信じられない⁉『人間アレルギー』によりボロボロになってしまった保護犬

信じられない⁉『人間アレルギー』によりボロボロになってしまった保護犬

お気に入りに追加

人間にも様々なアレルギーがあるように、犬達のも少し変わったアレルギーがあります。今回紹介する保護犬は、『人間アレルギー』によるアレルギー症状で苦しんでいます。今回は、人間アレルギーと戦う保護犬・アダムを紹介します。

15829view

皮膚がボロボロになってしまった保護された犬

アメリカ・インディアナポリスで活動している、動物保護団体「ラッキードッグリトリートレスキュー」で保護されたアダムと名付けられた犬は、顔を始めとする至る箇所の毛が抜けおちていて、アダム自ら自分に噛みついて傷つけてしまっている状態でした。

スタッフ達は、アダムのかわいそうな姿を見て、アダムの助けになりたいと、週に2回入浴させたり、可能な限り良いご飯をあげたりして、アダムの健康管理に気を配りましたが、一向にアダムの皮膚の状態がよくなる事はありませんでした。

そんなアダムを見て困惑したスタッフは、ついにアダムの血液検査ををする事にしました。
その結果驚いた事に、アダムは『人間アレルギー』だったのです。

しかし、アダムのお世話をしていたスタッフ達は、この結果を信じる事が出来ませんでした。ですが、アダムは人間に接している間、絶えず体が痒くなってしまうような状態です。
この結果に驚きを隠せませんでしたが、人間にも犬アレルギーがあるように、犬にも人間アレルギーがあってもおかしくありません。
人間にかまってもらう事が大好きなアダムにとってこのアレルギーは、とても可愛そうな事です。

スタッフはアダムのこの少し変わったアレルギーの免疫治療を行える動物病院を探し、アレルギーの注射治療をする事にしました。
保護された犬達は、当然人間と接しなければいけません。

『この治療でアレルギーが少しでも軽減してくれるといいのだけど…』

スタッフ達はこのアレルギー治療に望みがある事を信じて、アダムのアレルギー治療を頑張っています。
保護された当初のアダムの姿を見ると、衰弱しきった状態で可愛そうな姿ですが、今では素敵な笑顔を見せてくれる程、元気です。
このまま順調にアレルギーを克服して、アダムに素敵な家族が出来るといいですね。

犬のアレルゲンは、食物だけじゃなかった⁉

犬のアレルギーで思い浮かぶのは、食べ物によるアレルギーやノミやダニ、ハウスダストによるアレルギーですよね。
ですが、犬達のアレルギーの種類は本当にこれだけなのでしょうか?

今回のアダム君の「人間アレルギー」の様に、あまり知られていないアレルゲンがあるかもしれません。
犬も私達と同じように、心臓などの内臓があり、そして皮膚があります。
人間と体の仕組みは対して変わりません。

私達人間も食べ物以外に、ゴムアレルギーや金属アレルギー等があります。
わんこさん達も人間と同じように、金属アレルギーや革製品によるアレルギーがあるそうです。
ステンレスのお皿でご飯を食べていたらアレルギー症状を起こし、病院に連れて行き食べ物によるアレルギーを疑い血液検査をしたところ、金属によるアレルギーだったという事もあります。

人間もアレルギーになると蕁麻疹が出てしまったり、呼吸困難等を起こしてしまい辛い思いをします。
犬もアレルギーになると発疹や嘔吐等で辛い思いをしてしまいます。

もしアレルギーの症状が出てしまった場合は、何が原因なのかを明確にする為にも血液検査をお勧めします。

我が家では、愛犬が牛肉アレルギーで飼い主が甲殻類アレルギーです。
2人してアレルギー持ちなので「変な所飼い主に似たね。」なんて言っていますが、愛犬がアレルギーになったと知った時は、「犬にアレルギーがあるの?」と信じられない気持ちでいっぱいでした。
ですが、愛犬も人間と体の仕組みが似ているので、よく考えたらアレルギーの症状が出ても不思議ではないんですよね。
皆さんも愛犬のアレルギーには、気を付けて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。