不用犬と言われた"ソルト"くん ~私が犬達から学んだこと~

不用犬と言われた"ソルト"くん ~私が犬達から学んだこと~

正直に言います。「犬は可愛いから飼うんでしょ?それ以上でもそれ以下でもない」それが以前の私の気持ちでした。でも、その気持ちを180度覆す出会いがありました。それが、トイプードルのソルトくんとの出会いです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

「不用犬って何?」

地元の情報誌の「譲ります。」一覧にあった犬の里親募集を偶然見て気になり、募集主さんに連絡して後日会うことになりました。
元々、我が家には先住犬がいたので、「初めの2頭飼い!」とはしゃぎ、その日までワクワクしながら迎える準備をしてました。

そして、募集主さんとの会う約束の日。
募集主さんとその横にキャリーに入ったソルトくんがいました。
ソルトくんについて募集主さんの話を聞いていくうちに、
「子犬を産ませ、その子犬を売る。犬の繁殖業。」
そんなブリーダーがいるんだと、その時初めて知りました。
続けて募集主さんは、 「この子の名前は、ソルトです。売れ残りの子で繁殖にも向かない。うちでは不用だから保健所に連れて行く予定でした。」と…。

その当時の私は、繁殖業の実態や売れ残りの子がどんな道を辿るのか知らなかったので、大変ショックを受けました。
ソルトは私達家族に出会う前は、「必要のない犬、不用犬」としてブリーダーの所で過ごしていたのでした。

出会った頃のソルトくん。

「もう、不用犬なんて言わせない!」ソルトくんと私達の挑戦

我が家の一員になって2週間。色々な問題点が見えてきました。
先住犬とは、仲良く出来るものの、トイレ、吠え、人見知り、人を怖がってしまってお漏らし、少しの音でも常に怯え吠えてしまう…。

『どこでも、おしっことウンチ』
これは、家族みんな戸惑いました。

しつけ本には、「叱ってはいけない。」と書いてあり、頭では分かっていもついつい叱ってしまう。
もう本当にどうしていいかわからず、しばらくは途方にくれていました。

そんなある時、偶然立ち寄ったお店の店員さんにソルトのことを話をしたら、
「飼い主さんが色んな事に焦り過ぎなんです。それでは、伝わるものも伝わらない。」と、はっきり言われ、普通なら落ち込むところが私の負けず嫌いな気持ちが沸々と湧いてきて、本気になって躾や犬の感情についての勉強を始めました。(それは今でも続けています!)

その時の店員さんは今でもお世話になっています。
「ダメな事はダメ!」と、ハッキリ言ってくれるので。(笑)

勉強や店員さんのアドバイスのおかげで、色々と悩んでいたことも段々と改善され、犬達との生活が以前よりも楽しくなりました。
また意外なことに、あまり犬に興味がなかった父も率先して犬が出ている番組やネット等で調べて「こうした方がいいじゃないか?」と、意見を言ってくれるようになりました。

「不用犬」と、言われ家族の一員になり、まだ、完璧ではないですが家族以外の人に抱っこされても、お漏らしをしなくなり吠えも治まりました。
トイレは外派ですが・・・(出来ればトイレトレーに出来ればいいのですが)
人間も犬も「安心」して生活ができ、何より向き合うことの大切さを家族みんなで学びました。
しつけは犬に教えることばかりじゃなく、飼い主も学ぶことが多いのだと本当に思います。

犬達の幸せを考えるようになった今

先住犬が15歳で亡くなった時には、しばらくは落ち込んでいました。
ソルトに出会う前までは、本当に何も分からずに犬に接していたから、先住犬には本当に申し訳ない気持ちと、それでも「あの子は幸せだったかな?」って・・。

落ち込んではいましたが、ソルトとの生活は当たり前のように続きます。
毎日ソルトの顔を見ているうちに、私の中に『後悔をかかえているより、今、目の前にいるソルトに「幸せ」と「愛情」を与えたい』という気持ちが湧いてきました。

そんな中、ひょんなことからリンちゃんを迎えることに。

生後3ヶ月のリンちゃん。

我が家では、初めの女の子。
男の子とどう違うのか想像がつかなくて、しばらくはソワソワしてました。
ある程度は犬の事を勉強をしていても、やっぱり生き物だから正解があるわけでもなく、毎日が大変でした。
だけど、一番大変だったのはソルトだと思います。
初めて見る子犬に、アタフタしつつも、時には叱り、時には一緒に寝たり。
男の子なのに、「母性があるの?」って思いました。(笑)
ソルトなりに精一杯の愛情を注いでいるだと感じました。

愛犬達がお互いに家族としてフォローしてくれるようになり、私にも犬の飼育に対する考えに余裕が生まれ・・・あれよ、あれよと、今じゃ7頭に!

