと7つをお伝えします。

98369view

犬が教えてくれる「大切なこと」

①家族を大切にすること

家族

犬はもともと群れで行動する動物です。だから犬にとって一番大切なものは「家族」です。
それはご飯をくれるからでもなく、お散歩に連れて行ってくれるからでもない。楽しいときも悲しいときも、全てを分かち合う存在だから。

大切な愛犬が虹の向こうへ旅立ってしまったとき、飼い主さんは深い深い悲しみを感じ、改めて愛犬が大切な家族であったことに気付きます。一緒に過ごせたことに感謝し、もっと遊んであげればよかったと後悔することもあるかもしれません。家族を大切にする素晴らしさを犬は教えてくれます。

人は一番身近な存在である家族をないがしろにしてしまうこともあります。
毎日一緒に過ごしている家族だから当たり前のことが増えて、感謝の気持ちを伝えることを疎かにしてしまいます。でも、時にはちょっと立ち止まって、「当たり前」のことを「有り難い」と思える心を取り戻したいですね。

②見返りを求めないこと

見返り

犬が飼い主に望んでいること、それは「ただそばにいてほしい」ということだけ。
お気に入りのおもちゃを持ってきてくれるのも、悲しいときに慰めてくれるのも、飼い主さんに対する純粋な愛情からです。

「お手」も「おすわり」も最初のうちだけは、しつけ方によっておやつ目当てにすることもあるでしょう。しかし、いつの間にか何もなくても言うことを聞いてくれるようになります。
同じように愛犬に対して見返りを求める飼い主さんはいないでしょう。ただただ、いつまでも元気でいてほしいと願うだけです。見返りを求めない愛情の素晴らしさを犬は教えてくれるのです。

人間同士だとついつい見返りを求めがちです。プレゼントしたときも、要求はしないにしても「ありがとう」という感謝の言葉を期待してしまいますよね。「相手を喜ばせる」この純粋な気持ちを忘れずにいたいものです。

③感情を惜しみなく表現すること

感情

「一緒に遊びたいの!」「帰ってきてくれて嬉しいよ!」「そばにいると安心するの。」「お留守番は寂しいな。」
犬は言葉を話せないけれど、飼い主さんは愛犬の伝えたいことが手に取るようにわかるはず。
それは言葉は通じなくても、表情や尻尾、鳴き声で犬は感情を目一杯表現してくれているから。自分の感情を相手に伝えることの大切さを愛犬は教えてくれています。

自分の気持ちを上手に表現できないという人もいるかもしれません。でも、あなたを大切に思う人にとって、あなたが自分の感情を隠すということは実は嬉しいことではありません。「嬉しい」「楽しい」「幸せ」といったプラスの感情はもちろん、時には「悲しい」「寂しい」という感情だって吐き出していいんです。

④最後まで信じること

信じる

たとえ捨てられても飼い主さんを待ち続ける犬がいます。保護しようとしてもその場を離れることなく、飼い主さんが迎えにきてくれるとひたすら信じて待ち続けます。
人間にひどい仕打ちを受けて人間不信になってしまった犬でも、新しい飼い主さんに出会い、大切にされることで再び信じる気持ちを取り戻してくれるものです。
こういう話は愛犬家にとって胸が痛むものですが、同時に犬の飼い主に対する信頼の大きさに胸が熱くなります。最後まで信じることの大切さを教えられているのです。

良好な人間関係は「信頼」があってこそ成立するもの。「疑い」はその人の心に影を落とし、また疑われている人にも伝わってしまうものです。「きっと大丈夫」そう信じることのできる強い人でありたいですね。

⑤人生(犬生)を楽しむこと

楽しむ

犬の世界は私たち人間の世界よりもずっと狭いものかもしれません。食べる、寝る、お散歩に行く、遊ぶ。これが彼らの日常なのですから。
でも、愛犬家は知っています。彼らが毎日をとても楽しそうに過ごしているということを。
昨日と同じ道でさえ、新しい何かを発見したときのように嬉しそうに歩きます。毎日会っているのに、飼い主さんの帰宅をものすごく喜んでくれます。
まるで「何か楽しいことが起こるのを待つのではなく、楽しもうとすることが大切なんだよ」と伝えているかのように。

私たちの人生に起こる全ての出来事は「楽しいこと」でも「つまらないこと」でもなく、ただの出来事でしかありません。それを楽しい、つまらないと決めているのはいつも私たちの心なんです。

⑥ひとりでは生きていけないこと

ひとり

犬は決してひとりで生きていくことはできません。野生の頃には群れを成し、助け合いながら生きてきました。
もしも飼い主さんがいなくなってしまったら、愛犬に残された道は残念ながら悲しいものになってしまいます。
また、飼い主さん自身がどんなに具合が悪くてもどんなに忙しくても、愛犬の世話を欠かすことはできません。彼らの命の重みを、そして彼らがひとりでは生きていけないことを知っているからです。

