あなたの愛犬も天才犬かも!?簡単にできる犬の知能テスト

23200view

あなたの愛犬も天才犬かも!?簡単にできる犬の知能テスト

犬は私たちが共に生活しているペットの中でも特に知能が高いと言われています。しかし、そんな犬の中でも知能が高い犬や愛すべきおバカ犬など、犬によっても様々です。そこで今回は家でも簡単にできるわんちゃんの知能テストをご紹介します!

犬の知能はどれくらい?

ペットの中でも人気の1位2位を争う存在となっている犬は賢い動物としても知られています。そのため、世界には犬の賢さを競うコンテストも多く開催されている程です。

しかし、具体的にどの程度の知能を持っているかと聞かれると、首をかしげてしまう人も多いのではないでしょうか。もちろん犬によって個体差はありますので、必ずその枠に収まるとは限りません。
しかし、実は既に「犬はどのくらいの知能を持っているか」ということがわかっているのです。

人間の2~3歳児と同様の知能

子どもと犬

やはり動物と人間を比べてしまうとやや低い数字となってしまいますが、犬の場合は人間の2~3歳児と同じくらいの知能を持っていることがわかっているのです。この基準は犬の中でも賢い犬種が相当すると言われています。
皆さんもお家でわんちゃんを飼っているならば、「確かにそれくらいの知能はあるかも…」と納得してしまいませんか?
例えば筆者の場合、高いところにあるおもちゃを必死で取ろうと様々な方法を試している愛犬の姿を見ると、「ちゃんと頭でいろんな事を考えているんだな」と感心することがあります。

しかし賢い犬種が2~3歳児に相当すると言われていたとしても、世界中の動物と比べるても犬は第6位の知能を持っているのです。十分どの犬種も賢いということがわかります。

では、なぜ犬が賢いと言われているのでしょうか。
実は犬が賢いと言われている判断基準は、以下のような能力を持っているからなのです。

  • 自分の力で問題を解決しようとする力
  • 人や他の犬の行動を学習する能力
  • 表情や声で人間の感情を読み取ることができる
  • 連想記憶能力を持っている

最後の「連想記憶」というのはどのようなものかと言いますと、人物や場所、物、出来事などを記憶し、関連づけることによって長期間記憶しておくことが可能な記憶力のことです。これにより、例えば散歩中によく会う人やどこにどのような物があるかなどを長く記憶することができるのです。

賢い犬ランキング

そして最近の犬種にまつわる研究結果では、犬の中でもどの犬種が賢い傾向にあるかという調査が報告されており、「賢い犬ランキング」が発表されています。
それによると

第1位 ボーダーコリー

ボーダーコリー

第2位 プードル

プードル

第3位 ジャーマンシェパード

シェパード

という結果が出ています。
その他にも上位にはゴールデンレトリーバーやドーベルマンなどが入っています。
このランキングを見ると、たしかに世界中で狩猟や警察犬などで活躍している犬たちが上位に入ってきているのがわかります。

しかし何度も言いますが、犬にはそれぞれ性格がありますのでランキングに入っていない犬種でもとても賢いわんちゃんはたくさんいます。
では、ここまでくると「私の愛犬は賢いのかな?」と少し気になってきますよね!
実は家でも簡単に試すことができる知能テストがあるのです!

簡単にできる知能テスト

お手

最後に知能テストについてご紹介します。今回ご紹介する犬の知能テストでは「問題解決力」「処理能力」「長期記憶」「短期記憶」「言葉を理解する力」の5つの能力を試すことができます。
この知能テストは「Dog IQ Test」と呼ばれており、アメリカのスタンレー・コレン博士によって考案されたものです。

まずテストを始める前には、以下の物を用意する必要があります。

  • 空の缶詰
  • ストップウォッチ
  • タオル(大きい物と小さい物を1枚ずつ)
  • 穴が開いた段ボール
  • 低い台(鼻や前足が届く高さの物)
  • おやつ

実際のテストは全部で8問あり、その総得点で賢いわんちゃんに当てはまるかどうかがわかります。
今回は簡単にご説明いたしますので、もっと詳しく知りたいという方は、ぜひ「Dog IQ Test」で調べてみてくださいね!

8つの知能テスト

問題解決能力テスト

  • ①空の缶詰の下におやつを入れ、15秒以内に取り出せるかをストップウォッチを使って確認する
  • ②大きめのタオルを犬の身体全体に掛け、30秒以内にそこから脱出できるかどうかを確認する
  • ③小さなタオルの下におやつを置き、30秒以内に自力で取ることができるかを確認する

これら全てをクリアした場合、問題解決能力に優れているわんちゃんであることがわかります。

短期記憶テスト

  • ④愛犬の見ている前でおやつを部屋の隅に置き、愛犬の前に自分が戻ってきたら「よし!」とOKサインを出す

このテストでは真っ直ぐとおやつまでたどり着けたり、匂いを探りながらも順調にたどり着けるかを確認します。

長期記憶テスト

  • ⑤愛犬の見ている前で④のテストとは違う場所におやつを置き、5分ほど愛犬と違う部屋や離れた場所で遊んだ後、元の場所に連れて行きOKサインを出す

このテストでは真っ直ぐ正しいおやつの場所に向かったり、先ほどの短期記憶のテストの時の場所へ行った後にたどり着けた場合は合格となります。

処理能力テスト

  • ⑥低い台の下におやつを置き、3分以内に取り出すことができるかどうかを確認する
  • ⑦自分と愛犬の間に穴の開いた段ボールを置き、おやつを見せることで障害物を回避して30秒以内におやつを取りに来ることができるかどうか確認する

言葉を理解する能力テスト

これは飼い主が言う言葉と順番が重要となりますので、間違えないようにしましょう。

  • ⑧まず「冷蔵庫」と呼びかけます。次に「映画」と声をかけます。その後も間隔を空けて「○○、おいで」、(もう一度)「○○、おいで」と声をかけます。つまり数秒の間隔を空けながら、上記のように4回声をかけることになります。

このテストでは「○○、おいで」の言葉に反応し、ちゃんと飼い主の元に来るかどうかを確かめます。したがって、最後の2回で来ることができれば合格となります。

以上の8つのテストを見事クリアできると、知能の高いわんちゃんとなります。
皆さんのわんちゃんはどうでしたか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介したテストはあくまで知能を確かめる一例に過ぎません。
もしできなかった場合も安心してください。人間と同じように、わんちゃんにも1匹ずつ性格が違います。性格がおっとりしているわんちゃんならば行動し始めるのものんびりしていますから、少々誤差が出るかもしれません。

ぜひ1つのお楽しみテストとして、愛犬と一緒にチャレンジしてみてくださいね!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。