以前、よそ様の家の中型犬がうちのM・シュナのサラを追いかけ回していて、サラが鳴いた時に、普段はおとなしいソルトが臆することなくその中型犬に吠えてかかり、脚を噛んで追い払いました。
私も一瞬のことだったので、ビックリしました。
中型犬の飼い主さんもその場で謝罪をしてくれて、話し合いだけで済みました。

サラちゃん。

仲間を守ることの大切さなど教えてたわけではありません。
それが犬の本能の中にある仲間意識だと知りました。

現在のソルトくん。

過去に辛い経験をしてきたソルト、でも過去は過去。
時には心を鬼にして躾をしたこともありましたが、これからの犬生は6頭の弟や妹達と共に幸せに暮らしてもらえたらって思っています。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 そらちゃんの新米パパ

    何時も楽しくこの記事を毎回読ませて貰ってます。
    本当に感動する行動と本能なのですかね。
    涙が止まりませんでした。
    私も生後2ヶ月のティーカッププードルの女の子を迎え入れてました。
    今の所は手が掛かりません。
    ですが、此れからも真剣にこの子と向き合って行こうと思ってます。
    忠犬ハチ公と言われる位犬は飼い主に愛情を返すと思ってます。
    勇気付けられるお話しでした。
    励みになります。
  • 投稿者

    女性 匿名

    命に必要・不必要なんてあるのか?
    もしもあるとするならば、犬に対して残酷な扱いをしている全ての人間の方が要らない❗そう、強く思います。人としてオカシイもん。全うな人じゃない。
  • 投稿者

    女性 匿名

    私も、トイプードル飼ってます。とても可愛く、本当になんの罪もないのに、人間の勝手で〜〜心が痛む事が多くて残念です。でも、いい家族に出会えたら、幸せですよね
  • 投稿者

    40代 男性 あすか

    どんな状況で育っても犬同士はしっかり上下関係を作り上の物は下の物を守る
    誰が教えたわけではないけど生まれた時から本能でわかってます
    それに比べて人間て平気で弱いものに対して残酷なことができますね
    お金と場所があればありとあらゆる子を引き取りたいです
    ソルトくん本当に良かったと思います
    その反面別のソルトくんみたいな子はほけんじよに行ってしまったのかなと思うと悔しさがこみ上げてきます
    早くペットは物ではなく生き物として扱われるようになって欲しいです
  • 投稿者

    女性 匿名

    私はこの歳になって、初めて犬を飼い始めました。前の飼い主さんが病気で入院しなくてはならなくなり、もう家で飼えなくなったから誰か飼ってくれる人を探しておられ、誰もいなければ、保健所にと考えておられたようです。8歳の柴犬オスですが、とってもお行儀もよく、我が家に来て半年経ちます。
    犬を飼ったことがなく、不安な私でしたが、だいぶ慣れてきて犬の本や、ブログを見たりするようになるなかで色々な状況の犬たちがいることも知りました。
    前の飼い主さんの家ではどんな生活をしてきたのかなあと思いながら、主人と子供たちと一緒に、犬が我が家に来て良かったと思ってもらえるように大事にしようと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 6歳のわんちゃんの母

    ソルトちゃんが幸せに過ごせてる様子がよくわかり、嬉しい気持ちになりました!
  • 投稿者

    女性 みきこ

    我が家にも今年の6月に保護施設から雑種のわんこがやって来ました。
    2カ月ごろに山に捨てられてさまよっていたようです。
    人を全く信用していないらしく、近づくだけでおしっことうんちをお漏らししてしまい、驚くとお尻から臭い汁を噴射、本当にどうしてあげたらいいのか悩んでいます。
    半年経った今でも家の中を逃げ回り、簡単に触れることすらできません。
    しかし今日この記事を読み私も気長に頑張ってみようと思えるようになりました。
    捨てられた命をきっと幸せにしてあげようと思える様になりました。
    ありがとうございます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。