そして、それは人間も同じです。誰かに支えてもらいながら生きています。そして誰かを支えながら生きているのです。支えてくれている人への感謝を忘れて幸せになることはできません。

⑦自分は必要とされていること

必要

愛犬にとって飼い主ほど大きな存在はありません。犬は飼い主さんがいなければ、ご飯を食べることもお散歩に行くことも遊んでもらうこともできません。それを一番分かっているのは愛犬家の飼い主さんです。愛犬が自分を信頼し、必要としてくれていることを毎日実感しています。そして、それがとても幸せなことであるということも。

あなたを必要としている人は必ずいます。その人のためにできることをしてあげる。それによって、私たちは幸せな人生に欠かせない「自己重要感」を得ることができるのです。

まとめ

教わる

愛犬家にとって、犬は単なる動物としての犬ではなく紛れもない家族であり、宝物ですよね。そして家族の一員である愛犬が私たち人間に教えてくれることもまた、宝物です。
でもそれは「かわいい」というだけではなく、家族として迎え入れる責任を負わなければ決して手に入るものではありません。

家族として一緒に生きていくことで大変なこともたくさんあります。それでも私たちが愛犬と共に過ごすのは、愛犬が教えてくれることも愛犬そのものの存在も全てをひっくるめて「幸せなこと」だからですよね。人生を豊かにしてくれる愛犬に今日も感謝です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    私の家は 2匹犬を飼っています。
    2歳と4歳で 家にきて 今年で9年になります。
    もう おばあちゃんワンコですが
    とても元気です。
    お留守番をして 帰って来るのを待っていてくれます。疲れていても 癒されて元気になります。
    家族になれて 幸せだなと思ってくれていたら 嬉しいですね。これからも ずっと一緒に過ごしていきたいです。本当に 優しい いい子です。
  • 投稿者

    30代 女性 著名 女性

    我が家では4匹飼っています。
    14歳、2歳、1歳、のダックス
    10ヶ月のボーダーコリーです。
    皆んな、仲が良く毎日楽しく遊んでいます。世話は大変な事もありますが、家族が協力してくれてるのでそれも楽しいです。
    いつまでも元気で少しでも長く皆んなと時間を過ごしたいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    昨年2月に出会い、縁あって3月から家に3ヶ月の白柴ちゃんが家族となりました。
    初めてのワンちゃんで、いろいろ調べたり、散歩で出会う人達から教わりながら、一緒に暮らしてきました。
    最初はなんでも興味津々で、
    私自身躾らしきことも自己流で、
    朝晩1時間位の散歩後、
    平日は10時間位はお留守番をさせながら、
    我が家の状況に早くから慣れてくれました。
    元気にボールを持って、遊んでと誘いきたり、散歩もその日の気分で行くルートが違ってたり、毎日違う顔をみせてくれて、とても癒されます。

    まだ1年も経ちませんが、なくてはならない存在で、とても愛おしいです。
    病気をせずに、すくすく育てもらいたいと願っております。
  • 投稿者

    女性 匿名

    心にズンとくる様な良い記事でした。
    愛犬を創ってくれた神様に毎日感謝しています。
    今ある命にも感謝、これからも愛犬も飼い主も健やかに生きる事を願うばかりです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 川島美智代

    一歳七ヶ月のダックスがいます。毎日無駄ぼえで悩んでたのが、スッキリして優しい気持ちになりました。ありがとうございました。
  • 投稿者

    40代 女性 らん

    私も環境が変わり、新しい旦那のもとにダックス3姉妹連れて嫁ぎました。最初は良かったんですがしばらくすると泣き声や抜け毛や匂いのことで愚痴られルようになり終いには里親探せという始末。胃が痛む毎日でしたがはっきり言いました。わたしはあなたより愛犬が大事ですと。気に入らないならここを出ますと。まあ今は落ち着いていますが私はなにがあっても命の責任はとるつもりです。犬は一人では生きていけない。飼い主も選べない。必ず最期まで面倒みます
  • 投稿者

    女性 まめちゃんかあちゃん

    我が家には、もうすぐ5歳になる 豆柴(黒)の女の子が居ます。とても優しい子で、私が悲しい時 辛い時は必ず側に何時間も寄り添ってくれます。でも…私は自分の感情を優先させてまう事もしばしばあります。大切な まめちゃん ごめんね。本当に大好きなんだよ。
  • 投稿者

    女性 びすこあ

    Mダックス2匹飼っています
    毎日癒されています♡
    私の大切な家族です!
  • 投稿者

    40代 女性 さといも

    とても犬を大事にされてるブリーダーさんから、半日以上留守にする家には譲らない、と言われ、短時間勤務の仕事に変わり、愛犬を迎えてはや10年。
    一途に私を愛してくれて、ずっと赤ちゃんのような表情で愛らしい事といったらありせん。まさに、我が子以上と感じるくらいです。あと何年一緒にいられるのか‥最近はそれを考えると辛くて。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    初めてうちの子になったのはミックス犬でした。動物園の里親探しで私が一目惚れし15年、沢山の思い出があります。その子が天国へ旅立ち明後日で一年…昨年の今頃思い出すと涙がでます。二代目の白柴を迎え10ヶ月…この子とも沢山の思い出を作り、うちに来て良かったと思ってもらえたらいいなと思い毎日を過ごしています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 トミー

    14年近く一緒に暮らしてたミックスのわんちゃんとお別れしてから、もう飼わないと言ってた主人が=一年経ったある日お墓参りしてから急に、ペットショップ行くぞ!って、一目ぼれして買ったトイプードル
  • 投稿者

    30代 女性 もち

    もうすぐ1歳になる柴犬をアメリカで飼っています
    私が勇気を持ってアメリカに嫁いだ時期に産まれた柴犬ちゃんで、2ヵ月の時に旦那が買ってくれました。
    初めてのペットで初めはお互いストレスになった事もありましたが、今では家族3人仲良く暮らしています。ご近所さんに犬を飼ってる人が多いのもあって、とてもいい環境です。
    私はとっても幸せです。うちの柴犬も幸せだと感じていてほしいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    ペキニーズ 11歳の男の子がいます。私たちはもう本当に愛し合っています。10歳をこえたら、あと何年一緒にいられるんだろうと不安になります。いいえ、永遠に愛し合います。
  • 投稿者

    40代 女性 ひとみー

    我が家に 犬が来てから まず 私の体調が 良くなりました(*^^) 娘達も 凄い笑顔になってるし 大切な家族ですねっ!(*^^)
    遠出しても 気になって 気になって…(笑)
    自分が小さい時は ちゃんと世話してあげれてなくて 私の親が…m(__)m だけど 自分が親になった今 子供達が 出来ないときは 私も手伝う事出来るし…(*^^)
    ゴミ捨てる時には いつも ボディガード頼むねー!って お願いしてますが 先頭で スムーズに進んでくれて 誘導してくれてます!(笑) メスですが…(笑)
    健康で 長生きして 欲しいですねっ!(*^^) 
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    今年の5月に18歳で虹の橋に旅立った愛犬との日々を思い出して涙が止まりませんでした。甘えん坊でおっとりしているのに私が辛い時、悲しい時は察知してずっと側にいてくれていつもなぐさめてくれたなあ。私の人生で一番の幸せはこの子と出逢えた事だなと思います。
  • 投稿者

    40代 男性 けん

    確かに人間は人間同士であれば見返りを求めてしまいますよね。
    そういったことがない、もしくは少ない動物には教えられることばかりです。
    ですので、見返りをはじめから求める人は、動物を飼わない方がいいと思います。
    いつか捨てたり殺したりすることになるでしょうから。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    最近結婚しました。私が好いて慕っている義母の事を顔合わせでしか会ったことがない母親が勝手な決めつけや思い込みで悪口を言い出しました。説得しても説明しても聞く耳持たず、この先の不安とどうにか出来ないかという悩みとで、そのイライラを旦那にぶつけてしまい、自己嫌悪。ストレスで吐きそうになる程、思い悩んでしまいました。毎日朝昼晩と愛犬2匹と遊んであげるのに、今日は夜まで遊んであげる気にもなれず、、でしたが、2匹の訴えを感じ取った気がして気を取り直して遊んでみたら、いつも以上に甘えながらじゃれ付いてくれて、自分の愚かさに気づきました。気が付いたら笑顔になっている自分が居て、悩んでいた事もアホらしく思えて、自分の都合でいっぱいいっぱいになって、わんこの相手も疎かにして、愛する旦那にも当たったりして、本当に情けないです。
    大切な家族を傷つけてまで悩むことはないんですよね。悩んだからといって、傷つけて良い理由なんてないんですよね。
    そんな大切な事を教えてくれるのも愛犬たちです。何があってもこの子達のことを守りたいと改めて思いました。
    出会えたことに本当に感謝です。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちの子と出会って6年。おんなの子で10歳!? 主人の連れ子です。初めて会った日に膝に乗ってくれて、デートの時もリードを持たせてくれました。
    主人曰く、「俺よりお前の方が言う事聞くし、俺よりお前の方が、おかえりなさいの喜び方が凄い。」とのこと。夜勤で夜いないと夕食食べない&なかなか寝ず、寝室ではなく玄関近くで寝ているらしいです。
    私には子供がいませんが、娘です。
    帰宅して小さい身体なのに、全身で「お帰り」している姿をみると、疲れがとびます。一緒にいる年数ではなく、愛情のかけ方なんだなあ、って教えてもらってます。10歳、シニア犬ですが、おてんばでハラハラする時がありますが、長生きして欲しいです。
    (ここだけの話、孫よりかわいいかも)
  • 投稿者

    40代 女性 マコまま

    我が家の愛犬は11歳のビーグルの女の子です。愛犬はなくてはならない存在ですよね。癒しや元気、安らぎ、幸せなどをくれます。皆さんもそうですよね。私の人生が豊かで幸わせなのは愛犬がいるからです。愛犬に感謝していきます。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    動物病院に勤めだしてから、たくさんのお別れを見て来ました。
    私の愛犬も今年で10歳。
    あと何年一緒に居られるのか、亡くなったあとの事を考えると毎回悲しくなります。
    ですが、後悔のないように愛犬との思い出や自分が出来ることをしていこうと思います
  • 投稿者

    50代以上 男性 太郎の父

    秋田犬を育てて早3年になります、1歳迄はやんちゃ坊主でしたが、1歳を過ぎると、しっかり番犬と1番末っ子ですね、妻が仕事から帰って来るまで玄関先で待つし、家族が入浴中は風呂の入口で待つてくれます、家族以上に感受性が強く家族を見守る姿が凄く健気で本当に有難いし、思いやりを垣間見える事が素晴しいですね!
    太郎の父の投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 海翔ママ

    今の愛犬は3才のプードルの男の子です。今まで4犬見送りました
    もう、飼わないつもりでしたが
    久しぶりに覗いた、ペットショップで、目があってしまい即買いしました。いたずらっ子さんですが
    可愛いです。いろいろな事で
    ストレスがありますが、この子の寝てる顔を見てると、忘れます。
    海翔ママの投稿画像
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    うちの子は1歳のポメラニアン♂です。
    わたしが離婚した時、寂しさに耐えきれず衝動買いした子です。
    やんちゃ盛り!吠えるわ噛むわなんでも食べるわ、、、体力おばけで大変な毎日ですが、ふとした時に寄り添ってくれるときは愛しさを感じます。
    日々忙しく留守がちですが、帰宅した際の喜ぶ笑顔はすごくキラキラしていますよね(*^^*)
    彼がいない頃より自由が減り大変なこともありますが、
    終生一緒に生きていけるように!わたしも頑張らないと!
    奮い立たせられます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    3年前に母犬を去年の秋に娘のワンコを亡くしました。辛い気持ちがいつまでも癒える事はないけれど感謝の気持ちでいっぱいです。胸に突き刺さる記事でした…。
  • 投稿者

    50代以上 女性 りんりん

    いつも楽しみにこの記事を拝見しております。私の家には2匹の柴犬がいましたが一匹のホタルは去年5月に癌の為虹の橋を渡って行きました。辛くて、悲しくて力が入らず脱け殻の毎日を過ごしておりましたが、もう一匹の柴犬おでん君に励まされ支えらて辛いながらも何とか立ち直る事が出来ました。ワンコは人間の気持ちを理解でき人の気持ちに寄り添います。口で言葉を喋る事は出来ませんが、喋るとしたら何と言うのだろうな?とか色々考えます。
    犬は本当に見返りや損、得などを考えずただ純粋に人間に寄り添います。これからも楽しく生きていこうね、、
  • 投稿者

    40代 女性 あやめの母

    この記事を読んで 改めて 愛犬の大切さ
    責任の重さがずしんと心に響きました。

    私はアメリカンコッカースパニエル7ヶ月の母です‼

    前の愛犬を亡くして、辛くて立ち直れなくて
    でも また相棒が欲しいなと考えていました。

    前のコッカーとは違うけど、コッカーの魅力を
    知って またコッカーがいいと携帯で探していました。

    どの子も可愛いから迷っている時に我が子の写真と目があって・・・

    年齢を見たら、前の愛犬の命日の2日前に産まれていて、この子しか居ないと家族に迎えました‼

    あやめの花が好きで花言葉にちなんで

    貴方はわが家の希望です!
    お互い信頼しあって友達の様に楽しく暮らしましょう‼
    信じて下さい‼私は貴方の幸せを約束します!
    わんぱくでも賢く優しい子に育ちますように

    とゆう意味であやめって名付けました!

    これからまだまだ色々大変だと思います

    でも 大変だと思ったら

    「はじめまして 今日から宜しく」

    と初めて抱き締めた時を思い 無理をせず

    仲良く暮らしたいです
    あやめの母の投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。